2018年12月22日

韓国軍から射撃管制レーダー照射2

韓国軍の駆逐艦から自衛隊の哨戒機がレーダー照射を受け
た問題は、時間とともにさらなる重大さが浮かび穿ってき
ました。

照射はなんと数分間にわたり、数回も浴びていたのです。



韓国側の説明では、大和堆と呼ばれる海域で遭難した漁船
を発見するために射撃管制レーダーを用いたところ、自衛
隊機がたまたま飛び込んできたという。

しかし、行方不明の漁船を探すのに指向性の強いレーダー
を用いるのは不自然でして、明らかなる戦闘準備行為です。

日本政府からの抗議に、韓国側は戸惑っていると伝えられ
ておりますが、射撃管制用レーダーの使用の重大さを認識
していないとは、呆れ果てた話ですね。

もしも照射した相手が中国軍機かロシア軍機であれば、対
艦ミサイルで攻撃してきたことでしょう。

また、漁船の遭難事件に海軍の出動というのも腑に落ちま
せんし、たまたま近海にいたとしても、日本の排他的経済
水域内ですので、兵器の使用は控えるべきなのです。



徴用工問題で関係がおかしくなっている今、韓国軍の行為
は日本の過剰反応を誘うものでした。

反日政策がここまで来たとしても、韓国にとって反日は何
の得があるのだろうかと疑問でしかありませんね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 23:29| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。