2019年02月25日

沖縄県民投票

沖縄県が実施した辺野古への基地移転の是非を問う県民
投票では、反対多数で否決されました。

が、設問は、辺野古の埋め立てに賛成か反対か、という
ものであって、基地の移転そのものの是非を問うたもの
ではありませんでした。



自然破壊となる埋め立てには、子竜とて最初から疑問に
感じております。

移転するなら、鹿児島県の馬毛島か尖閣諸島の魚釣島が
いいと主張してきました。

今回の県民投票には何の拘束性も法律的な権利の発生も
ないのですが、参加しなかった自治体があっただけに、
県民の総意と捉えられない面がありました。



そもそもの問題としてですが、周辺にほとんど民家のな
かった普天間基地が、いつの間にか人口の密集地帯へと
変化していたことにあります。

これは行政のミスであって、移転させようという国の決
定に反対するよりも先に、沖縄県が反省しなくてはいけ
ないことだろうと思います。

多くの民家の建築確認申請が出された段階で、基地に隣
接した区域をなぜ除外しなかったのか、ってことです。

民家の密集地帯に基地を作ったわけではないのです。



ですので、国の決定に反対したいがための県民投票には
違和感を感じてしまいます。

普天間基地が世界でもっとも危険にした責任は沖縄県の
行政ミスでして、どうしても移転しなくてはならないけ
れど受け入れ先がなかなか決まらず、やっと辺野古に落
ち着いたのです。

国の決定に反対するなら、沖縄県が移転先を探す義務が
あると思いますよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo



posted by 子竜 螢 at 23:45| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。