2018年02月02日

改憲はこうあるべき

今国会の争点として、改憲問題があります。

とくに、第九条の改憲に関して、安倍総理、自民党、公
明党とその他の野党とに意見が分かれているように思え
ます。



日本国憲第九条を、掲げておきます。

日本国憲法 第9条 第1項
「日本国民は正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希
求し、国権の発動たる戦争と武力による威嚇または武力の
行使は、国際紛争を解決する手段としては永久にこれを放
棄する」

同 第2項
「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力はこれ
を保持しない。国の交戦権はこれを認めない」



この条文に、第三項として自衛隊の存在を明記するのが安
倍総理の案でして、一言一句変えるなというのが大半の野
党ですね。

子竜はいっそ、第九条そのものを削除すればいいのではな
いかと考えます。

なぜなら、戦争をしないというのは当然のことであります
し、必要最低限の防衛力の保持もまた当然だからです。

文章にするから、解釈を変更されたり拡大解釈されておか
しな方向へ行く可能性がありますが、あえて明文化しない
ことで、常識的な判断による政策が施されます。



外国の例を見ましても、わざわざ国防に関する日本国憲法
のような記述がありません。

でも、大半の国には軍隊がありますし、戦争をしないで平
和を保っております。

明文化するから、自衛のための軍隊保持ならいいとなるの
であって、自衛とはどの範囲なのかと論議が必要になるわ
けです。



万一、日本が他国から侵略戦争を仕掛けられたとき、今の
憲法があろうとなかろうと、関係なく戦うでしょう。

ときには、一般市民ですらも志願をして、戦うかもしれま
せん。

日本の平和が今のところ守られているのは、第九条がある
からではなくて、世界の他国が常識の範囲内で動いている
からです。

改憲するなら、第九条の全面削除しかないでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:憲法改正
posted by 子竜 螢 at 23:58| Comment(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。