2018年11月12日

なにかおかしい

何がおかしいのかといえば、政治の劣化、いや政治家
の劣化でしょうか。

先日述べました水道民営化法案や外国人労働者の受け
入れに加えて、消費増税の軽減税率など、真面目に論
議する気にさえなれない法案ばかりです。



政治家というよりも、法案を作っているのは官僚だと
しますと、国がおかしくなり始めているのかもしれま
せんね。

とにかく、長期的な展望に基づいた法案ではありませ
ん。場当たり的すぎませんか。

水道の民営化がダメなのも外国人労働者の受け入れが
ダメなのも、長期的にみますと将来の負担になってし
まうからです。

利潤に走るがためにインフラ整備がないがしろにされ
れば、そんな水は危険で飲めなくなります。

外国人労働者が適正な賃金で働くならまだしも、ブロ
ーカーなどにピンはねされたり、老後の保障などはど
うするのでしょうか。

第二第三の徴用工問題を生み出すだけではありません
かね。



軽減税率とはよくぞ言えたものでして、据え置き税率
でしかありませんし、景気対策のために10兆円を投入
するなら、増税する意味がそもそもないと思います。

クレカによるポイント還元とて、商売の現場とクレカ
会社の負担をまったく考慮していません。

なにかおかしい。。。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo



posted by 子竜 螢 at 23:04| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。