2019年06月12日

ひきこもり対策

ひきこもりの息子を父親が殺害するという事件があり
ましたね。

自分がいなくなったら息子はどうやって生きていくの
か、と悲観した末の殺人事件でした。



ひきこもりになったきっかけは一人一人違うのでしょ
うけれど、ひきこもりさんたちに共通していることは、
ひきこもっていても食えること。

つまり、生活に支障がないからひきこもっていられる
わけでして、子竜のように、二十歳になる前から一家
の大黒柱である父親が病気で寝たきりになったなら、
ひきこもってなどいられないのです。



二つ目の共通点は、親がそれでも小遣いをあげたり車
の使用をさせたりしています。

ほしいものは自分で働いて買え、と強く言えない親が
いるのではないでしょうか。

あたかも腫れ物に触るがごとく、機嫌を取ろうとして
はいないでしょうか。



期間が長くなればにるほど社会復帰が難しくなります。

就職しようとしても、履歴書の空白が大きくなってし
まいます。

精神疾患が原因でないのなら、外へ出ざるを得ない状
況にすることが解決の近道ではないでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo
posted by 子竜 螢 at 22:06| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。