2013年12月11日

個人保証に120年ぶりの改革

再チャレンジできる世の中を目指している安倍
総理が、120年ぶりになる民法の改正を検討
しているという。

検討しているのは、借金をする際の個人保証に
かかわる点です。



現在、起業する人などが銀行から融資を受けるときに
は、経営者に個人保証が求められます。

会社が倒産したときに、返済を経営者個人が引き継ぐ
という制度ですね。

自己破産の約2割はこうした状況から発生していて、
再チャレンジの妨げとなっています。

そこで、住む家と当面の生活費を残せる制度にしよう
というものですが、当然のことながら、銀行協会から
の理解は難しいと思われます。



ただ、先進国の中で個人保証を求めているのは日本だ
けという現実もあり、銀行協会側と折り合いのつく改革
案がまとまったなら、起業家が一気に増えそうです。

また、検討されている新制度では経営者以外への個人
保証要求は禁止されますので、こちらのほうは早く
導入されそうです。



保証人になったがゆえの悲劇は、どこまでなくせるの
でしょうか。

生命保険で保証に充てるための自殺なんて、早くなく
してほしいものです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 19:02| Comment(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

婚外子の相続権

婚外子が嫡子に比べて半額しか相続できない
のは、憲法の平等の原則に反するとの訴えで
最高裁は双方からの弁論を聴取しました。

いわゆる、不倫の末に生まれた子が差別され
るのが、不当かどうかが争われているのです。



不倫は褒められたことではありません。それ
ゆえに民法では差別を設けて、正常な家族の
存続を図っているのです。

しかし、人生それぞれの多様化が進んできま
すと、未婚の母も増えてきました。

そのため、父親が亡くなったときに、父親の
家族との間にトラブルが生じるのです。



一方、家族の側の言い分としては、夫や父親の
不倫に悩まされ、家庭崩壊につながりかねない
不倫相手とその子の存在は、許せるものでは
ないでしょうね。

半分でも、もらえるだけありがたいと思え、と
叫びたいほどでしょう。

かといって、婚外子そのものには何の罪もなく
悪いのはその子の両親です。

とくに、不倫と知りつつ子まで産むのは、愛情
ゆえではなく、遺産目当てとののしられても
仕方がないでしょう。



さて、最高裁がどのような判決を下すのか。

家族のあり方があらためて問われる判決だけに
注目されるところです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:婚外子
posted by 子竜 螢 at 08:39| Comment(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

憲法改正論議

今年ほど憲法論議か盛んな記念日は初めて
だという気がしますね。

政府自民党が提案している第96条の改正
安は、改憲に必要な要件を緩和するもので
すが、主な目的が第9条の改正にあるのは
いうまでもありません。



第9条の改正に賛成の人でも、実は2種類
あるのだろうと思います。

自衛隊を正式な軍隊に位置づけたい人。

専守防衛をはっきりさせたい人。

こうして分かれているのは、第9条の付帯
2項がどのようにでも解釈できる条文だか
らなのでしょう。

また、1度の敗戦による自虐史観から脱却
する目的での改憲論者もいるようです。



ただ、子竜としては、国会議員3分の2の
賛同を必要とする第96条の改正には反対
ですね。

国民が真に改正を必要と感じたときには、
決してハードルは高くないですし、同様の
既定を設けている他国でも、改憲が何度も
行なわれているからです。

仮に、議員の半数でよいとしますと、政権
が交代する度に改憲されかねませんから、
政治の場だけではなく、国民生活まで混乱
するかもしれません。

憲法を変えることによって、多くの法改正
が必要となってくるからですね。

聖人を18歳にするだけでも100以上の
法の条文を変えなくてはならないのですか
ら、度々改憲ができる制度には改めないほ
うがいいと思います。



ともあれ、これだけ改憲意識が高まってき
た以上は、今年のうちに決着をつけないと
繰り返しの論議にエネルギーを費やすこと
になってしまいます。

できれば、原発やTPPなどの国論を2分
する問題には、国民投票で決着する制度を
入れてほしいですね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:日本国憲法
posted by 子竜 螢 at 11:45| Comment(2) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

公益通報者保護法の問題点

イジメ・体罰など、古くて新しい問題が次々
と明るみに出て、日本の古い体制の是非が問
われはじめています。

加えて、近年ではセクハラも問題視されるよ
うになって、頭の古い上司や指導者たちは、
退陣に追い込まれかねない状況となってまい
りました。



ところで、組織内の問題を告発した者が、その
後に不当な扱いを受けないよう保護する法律が
あるのはご存知ですよね。

公益通報者保護法といいます。

しかし、この法律には大きな欠陥があって、今
騒ぎとなっているイジメや体罰への告発には
適用されないのです。

なぜなら、同法律は賃金労働者の保護のみを目的
としているからで、学生やスポーツ選手は除外さ
れているのです。



イジメ対策法案の成立も重要でしょうけれど、公益
通報者保護法の改正も急がれるのではないでしょうか。

むしろ・通報を怠った者が罰せられたり、直接の利害
関係にない者からの告発も受け付けるなど、抜本的な
改正が必要だろうと考えます。

スポーツ指導のライセンス制度の導入も検討してほ
しいですね。世界では当たり前になっていることです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 10:44| Comment(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

文化の日です

文化の日です。

祝日ですが、土曜日ですので有り難味に
欠けるかもしれませんね。



ところで、文化の日が何を意味した祝日
なのか、知っている人は少ないようです。

はい、現在の日本国憲法が制定された日
ですよね。

半年後の5月3日に施行され、こちらが
憲法記念日となりました。

つまり、今日が本当に憲法論議をすべき
日なのです。



でも、憲法論議はなぜか5月3日に集中
しています。制定した日ではなく、適用
された日に焦点を合わせているのは、な
にかおかしい。

アメリカに押し付けられたかどうかより
も以前の問題ですね。



改憲に必要な国会議員の賛成票数などから
事実上、改憲の実現は困難なものとなって
います。

それぞれの立場によって、改憲に対する
考えは違うでしょうけれど、同じ憲法の
下で暮らす仲間です。

日本人でよかった、と実感できる国であり
続けるためにも、文化の日の意味を再確認
しておきたいと思います。


posted by 子竜 螢 at 10:44| Comment(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

死刑廃止論は正論か?

山口県光市の事件に終止符が打たれました。
当時18歳の犯人に死刑が確定です。

この最高裁の判断によってネット上では
死刑に対する考えが咲き乱れています。



執行前の死刑囚が122人という異常事態
もさることながら、少年法の見直し論まで
が登場して、いかに注目されていた事件な
のかがわかります。

ちょっと変わった意見としては、死刑を
廃止すると敵討ちが増えるのではないかと
いう懸念でした。

たしかに、死刑を廃止した国では仇討ち的
な殺人が増えているようで、遺族の心情と
しては理解できます。

国が制裁を加えないから敵討ちに及んで
新たな犯罪者を作り出している面は否定
できないでしょう。



そして、今もっとも注目されているのが
オウム真理教の元教祖の死刑執行ですね。

年末に高橋容疑者が自首したことで、また
延期されるのでしょうか。

それとも、法務大臣がテロ報復を恐れて
ハンコを押さないのでしょうか。

法律どおりに執行しない法務大臣への罰則
がないのも変な話ですが、現行法に死刑が
る以上、規定どおりに執行するべきだと
思います。

また、死刑廃止論者を法務大臣に任命する
ことや就任することも間違っています。

廃止論者はまず、法案を国会に提出してくだ
さい。それが法治国家での筋というものです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:死刑廃止論
posted by 子竜 螢 at 22:58| Comment(3) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

死刑制度の廃止論

千葉法務大臣の参院選落選後の続投に
関連して、それまで死刑執行を行なわ
なかった同大臣の2件執行が、なにかと
話題になっています。


法律によれば、死刑判決確定後の6ヶ月
以内に執行しなくてはならないのですが
それを厳密に守った歴代の法務大臣は誰
一人としていません。


死刑廃止論者を法務大臣に任命した総理
も問題ですが、廃止論者は辞退すべきで
はなかったでしょうか。


死刑の廃止はたしかに一理あります。

人間が人間の都合で命を奪ってよいのか
という倫理的な問題もありますし、先進国
の中ではアメリカなど数少ない死刑維持の
国の一つです。


ただし、死刑と無期懲役との間には差が
ありすぎて、終身刑制度の導入を先に
しないと死刑廃止は凶悪犯罪を量産しかね
ません。


さらには、被害者の遺族の感情を考えたとき
死刑廃止が妥当かどうか、考えてみる必要が
ありますね。

もしも自分の大切な家族が誰かに殺された
なら、それでも死刑廃止を主張できるのか
ということです。


また、逆に、自分の家族が殺人を犯して
しまったとき、死刑に賛成できるのか。


江戸時代まで、日本の死刑は公開で行なわれて
いました。市中引き回しの上で処刑され、
犯罪の抑止力には少なからずなっていた
と思われます。


アメリカのある州では、電気椅子のスイッチを
被害者の遺族が押してもよいとか。

またある国では、重大事件の犯人の処刑
はテレビ中継されるとか。


現在、8割ほどの国民が死刑の廃止には
反対しております。凶悪犯罪への抑止力
が働かなくなることを恐れているのでしょう。

かといって、終身刑を制度とするのも、
犯罪者を血税で一生養うことになり、
大いなる矛盾が生じます。


今のところは裁判員制度で死刑判決に
相当する事件は扱われていませんが、
いずれは扱うことになるだけに、国会
での本格論議が待たれるところです。

あなたは死刑に賛成ですか反対ですか?



※北海道グルメ通販
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 11:08| Comment(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする