2019年02月26日

小学生にこそ必要な教育とは

小学生の教育カリキュラムに、英語やプログラムなどが
採用されているようですね。

たしかに、これからの時代には必要だと思います。



けれども、それ以前に教えておかなくてはならないのは、
お金に関する教育ではないでしょうか。

もらったお年玉を親が管理してしまうから、一ヶ月分の
お小遣いをまとめてもらわないから、小学生にはお金に
対する意識がとても薄いのです。

かといって、中学生や高校生になってからでは、見栄や
欲望のために正しい使い方ができないかもしれません。

やはり、きちんとしたお金の教育は小学生のうちにです。



大人になって働いている人でも、住宅ローンを抱えなが
ら他の借金をする人がいますよね。

たとえば、車のローンだったり家電品のリボ払いだった
りします。

が、これは多重債務に陥る危険性が大でして、なんとな
く払えるだろうなんていう不確定な意識に支配されてい
るのです。

小学生の頃からお金の教育がなされていれば、無闇に友
人から借金をしたりしなくなるでしょう。

現代は昔よりももっと借金しやすいシステムが氾濫して
おりますし、ゲームでの課金など、魅力的な出費も多く
なっているのです。



高学年になれば、親は一ヶ月分のお小遣いをまとめて渡
すようにしましょう。

そうすれば、貯蓄をする意識が芽生えてきますし、欲望
に走った使い方だってやがてはしなくなりますよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 19:47| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。