2019年06月19日

習近平氏の狙い

中国の習近平国家主席が、中国の代表者としては
14年ぶりに北朝鮮を訪問いたしました。

もちろん、何かの意図がありませんと行かないわ
けですので、どのような理由からなのか、気にな
るところではあります。



習近平氏と金正恩氏に共通しているのは、二人と
もほぼ独裁的である反面、足元の土台が腐り始め
ている点でしょう。

習近平氏にはアメリカとの貿易関税戦争に勝てる
見込みがなく、金正恩氏にもアメリカとの交渉に
勝てる見込みがありません。

どちらもアメリカに謝罪するしか方法がないとこ
ろまで追い詰められているように思えます。



そういう二人の会談ですから、話題はやはりアメ
リカ対策でしょうね。

そして、そのためには韓国という取り込みやすい
国をどう利用するのか、という点でも一致してい
るように感じます。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 23:38| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。