2018年10月18日

お一人様

自分一人だけで外食する機会が多いのですが、入店と同時
に、お一人様ですか、と尋ねられますね。

一人だと言うと、込み合う時間でもないのに狭苦しい席へ
案内されてしまいます。



一人客用の席って、なぜあんなに窮屈なのでしょうか。

外食のときくらい伸び伸びとくつろぎたいのに、カチンと
固まった座り方しかできません。

さらにはテーブルが小さくて、定食のお盆が運ばれてくる
と余裕がありませんね。

小説やコミックを読みながらの食事ができないのです。



お店全体のスペースからくる問題もあるのでしょうけれど、
あるお店などは、壁に向いているカウンターへ案内された
りしますから、とても不愉快ですね。

見晴らしの良い窓際の席はカップル用らしくて、お一人様
だとご遠慮願いますだそうでした。



昼食時や夕食時のような込み合う時間帯じゃないときには、
客が席を自由に選んでいいと思う。

お好きな席にどうぞ、と言ってくれるお店に愛着を感じます。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 13:47| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。