2018年03月17日

森友問題の解決

森友学園問題が俎上に上ってから、一年以上が経過しており
ますが、解決に向かっているとはいえず、国会空転の原因と
なっております。

政治家は学園に忖度し、官僚が政治家に忖度した結果だとい
う単純な話ではなさそうですね。



とりあえず野党側は、いくらで売却するのが適正だったのか、
それを示さないことには、政府関係者の忖度が重大なものな
のかどうかがわからないと思います。

たとえば、実際の売却価格が適正だった場合、政治家による
政府関係者の忖度はあろうとなかろうと関係なくなります。

逆に、価格が適正でない場合、誰が差額を負担すべきなのか、
が問題であって、官僚や閣僚を辞任させるのが目的であって
はおかしいのです。



こういう問題はずっと以前から何度も発生しておりました。

文書の書き換えや保存の問題等、今の官僚組織の状態では、
改善されるわけがありません。出世したい人が特定の政治家
に媚びる結果、引き起こされる問題だからです。

しかし、国民にとって、そんなことは関係なくて、国家に与
えた損害を誰が弁償するのかってことです。



政治家ぐるみ官僚ぐるみでやった結果、大きな損失が生じた
案件は過去にいくらでもありました。

年金によって各地に建設した保養所など、赤字続きで最後に
はタダ同然で転売ですからね。

弁償しなくてはならない法律があったなら、多分、忖度とい
う名の便宜斡旋はしなくなると思いますよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:森友学園
posted by 子竜 螢 at 23:17| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。