2019年06月16日

有料レジ袋

レジ袋の有料化が来年4月をメドにスタートするよう
ですね。

いいことだ、と思う反面、何年も前から有料化されて
いる富山県に住んでおりますと、何を今更、と感じて
しまいます。



プラスチックゴミを無くそうという試みはいいと思い
ますが、問題の本質は別のところにあると思います。

つまり、スーパーなどがレジ袋を提供していることが
問題なのではなくて、どこにでも投棄する人がいるか
ら問題なのですよね。

プラスチックゴミは自然還元しないので、いつまでも
ゴミとして残るから問題なのです。



一方、マイバッグ持参が当たり前になりますと、別の
問題が浮上してきます。

マイバッグの大きさやデザインはまちまちですから、
万引き対策が大変になります。



また、有料にして徴収した金額が、本当に環境美化の
ために使用されているかといえば、それも疑問ですね。

ゴミの分別の際にはレジ袋がないと不便ですし、生ゴ
ミの焼却炉では、レジ袋が多いほうが重油の噴霧量が
少なくて済むというメリットもあります。

リサイクルだけは考えられていないようですが、とに
かく不法に投棄しなければ何も問題もありません。

それをよく理解した上で、有料化に踏み切ってほしい
と思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 23:52| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。