2018年12月21日

韓国軍から射撃管制レーダー照射

日本海の排他的経済水域を警戒していた自衛隊のP1哨戒機
が、韓国軍の駆逐艦から射撃管制用のレーダー照射を受け
ました。

この行為は対空射撃を行なう前提のものであり、通常なら
他国の航空機に対して行なうことはないものです。



以前には中国軍の艦艇から射撃管制レーダーの照射を受け
たことがありました。

今回の韓国軍の行為は明らかな敵対行為であって、反日の
思想が韓国の軍部にまで及んでいることを意味しているの
でしょう。



日本の政府は当然抗議いたしましたが、具体的な謝罪はま
だない模様です。

それにしても、専守防衛の日本は反撃してこないと舐めて
いたのでしょう。日本の排他的経済水域内でのことだけに、
日韓関係はさらなる冷え込みが予想されます。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 23:21| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。