2018年05月29日

高齢者の運転

個人差があることなので、なんとも言えないところはあるのです
が、高齢者が車を運転することへの社会不安が年々高まってい
るのは事実でしょう。

70歳以上にはあらためての運転実技講習を課し、75歳以上に
は認知症のテストが課されていてもです。



先日にも、90歳の女性が運転する車が4人を死傷させるという
いたましい事故がありました。

その事故から思うに、運転免許にも定年制が必要ではないか、
というものです。

いや、最低でも、自動ブレーキを装備している車の運転を義務
にするとか、何かの対策が必要でしょうね。



もっとも、山間部などの僻地に暮らす老人にとって、車がなくて
は生きていけません。

そういうひとたちへの配慮も大切ですし、難しい問題ではありま
すが、クリヤーできないことではないでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:46| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。