2019年01月24日

教授批判で退学勧告

ちょっと変わった事件をお伝えしましょう。東洋大学で
学生が教授を非難する立て看板などを設置したという理
由で退学勧告を受けたというニュースです。

学生たちから批判されたのは、あの竹中平蔵氏なのです。



学生運動としての立て看板禁止に触れたのか、あるいは
大学の知名度を上げようと招致をした竹中平蔵氏を非難
したからなのか、理由は明らかにされておりません。

が、小泉内閣のときに、労働者派遣を製造業にまで拡大
させた張本人ですし、その後、人材派遣会社を運営する
など、法の推進を自分の利益につなげてきた人物として
有名ですね。

また、最近では水道の民営化にも関与していたとされて
おりまして、そのうちに水道会社を設立するのではない
かとの噂もあります。



そういう人物が教授なのですから、物事を純粋に捉えよ
うとしている学生さんたちに不人気なのは当然でしょう。

弱者をさらに追い込んで強者だけが優雅に暮らせる経済
なんて、教わる価値はないでしょう。

日本から中流意識の階層がいなくなり、みんな下層へと
追いやった元凶ですからね。非難されるのは当たり前。

それでも尚且つ退学勧告とは、いささか解せませんね。

他の大学では、立て看板などいくらでもありますよ。



まあ、当該の学生さんたちばビラ配りもしていたといい
ます。中身はわかりませんが、退学を勧告するというの
は行き過ぎでしょう。

昔、ヘルメットを被って角材を振り回していた学生に比
べますと、可愛いものではありませんか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 14:17| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。