2018年10月12日

築地のネズミ

豊洲市場が開場しましたね。ようやく、といった感じでは
ありますが、課題はまだまだ残されているようです。

もっとも大きな課題は、ネズミ対策のようです。



豊洲の開場に合わせて、築地では解体工事が始まったので
すが、継続営業をしている築地の場外市場には、早くも大
量のネズミが移住を始めているのです。

ネズミは災害などを事前に察知する動物ですので、当然、
安全でエサが豊富な土地へと移動します。

銀座あたりでも移住してきたネズミが確認されているよう
ですが、豊洲への移動をどこまで阻止できるのでしょうか。

築地に棲息していたネズミは、1万匹と推定されます。



豊洲にネズミが紛れ込むと困るのは、地下に溜まっている
汚染水との関係でしょう。

汚染水そのものは浄化される仕組みになっているのですが、
汚染水まみれになっているネズミが夜中に動き回るような
ことになれば、大問題なのです。



ネズミを甘く見てはいけません。ガスの配管や電線なども
食い破りますからね。

どんな対策がなされているのか、心配になります。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 13:35| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。