2018年03月30日

年度末プレ金

今年度最後の平日ですが、プレミアムフライデーと重なり
ましたね。

3時に退社なんて、とてもではないが考えられない状況で
しょう。プレ金をまだ続けるのですかね。



実際にプレ金が実施されている会社の社員に聞いてみま
すと、3時退社するには、他の日に残業しなければ不可
能だといいます。

つまり、仕事量も減らしてもらえるわけではないし、人
員が増えるわけでもないので、結局のところ、意味のな
い制度だといいます。



ただ、経済効果はいくらかあるようでして、賛成してい
る人は少なくありません。

とはいえ、公務員と大企業だけの特権みたいな制度です
ので、この先、もっと普及するかどうかは不透明です。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 19:28| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。