2018年03月27日

空から恐怖の大魔王

中国の宇宙ステーション「天宮1号」がとてもヤバイこと
になっているようですね。

2016年に制御できなくなってから徐々に高度が下がり、
地上への墜落が確実となりました。

墜落すると予想されているのは、3月31日から4月4日の
間で、札幌市以南の日本全域が含まれています。



宇宙ステーションは通常、地球と月との引力が釣り合っ
ているラグランジュポイントという空間にいるのですが、
太陽や他の惑星の影響もわずかながら受けるため、常に
微調整が必要でした。

しかし、その微調整ができなくなって、地球の引力の影
響を強く受けるようになってしまったために墜落は時間
の問題となっていたのです。



北緯43度から南緯43度の間が天宮1号の軌道なのですが、
その多くが海とはいえ、陸地の都市部に落ちないとは限
りません。

専門家は、その確率を雷に打たれるよりも低いと言いま
ますが、どうなのでしょうね。

一日前にはほぼ正確な場所が特定できるそうなのですが、
日本でないことを願っております。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:02| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。