2018年06月13日

成人は18歳に

改正民法が国会で可決されまして、2022年の4月1日から、成人
年齢が18歳に引き下げられます。

ただし、飲酒と喫煙は20歳のままだそうで、それ以外にも様々な
矛盾点が指摘されております。



選挙権を18歳に引き下げたのがきっかけだったのですが、成人
というのは、保護者の同意がなくても契約できる年齢のことです。

公営ギャンブルも20歳からのままなのですが、飲酒や禁煙ととも
に、自己責任が生じるからこその成人なのではないですかね。

その一方で、民営ギャンブルのパチンコは18歳でOK。成人映画
も18歳以上ですから、職場の飲み会に参加するほうが罪になる
なんておかしな話でしょう。



18歳に引き下げた狙いはただひとつ。少しでも年金保険料を納め
させようというのです。

それならば、もっと子供のうちから任意で加入できるようにしたほ
うが、障害を負ったときのためにもいいはずなのです。

そもそも、18歳の成人になった人に、何のメリットがあるというので
しょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 17:31| Comment(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。