2018年06月29日

パス回しを批判するのはおかしい

ワールドカップの日本対ポーランドの試合で、試合終了間際のパス
回しが批判を受けているようですね。

一点負けていても決勝トーナメントへ進出できる状況になったから
採用された戦術なのですが、批判する人は大事なことを見落として
いるのだと思います。



セネガルと日本のどちらが決勝へと進むのか。

勝ち点も得失点もおなじで、直接対決の結果も引き分けだったので、
警告数の数で下回る日本が進出を決めました。

先日の記事でもお伝えしましたが、ファウルの数が飛びぬけて多い
韓国とは対照的に、日本は参加国中でもっとも少ないのです。

これまでワールドカップで戦った19試合の中で、一人の退場者も出
ておりません。これは日本だけのことです。



かつて、高校野球で連続敬遠したことが批判されたのはあくまでも
教育の一環としてのスポーツだったからでして、ワールドカップとは
国を代表した勝負の世界です。

出場選手のほとんどはプロ選手なのですから、上位進出を狙うの
は当然なのです。



パス回しは汚い戦術ではありません。

なぜなら、フェアプレイをずっと貫いてきたからこその結果なのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:10| Comment(3) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
選手たちやサポーターたちにとっては不完全燃焼でしょうが、戦略という結果に対して人がついていけない証拠でしょう。
もっとも、接戦によるシュートなどをご所望でしょうが、守ることが地味すぎるという見方を変えなければいけないでしょう。
Posted by G.FUJINUMA at 2018年06月30日 00:19
お久しぶりです。

決勝トーナメントの進出には、ああせざるを得なかったのでしょう。
フェアプレー賞故に進出なんて、日本も大したものだと思います。
しかし目が悪くなり、今ボールがどこにあるのか分からなくなるのにはわ参りました。

スレチになりますが、ハイスクールの方の書き込みが少ないのは寂しいですよね。
Posted by おちゃめ at 2018年06月30日 02:13
G.FUJINUMAさん、おちゃめさん、ありがとうございます。
日本のパス回しに、勝っているポーランドのほうもボールを取りにきませんでした。なぜ日本だけが批判されるのかわかりませんね。
それに、最初から引き分け狙いだとか、決勝トーナメントでブラジルと当たるのが嫌だからメインの選手を出場させなかったイングランドとベルギーも批判されなくてはならないでしょう。
Posted by 子竜 螢 at 2018年07月01日 00:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。