2019年06月25日

会議の多い会社は要注意

新入社員さんたちは、そろそろ会社に慣れてきた頃
でしょう。

しかし、やたらと会議が多かったりしませんか。

会議の多い職場というのは、じつは危険な匂いの吹
き溜まりかもしれません。



昔、経験した実例を申し上げますと、毎日の始まり
に社長自らが営業会議を催していた会社がありまし
た。

会議といっても、社長の側からだけの一方的な通達
であり、売れ上げの悪い社員をみんなの前で吊るし
上げにするだけでした。

で、会議が終わるのは午前10時過ぎ。

みんなグッタリしてしまって、本格的な営業活動は
午後からにしよう、となるわけです。



そんなに極端な例でなくとも、会議が好きな上司っ
ているんですよね。

会議を開催することでみんなの上に立っていること
への自尊心を満足させているのです。



本来、会議なんてものは、他部署との役割分担を決
める場合とか、経理と予算の折衝をするには必要な
手段なのですが、同じ部署内での会議なんて不要で
すね。

みんなに伝えたいことは回覧か個別の文書配布で事
足りますし、営業成績の発表なんて、壁に貼られて
いるグラフを見ればわかります。

なぜ会議が必要なのか。
無駄な会議で部下を疲れさせてはいないか。

部下を持つ身分になったら、ちゃんと考えましょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 23:29| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。