2018年11月23日

レジ袋の有料化

子竜の地元ではとっくに実施されておりますが、環境省
がいよいよレジ袋の有料化を義務付ける方針を固めたよ
うです。

まあ、スーパーはともかく、コンビニでの少数の買い物
にまでレジ袋に入れてもらうのには、気が引けていたと
ころです。



とはいえ、マイバックの持参は万引きの隠れ蓑にもなり
かねないために、万引き対策が急務となりそうですね。

また、各家庭でのゴミ分別にレジ袋が使いやすかったた
めに、マイバックばかりでの買い物というわけにはなか
なかできないのではないかと思われます。



ところで、レジ袋の代金はどのように使われるのでしょ
うかね。

有料化が始まったときには、エコ活動の資金として使わ
せていただきます、と謳われておりました。

実際には、どうなのでしょうか。

エコに名を借りただけの有料化なのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 23:01| Comment(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

自動運転車と運転支援車

最近、世界の自動車業界に技術の大幅革新が起きて
います。

目的地をインプットすれば勝手に行ってくれる自動
運転車と、障害物を避けたりブレーキをかけてくれ
る運転支援車です。



凄いな、と感じた反面、怖いな、とも感じました。

万一事故が発生した場合、誰が責任を負うのかわか
らないものが道路に溢れる状況を想像してみますと
外出するのが怖くなります。

誰も乗っていない車が勝手に走っていて、誤作動す
る可能性だってゼロじゃないでしょう。

無免許や飲酒だっていいのですから、道路交通法を
ガラリと変えないといけません。



一方の運転支援車にしても、追突防止の自動ブレー
キなどは、事故の責任を曖昧にしてしまいます。

運転手はメーカーの責任だと言うでしょうし、メー
カー側はあくまでも補助的な機能だと主張します。

自動運転車にしても、車の所有者が運転を命じた責任
をどう考えるかで、事故後の責任問題が大きく揺らぎ
ます。

誤作動があった場合の証明がユーザーにできるのか。

人類に決して恩恵をもたらさない、とんでもない発明で
はないかと思うのです。



障害物がほぼゼロの空であれば、航空機の自動操縦は
容認されて実用化されました。

しかし、道路は違います。

こんなものが実用化されなければいい、と感じています。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 09:40| Comment(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

路面電車のある風景

富山市で、全国18都市にある路面電車サミット
が開かれました。

昔はもっとあったのですが、少なくなりましたね。

でも、富山市のようにライトレール化して、路線
を延長する動きもあるようです。



路面電車は言うまでもなく、環境にやさしい乗り物
です。排気ガスが出ませんので重宝しますよ。

また、渋滞も関係ありませんし、都市の中心部への
車規制ができるというメリットもあります。



たまには路面電車に乗ってみましょう。

窓から見える景色は、きっといつもと違うはずです。
もしかしたら、愛が見えるかも。。。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 23:52| Comment(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

パーク・アンド・バスライド

金沢市は子竜の住んでいる高岡市から近いので、大河ドラマ「利家とまつ」で有名になった金沢城や兼六園へたびたび出かけます。


金沢市で感心させられるところは、環境汚染対策をキッチリやっているところですねバス

マイカーで訪れた観光客は、高速道路を降りたところにある駐車場に車を置いて、あとは専用の観光周回バスに乗ります。

料金は大人1000円で、観光スポットごとにある停留所からその日のうちなら何度でも乗れますし、待ち時間も最大で20分ほどしかありません。


最初は高いと思ったものですが、観光スポットごとに有料の駐車場に入れることを考えますと、ずっと割安なのです。

名づけてパーク・アンド・バスライド


バスとスライドを掛け合わせたすてきな名称でした。
posted by 子竜 螢 at 00:36| Comment(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

本当にエコ?

富山県の食品スーパーがレジ袋の有料化をはじめてから全国に普及しましたが、同時に、ゴミの分別も細分化されたようです。

一見、とてもいいことのように思える制度なのでが、一部からは疑問の声も上がっています。

というのも、各地方自治体のゴミ焼却施設では、ほとんどが生ゴミだけになってしまったのでカロリー不足に陥り、多量の重油を噴霧してやらないと燃えてくれなくなったからなのです。

重油1リットルからは、スーパーの平均的な厚みと大きさのレジ袋が約6000も枚できますから、レジ袋も一緒に燃やすほうがずっとエコ、ということになるのです。

しかも、分別採集したレジ袋を再生するにも石油を原料とした電力を大量に消費するのですから、本当にエコ? と言いたくなります。

あなたはどう思いますか?
posted by 子竜 螢 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | エコロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする