2019年02月27日

融和ムードではあったけれど

米朝首脳会談がベトナムで始まりました。

やや緊張気味だった金正恩委員長に比べて、余裕を
示しながらも厳しい表情のトランプ大統領が印象的
でした。



会談の本番は明日だといいますが、初日の今日は融
和ムード一色でして、とくに真新しいことは確認で
きませんでした。

しかし、トランプ大統領がなぜここまで北朝鮮に対
して歩み寄ろうとしているのか、よくわかりません。

再び野戦乱でとくに韓国が被害を受けるのを懸念し
たからとは、とても思えないのです。



核の廃棄が前回の会談以降もほとんど進んでいない
現状で、明日はどんな話し合いが行なわれるのです
かね。

ただの国際ショーで終わらなければいいのですが。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 23:52| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。