2019年01月02日

福袋

初売りの目玉と言えば福袋ですね。最近では中身が見える
福袋が人気となっているようです。

また、高額の福袋も話題ですが、なんと10億円の福袋があ
るというから驚きですし、すぐに完売したというのも凄い
ですね。



昔の福袋は、売れ残りの商品を詰め合わせただけのものが
多かったように感じます。

しかし、それでは魅力がないので、ひと袋だけは当たりの
ものを作っておいて、その当たりがハワイ旅行だったりし
ました。

今は、旅行のパックなどが高額福袋として普通に売られて
いるようです。



まあ、今年の運試しのような買い物なのですが、初詣のお
みくじと同等な感覚なのでしょう。

ちなみに子竜は、ここ3年ほど福袋を買ったことがありませ
んね。物の少ない生活を心がけているからなのですが、そ
れでなくとも書籍の量はちょっとした図書館並みです。

福袋も日本独特の文化として、平成が終わってもずっと続い
ていくのでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 11:32| Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。