2019年04月18日

まさに四面楚歌

韓国の文在寅政権が、任期を半ば以上も残して退陣しな
くてはならない危機に陥っております。

その理由として、近隣国家のすべてから相手にされなく
なっているからで、経済の凋落も拍車をかけております。



まず、北朝鮮の金正恩委員長からは、仲介役気取りをや
めるよう突き放されました。

中国からは、PM2.5問題を協議する与党議員団を派遣し
たものの、拒絶を受けました。

アメリカのトランプ大統領との会談はわずか2分で終了。

開城工業団地と金剛山観光の北朝鮮合同事業に関して、
トランプ大統領から、時期尚早、と一蹴されております。

そして安倍総理は、6月に大阪で開かれるG20首脳会議
で、文大統領との個別の会談を行なわない方針を発表い
たしました。

今の日韓関係を考えると当然なのですが、文大統領の外
交制作がことごとく失敗したことを意味しているのです。



また、先ごろ発表されたサムスン電子の経常利益が6割
もダウンしたといいますから、経済面での失敗も厳しい
追求を受けることになるでしょう。

サムスンが発売した新型スマホがたったの1日で不具合
が発見され、製品回収をしているようですね。

しかも、朴大統領をローソク革命で弾劾した勢力がまた
活動を始めたようなのです。

誰の目にも文大統領は来たの手先ですので、退任後は、
よい老後とはならないでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo



posted by 子竜 螢 at 18:46| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。