2017年01月02日

元旦と元日

日本語の中で意味を混同して使っているもののうちに
元旦と元日があります。

この両者の意味は同じではないのですが、年賀状には
2017年元旦などと間違って印刷されていますから、混
同する人が多いのでしょう。



元日は、1月1日を意味します。一年の最初の日ですね。

一方、元旦は、初日の出の頃を言い表す用語なのです。

旦という文字は、水平線もしくは地平線から太陽が顔
を出す様を表していて、早朝を意味しているのです。

なので、年賀状に元旦と書くのは誤りですね。そんな
早朝に年賀状が届くわけではありません。



まあ、みんなで渡れば怖くない赤信号のようなものか
もしれませんが、正しい用法は覚えておきましょう。

「天皇杯の元日決戦」は、正しい用法ですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:元旦 元日
posted by 子竜 螢 at 15:53| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

天高く馬肥ゆる秋

ようやく魚にも脂がのってきましたね。
グルメ通には食欲の秋が到来です。

空に浮かぶ雲は、ポッテリとした夏雲が
少なくなって、秋の筋雲が目立つように
なりました。

まさしく、天高く馬肥ゆる秋ですね。



しかし、元々の意味は、中国の漢民族が
北方騎馬民族への備えに警戒を促す言葉
だったらしいです。

度々領土を侵して略奪を繰り返す騎馬民族
には歴代の皇帝も頭を悩ませていたようで、
万里の長城が築かれたほどです。



馬が肥ゆる秋になったから、北方騎馬民族
の侵略を警戒しなくてはならない。

馬での機動力こそ、恐怖だったのでしょう。
だから、馬が一年で一番元気になる秋には
漢民族は戦いの準備をしなくてはなりません
でした。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:騎馬民族
posted by 子竜 螢 at 16:01| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

外来語禁止は難しい

ずっと前のことですが、

行きつけの居酒屋で若い人たちに混ざって
外来語禁止というゲームをやりました。

飲みながらの会話に外来語を使ったらNG
というルールで、反則者はオチョコに一杯
を一気飲みするというものです。



もちろん、酩酊状態をちゃんとチェックしながら
進めたのですが、日本語に訳しながらの飲酒は
酔えませんでしたね。

日頃から日常的に使っている外来語を訳すのも
骨が折れましたけれど、外来語かどうかを吟味
しながら喋るのは大変です。


チャンス

ラッキー

サービス

などなど、かなり考えなくてはなりません。



余談ですが、太平洋戦争中に活躍した零戦は
ふつう「ゼロ戦」と発音されていますよね。

でも、ゼロは英語なのでダメです。
正式にも「れいせん」と当時は呼んでおりました。



というわけで、とても疲れましたが勉強にもなった
飲み会でした。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:外来語
posted by 子竜 螢 at 17:50| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

処暑なのに

二十四節気の処暑です。

暑さが後退しはじめるという意味ですが
全国的に少しも涼しくありませんね。


今年の猛暑を地球温暖化と関連つける
人もいますが、たまたまだと思いたい
ですよね。


エアコンの普及とコンクリート化とで
都市部のヒートアイランド現象が進んで
いるのはたしかでしょう。

路上での体感温度は軽く40度を超えて
いますから、くれぐれも熱中症にだけは
注意してください。


水分と栄養補給を忘れずに。



※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 12:07| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

英語の公用語化

先日、楽天やユニクロといった先端企業
が、社内では英語を公用語にすると発表。


それに対して、ホンダの社長が痛烈に批判。

批判の理由として、言語と国民性とは強く
関連したものであるとし、日本語がお客様
へのキメ細かな対応の源と言っている。


スレッドを見る限り、ホンダへの賛成が
圧倒的に多かったのですが、何のために
英語を公用語化するのかという意図が
わからないので、子竜には判断できかねますね。

授業を全部英語でやる学校もあるとか。

この場合は、学校ですから英語力を伸ばす
という意図がわかります。

しかし、企業でやる意味がわからない。


あるスレッドにはこう書かれていました。

英語を公用語化するくらいなら、従業員
を全部アメリカ人かイギリス人にすれば?


言いえて妙だと思いました。
あなたはどちらでしょうか?


posted by 子竜 螢 at 09:30| Comment(2) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

キメ台詞が大切

岡田監督が試合前に選手に向けて言った
言葉は?


どうやら、監督本人も選手たちも覚えて
いないそうです。

一方、前回大会の監督だったジーコ氏は
選手たちにこう言ったそうです。

「さあいこう! みんな試合を楽しんで来い」


一勝もできなかった前回と、二勝して決勝
トーナメントに進出した今回。


言った内容よりも、ああいう緊張の中での
発言を覚えていること自体が問題なのかも
しれませんね。

今回は、監督も選手たちにも相当な危機感があって
頭が真っ白な状態だったのではないでしょうか。


それとも、元々記憶に残らないほどの
単調な言葉だったのでしようか。



このあたりが、子育てをする際にはとくに大切
だと思います。毎日毎日叱ってばかりいますと
子供は慣れてしまって効果がなくなりますよね。


小説の話になりますが、本の最後からページ
をめくってみますと、最初に出てくる台詞が
あります。

それが、作者が意図するキメ台詞というやつ
ですね。その台詞を書きたかったから前に長い
物語が存在しているのです。


あなたのキメ台詞はなんでしょうか。



posted by 子竜 螢 at 11:45| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

常用漢字の改訂

先日、常用漢字の改定がありました。

それによって「岐」や「阪」などの
都道府県名に使われている漢字が
ようやく全部揃いましたね。


そして、日頃からよく使われている
「誰」「頃」「俺」なども入って
実態とかけ離れていた感がなくなりました。



ところで、「鬱」という漢字も今回の
改訂で常用漢字入りしたのですが、
書き順がわかる人はいますか?

実は、2チャンネルに面白い書き込み
がありました。「鬱」の書き順の覚え方です。


リンカーンはアメリカンコーヒーを三杯飲む。

なるほど! 文字を拡大してみますとよく
わかります。本当にそのとおりですね。

あなたも「鬱」の書き順を確認してみませんか。


posted by 子竜 螢 at 06:46| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

ダラ という言葉を知っていますか

NHK朝の連続ドラマを見ている人は
多いと思います。

ゲゲゲの女房は大変な人気ですね。


ドラマの中で気になるのが「ダラ」
という言葉です。

馬鹿・阿呆と同じ意味なのですが。。。


この言葉は山陰地方と石川・富山だけで
使われているらしいのですが、一説には
北海道の一部や熊本県の白川地区でも。


ダラの語源は曼陀羅だと思います。
「ありがた〜いやつ」という意味でダラ
と言うようになったのではないでしょうか。


なぜ使われている地域が離れているかというと
言葉の流行は、昔は京都が発信地だったので
同心円状に広がったと考えられています。

山陰と北陸は、京都からみるとほぼ同じ
距離ですね。北海道と白川地区は、両地方
から明治以降に大量の入植者があって、
村落の形成とともに使われ続けているのでは
ないかと思われます。


そして、京都から途中の地域が別の言葉に
なっているのは、新しい流行語に塗り替え
られたからでしょう。


ともあれ、ダラがわかるとゲゲゲの女房は
もっと面白く見れます。

ありがとうの意味のダンダンとあわせて
方言の面白さも堪能しましょう。


posted by 子竜 螢 at 06:51| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

八百長の語源

八百屋の長兵衛さんが商売上の打算から
囲碁仲間にわざと負けてやったことから
できた言葉と言われています。

その囲碁仲間というのが相撲界の年寄り
だったといいますから、相撲には八百長
がつきものだといことになってしまった
のかもしれません。


そろそろ春場所が始まります。朝青龍と
千代大海が抜けた後ですので少し寂しい
場所になりそうですが、それを補うため
にも、とくに日本人力士の奮闘を望みた
いと思います。


また、新聞の記事によれば、春場所の
入場券が相撲の人気低迷によって売れ
悩んでいるとか。

ここはひとつ、日本人横綱の誕生を期待
できるほどの場所になってくれないもの
かと思ってしまいました。


※子竜お勧めの無料で学べるお得な情報集
アフィリ系・ギャンブル系・投資系・美容系など豊富に揃っています
http://blog.livedoor.jp/shiryukei/archives/2009-01.html



posted by 子竜 螢 at 11:40| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

何の略なの?

最近、アルファベット3文字の単語が
増えてきました。とくに国際機関など
の単語が多いですね。

ニュースなどで度々耳にするものは覚え
られるのですが、稀にしか聞かないもの
はお手上げです。


なにしろ数が多い。3文字ばかりじゃなく
4文字のものもかなりあります。


そんなときに便利なのがこれですよ。

現代新語情報辞典

学研から出版されている便利辞典で、
日本語のニュース単語も豊富に解説
されており、政治経済の用語に困る
ことがなくなります。

値段は1500円と安価ですので、
一家に一冊オススメですよ。


※子竜お勧めの無料で学べるお得な情報集
アフィリ系・ギャンブル系・投資系・美容系など豊富に揃っています
http://blog.livedoor.jp/shiryukei/archives/2009-01.html



posted by 子竜 螢 at 11:35| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

二番煎じ

何かが流行すると、その続編が出たり
類似したものが出回る傾向にあります。

それを二番煎じと呼ぶのですが、実際に
あった変わったものをご紹介しましょう。


日本以外沈没
宇宙戦艦ムサシ
ポリー・ハッター
ジャイケル・マクソン
ずうとるび


何の二番煎じかは言うまでもないでしょう。

でもね、そういう発想ができること自体
すごいなーと思いますね。もっともっと
出てくると世の中が楽しくなるかも。


まあ、二番煎じというよりパロディー
同然のものもありますが、上の3つは
大物作家が書いているだけに凄いです。

興味のある方は検索してみてくださいね。


※子竜お勧めの無料で学べるお得な情報集
アフィリ系・ギャンブル系・投資系・美容系など豊富に揃っています
http://blog.livedoor.jp/shiryukei/archives/2009-01.html



posted by 子竜 螢 at 02:40| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

気候という言葉

昨日は雨水について述べました。
土脉潤起(つちのしょう うるおいおこる)
などという難しい言葉もご紹介しましたね。

そして、それは七十二候というあまり耳慣れ
ないもののひとつなのでした。


二十四節気と七十二候。
この二つを合わせて気候といいます。
これは普段でも使う言葉ですよね。

七十二候は二十四節気を詳しく分類した
ものともいえます。


ちなみに、雨水の次に来る啓蟄(けいちつ)
までは、七十二候によると3つの期間に
分かれています。

2月19日〜23日
土脉潤起(つちのしょう うるおいおこる)
雨が降り、土が湿気を帯びて潤う時期。

2月24日〜28日
霞始靆(かすみ はじめてたなびく)
霞がはじめて見られるようになる時期。

3月1日〜5日
草木萌動(そうもく めばえいずる)
草木が芽吹き始める時期。


二十四節気と七十二候はもともと中国から
伝わったものですが、気候の違いにより
とくに七十二候では漢字と意味が若干違う
ものもあります。

興味のある方は調べてみてはいかがでしょうか。



※子竜お勧めの無料で学べるお得な情報集
アフィリ系・ギャンブル系・投資系・美容系など豊富に揃っています
http://blog.livedoor.jp/shiryukei/archives/2009-01.html



posted by 子竜 螢 at 09:17| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

土脉潤起

今日2月19日は二十四節気の雨水です。

雪や氷が解けて天に昇り、雨と注ぐ頃と
いうことで、初春の訪れを意味します。


それとは別に七十二候というのもありまして
今日のタイトルの土脉潤起が23日までの
気候とされております。

つちのしょう うるおいおこると読みます。

意味は、雨が降って土が潤うというものですが
日本語にはなぜか気象に関する言葉が豊富ですね。


ただし、富山は今日も雪模様です雪


※子竜お勧めの無料で学べるお得な情報集
アフィリ系・ギャンブル系・投資系・美容系など豊富に揃っています
http://blog.livedoor.jp/shiryukei/archives/2009-01.html



posted by 子竜 螢 at 17:09| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

ら抜き言葉を考える

ら抜き言葉というものがあります。

しかし、これは正しい表現ではなく
ら入れ言葉とら抜き言葉では本来意
味が違うのですね。


亡くなられた国語学者の金田一晴彦氏が
NHKの番組で語っておられ、学研の
現代新国語辞典改訂第四版でも述べられ
ているところでは、以下のような感じです。

ら抜き言葉は今に始まったことではなくて
江戸時代に発祥がみられ、大正時代には
可能の意味しかない「れる」だけを分ける
のが普通でした。


たとえば

★変えられる
誰かに変更されてしまった
尊敬の意味での、変えられますか

★変えれる
変えることが可能


もうひとつ例です

★見られる
誰かにこっそり覗き見された
尊敬の意味での、見られますか

★見れる
見ることができる


このように、意味によって使い分けるのが
以前では正しかったわけです。

というわけで、ら抜き言葉を考えてみました。


※子竜お勧めの無料で学べるお得な情報集
アフィリ系・ギャンブル系・投資系・美容系など豊富に揃っています
http://blog.livedoor.jp/shiryukei/archives/2009-01.html



posted by 子竜 螢 at 14:14| Comment(1) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

真行草とは?

しん ぎょう そう と読みます。

知っている人は知っていますが
耳慣れない人も多いことでしょう。


書道の書体のこと?

はい。当たりですが、書道だけで
使われている言葉ではありません。

料理の盛り付けや造園などにも
幅広く用いられているのですよ。


真は、楷書にみられますように、
しっかりとした基本形。メインですね。
奥でどっしりと構えます。

行は、やや崩した行書。
基本を重視しながらも
見栄えにややこだわります。
行は必ず左の手前

草は、自由闊達な書体。
流れを重視しています。
草は右の手前が定位置です。


造園で真に相当するのは奥にそびえる築山ですね。
行に相当する左手前の庭木と右手前の草にあたる
ツツジなどで全体のバランスをとるそうです。


刺身を盛り付けるときには、奥の大根のケンと大場
のところにはメインの真となるマグロなどを置いて
一番高くします。

左手前が行の部分で、薄く切ったヒラメなどがいいでしょう。
真より高くしてはダメ

右手前は草の部分で、イカなどの形のしっかり
していないもののポジションです。低くおさえ
ましょう。


侘び寂びと同様、和のこころに触れていただ
けましたでしょうか。
posted by 子竜 螢 at 01:12| Comment(2) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

たわけ者

戦前までは、長子相続が当たり前でしたね。
長子というのは長男のことですが。


戦国時代が終焉を迎えて江戸時代になると
人口が爆発的に増えました。平和な時代
だったのですね。

それでも長男だけに相続権がありまして
次男以下は他家へ婿養子に入るか、家庭
を持たずに長男の家で一生厄介になった
ものでした。


ところが、そんな次男以下を可愛そうに
思って農地を分け与えた長男もいたそうです。

その結果、年貢を収めた後にはどちらの家でも
食っていけない状況に陥りました。


ですから、気前よく田んぼを分け与えた長男
のことを田分け者といって蔑んだそうです。


まさか、子竜のことではないでしょうね。



posted by 子竜 螢 at 09:32| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

励ます言葉

先日のことです。

あるテレビドラマを見ていたら、主人公の女性が
相手の女性にこんなことを言っていました。

「これからの人生では今が一番若いとき」


う〜ん、意味深いですね。
だから、やるべきことは今すぐにやれ
ということなのでしょう。


とにかく頑張れ
逆にこういう言葉は役に立たないようです。
ビジョンがはっきりしていませんよね。


ビジョンとは、自分の将来像を明確に描くこと。

どんな車にのりたいか
どんな家に住みたいか
家族との関係はどうありたいか


などなど、具体的にイメージできたら
本当に頑張れるかもしれません。


ちなみに子竜は、励ますことばかりで
励まされることが滅多にありません。

そんなに頑張っているつもりじゃないのですけれど。

あなたはどちらですか?
posted by 子竜 螢 at 08:04| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

誰も入いれない 2

関係者以外立ち入り禁止

この表記について小学生の男の子からおかしいと指摘があったのは、子竜がブログを始めて間もなくのことでした。

「以」という字はね、そのものも含むんだよ。


たしかに、18歳以上は18歳を含みます。
この表記ですと、たしかに誰も入いれませんよねふらふら


子竜はそれ以来、どう表記するべきなのか、と考え続けてきました。でも、答えは見つからないままなのです。

誰か教えていただけませんか?
posted by 子竜 螢 at 01:56| Comment(2) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

天高く馬肥ゆる秋

すっかり秋らしくなってきました。

綿のような雲がすっかり姿を消して、ずっと高空に模様なす筋のような雲が見られるようになりましたね曇り


昔の中国人たちは、この季節を天が高くなったと感じたようです。

でもね、この言葉の意味をいいことのように感じてはいませんか?

子竜もつい最近までは、食欲の秋と関連させて考えていたのです。


実は、この言葉は北方の遊牧民族からの侵略を警戒した言葉だったのです。

チンギス・ハーンに代表されます北方の遊牧民族は馬術に長けているので、馬が元気になる季節に決まって中国への侵略を試みたのですね。

だから、中国の人々は万里の長城を築いて防ぐしかありませんでした。


でもね、食べ物のおいしい季節は幸せを感じる季節でもあります。味覚が満たされるってのは、とても幸せなもの。

またダイエットしなきゃがく〜(落胆した顔)
posted by 子竜 螢 at 09:49| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

女心と秋の空

昔の人はうまく言ったものですね。

もっとも、最近では「男心と……」だそうです。



夏が過ぎて華やかな浮ついた心が落ち着きを取り戻したとき、男女を問わず他人からは別人のように見えるのでしょうふらふら

まあ、言ってることがコロコロ変わる人ってどこにでもいますよね。あなたの上司はどうですか?


たまには空を見上げながら反省しなきゃねちっ(怒った顔)


posted by 子竜 螢 at 11:33| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする