2019年07月12日

ビジネスモデルの破綻

コンビニエンスストアの24時間営業の問題が、消費者
抜きで語られ続けております。

いろんなところのアンケートでは、国民の7割が24時間
営業など必要ないと答えているのにです。



24時間営業をやめたいというフランチャイズオーナー
さんたちは、とくに深夜の営業をやめたがっています。

客数が少ない上にアルバイト店員を確保できず、時給
も高くなるからです。

深夜にしか買い物できない人って、どのくらいいるの
でしょうか。

ただの計画性の問題ではないのでしょうか。



昔、知人がやっていた居酒屋でのことです。

少数派の顧客の要望でも採り入れていたために、だん
だんとメニュー数が多くなり、営業時間が長くなって
いきました。

その結果、売り上げは変わらないのに人件費と材料費
そして光熱費が増え続けて、あやうく倒産寸前までい
きました。

コンビニ本部は24時間営業をやりたいなら、直営店で
実施したらいい。

フランチャイズでの24時間強要は、オーナーに24時間
働かせるブラックなイメージしかありませんね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 19:36| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。