2018年07月16日

ストローの処分問題

ずっと昔に、割り箸の使い捨てが問題となりました。マイ箸を持ち
歩く人までいましたが、今度はプラスチックストローが槍玉に挙げ
られております。

ストローも使い捨てされるものの代表株ですよね。プラスチックの
ゴミとして、処分の仕方が問題となりつつあります。



スターバックスがストローを廃止すると言い出したのは、中国がそ
の手のゴミの受け入れを遠からずやめると宣言したことにあります。

しかし、よく考えてみますと、身体に障害のある人は別として、飲み
物にストローは必要不可欠なのでしょうか。

夏ですからアイスコーヒーをよく注文するのですが、ストローを使わ
ずに飲んだほうが飲み応えを感じませんか。

まあ、ミルクを混ぜるには便利ではありますが、長めのスプーンを
つけていただければ、ストローなど不用です。

ビールをストローで飲みたいとは思わないのは、やはり飲み応えが
損なわれるからでしょう。



日本では、昔は麦のストローを使っておりました。最近では紙製の
ストローもお目見えしております。

プラスチック製のストローは、そのうちに禁止されて姿を消してしま
うかもしれませんね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 22:08| Comment(0) | 自然環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。