2019年04月16日

ノートルダム大聖堂

パリにあるノートルダム大聖堂から火災が発生しまして、
大聖堂の象徴といわれていた尖塔が燃えながら倒壊する
様子には、いささかショックを受けました。

キリスト教徒でなくとも、パリの三大名所として、凱旋
門・エッフェル塔と並ぶ由緒ある建物だからです。



出火の原因は、改修作業中の電気機器のショートだそう
ですが、いやはや大変なことになりました。

大聖堂の中でも大切なパイプオルガンは、一部が破損し
ただけでどうにか焼け残り、修復は可能らしいです。



これから修復に向けた動きがあるでしょう。世界中のキ
リスト教徒から、多大な寄付金が見込めます。

そして何よりも、四年前にアメリカの美術史家が建物構
造を詳細に調査しておりまして、すべてがデジタル資料
として残っているといいます。

そのおかげで、完全な復元は可能なのでしょう。

不幸中の幸いですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 23:07| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。