2018年07月05日

西野監督の人気満了

ロシアのワールドカップでは、日本代表チームが思いの外活躍
いたしましね。

ハリルホジッチ氏から急遽監督を引き継いだ西野朗氏の手腕
は、本物だったようです。



しかし、帰国と同時に、なぜか任期満了だとか。

日本サッカー協会でも、とくに慰留するつもりはないそうで、何
やらスッキリしない展開ですね。

ハリルホジッチ氏の突然の解任劇から続いているモヤモヤした
ものは、一度国民に説明する義務があるでしょう。



それに、次の監督はまだ候補の段階でもなさそうでして、日本の
活躍を見た世界の指導者たちが名乗りを上げてくれるとでも考え
ているのでしょうか。

だとするなら、やや甘い考え方ですね。

日本人の体格と運動能力は、欧米ほど大きくはないし、南米ほど
俊敏でもありません。

そこのところをちゃんと理解してくれる監督を探してほしいもの。

4年後もまた楽しませてほしいのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 23:17| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。