2019年01月21日

労働者派遣法の見直し必要

昨日の記事で、最低賃金の全国均一化への動きをお伝え
しました。

が、時給がいくらというよりも、非正規雇用がここまで
増えてきますと、国民生活に支障をきたしています。



時給1000円で8時間、20日働いても16万円ですから、そ
れだけで生活するのは大変なのです。

1500で24万円なので、ようやくなんとか生活できる額で
しょう。

ですから、時給1500円というのは非正規の方の最低賃金
でなくてはなりません。

現在はこれ以下の賃金ですから、結婚して子育てができ
ず、結果的に少子化が解消されないわけなのです。



根本的な問題は、やはり製造業にまで派遣労働を広げて
しまったことでしょう。

そのために中流意識の階層が日本からいなくなってしま
って、格差の拡大になりました。



外国人労働者を受け入れる前に、日本の労働者の現状を
考えませんと、大変なことになります。

安価な賃金で働いてくれる外国人ばかりが就労できて、
日本人は職安通いですね。

一億総活躍時代なんてキャッチフレーズは、ウソです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo



posted by 子竜 螢 at 17:48| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。