2019年04月03日

退職代行業

こんなものが商売になるのか、と驚かされるビジネス
は多々あります。

代行業もそのうちのひとつでしょうか。運転代行は別
としても、家事代行がビジネスになっていたのは昔か
らのことです。家政婦さんですね。



しかし、どうらも解せないのが、最近耳にします退職
代行業です。

自分では会社を辞めると言いにくいから、代行さんに
頼むというのですが、それって、社会人として正しい
在り方なのでしょうかね。

退職の理由をきちんと自身の口から伝え、文書にして
差し出すというのがマナーだと思うのですよ。



また、宿題の代行業なんてのも本人のためにはならな
いものでして、それでもビジネスとして成り立ってい
るところが不思議ですし、モラルが問われるのではな
いでしょうか。

やればできるけど時間の効率化を考えての代行依頼な
らともかくも、話しにくいから退職代行業に依頼する
というのは、なんだか違う気がします。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo



posted by 子竜 螢 at 23:28| Comment(0) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。