2009年12月06日

県名と県庁所在地が違うのはなぜ?

今は同じでも、以前は県名と県庁所在地
とが違っていたところが多くありました。

ざっと列記しただけでもこれだけありますね。


北海道・岩手県・福島県・栃木県・群馬県
埼玉県・神奈川県・石川県・滋賀県・三重県
兵庫県・島根県・愛媛県・香川県・熊本県


この違いが小学校のときの社会科の時間に
子供たちを悩ませていたのですから、覚え
られなくて困った経験をお持ちの方も多い
と思います。

ちなみに、福島県の政庁があった場所は
会津若松でしたし、熊本県は白川県でした。
埼玉県は最近まで浦和でしたよね。


なぜ、こうして違う県ができたかというと
明治維新の戊辰戦争が大きくかかわっています

当時の薩長を中心とする官軍は、あちこちで
激しい抵抗を受けました。

その腹いせとして、抵抗した地域には政庁が
あった土地の名ではなく、付近の郡部の名を
冠したのです。


後に白川県などは明治政府に謝罪をしたため
熊本県と改めてもらえるようになりました。


それにしても、明治の新政府は子供じみた
報復をしたものですね。日本を天皇のもとに
ひとつにしようという理念はどこへやら。

笑ってしまうような維新史の裏側でした。


posted by 子竜 螢 at 00:59| Comment(0) | カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

鉄女と歴女

近頃こう呼ばれる女性が多くなってきました。
鉄道車両や戦国時代の武将などは男の子の
専売特許だったのですが……たらーっ(汗)


人気漫画に登場した鉄子。
戦国アクションゲームの武将たち。



女性が鉄道や歴史に疎いという定説は
見事に覆されましたね。

その半面で、料理自慢の男性や裁縫上手な
男性が
現れたりして……がく〜(落胆した顔)


善悪は別として、男女共通の話題が増えた
のは事実です。双方の歩み寄りといった
ところでしょうか。

あなたは何男何女と呼ばれたいですか。

posted by 子竜 螢 at 09:37| Comment(0) | カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

子竜螢の記憶術 2

昨日の記憶テストの結果はどうだったでしょうか?

悪い結果でも落ち込まないでくださいね。これから述べます方法ですと誰でも完璧に覚えられますから


ここからが、子竜からのプレゼントですプレゼント


ボールペン
ビール
トラック
ラーメン


以上が覚える課題でしたよね。

まず、覚えやすいように二つずつに分けましょう。

ボールペン
ビールトラック
ラーメン


次に、この組み合わせで、現実には絶対にありえない場面を想像します。

たとえば
ミサイルのような大きなボールペンの横っ腹に刺さっている。

大きなビール瓶の上にトラックが乗っかっている。

ラーメンの器が丼ではなく大きなの花でできている。

どうでしょうか。とても印象的ですから死ぬまで忘れないかもしれませんね。


逆に悪い例としましては、現実にありえる想像をしたときです。稀にでも見かける場面ですと、記憶に残りません。

たとえば
トラックの上にビールが乗っている。

酒屋さんの配達トラックではお馴染みですから、すぐに忘れてしまいますちっ(怒った顔)


とんでもない事件をいつまでも覚えているように、とんでもない度が大きければ大きいほど、長期間の記憶が可能ですよ。

ぜひ、実生活にお役立てくださいわーい(嬉しい顔)





posted by 子竜 螢 at 10:58| Comment(0) | カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

子竜螢の記憶術

小説を書こうとするとき、さまざまな知識が要求されますが、もちろん小説家がすべてのことを知っているわけがありませんよね。

そこで、インターネットや図書館などで調べることになるのですが、ひとつの作品の中に何度も出てくることは、メモしておくのはもちろんですが頭の中で覚えておかないと不便で仕方がありません本


では、どうやって覚えるのか
受験生の人はとくに興味あることと思います。

だから、今日と明日で思い切って秘訣をオープンにしちゃいましょう。


その方法とは……
続きを読む
posted by 子竜 螢 at 09:17| Comment(0) | カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

読書感想文の書き方

夏休みの宿題に読書感想文という厄介なものがあります。暑くてじっくり本を読むような季節じゃないのに先生方は何を考えているのでしょうか?晴れ

子竜はこの宿題には反対です。おしつけの読書がいいなんて思いませんよ。

でも、どうしても書かなきゃいけないのなら、30分で書ける方法を教えましょう本
 
本を1ページも読んでいなくても大丈夫です


子竜流の読書感想文の書き方とは……
続きを読む
posted by 子竜 螢 at 12:18| Comment(2) | カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

14歳の挑戦!

子竜の出身地であります富山県が発祥だったと思いますが、14歳の挑戦という制度が今では全国的に普及しています。

中学2年生に一週間ほど職業体験させるというものですよねイベント

でも、最近は不況で、受け入れてくれる企業が少ないから、先生方も困っているとか(^^;)

だからといって、小説家の体験希望を受け入れるわけにもいかないし……。

早く景気回復が実感できないものでしょうかね。




posted by 子竜 螢 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

英語の授業

中学生の頃、授業をいい加減に聞いていたからでしょうか、英語だけはサッパリわからん、というまま大人になってしまいました。

それから30年以上が経った今になって、苦手なままで人生を終わりたくないと思うようになったのです。

それからは自分のレベルに合った教材探し。英会話のCDセットなんかも高いお金で買ったりもして……。

でも、サッパリわからんのは今も同じ。

ムムッ! どういうことだ!

考えてみれば、中学から大学まで10年も勉強させられるのに、まともにしゃべれる人はほとんどいない。

近々小学校の高学年も英語が必修になるらしいけど、今の英語教育のありかたを見直したほうがよくはありませんかね。

はっきり言いますけど、子竜のダメ英語は、自分のせいなんかじゃありませんからね。
posted by 子竜 螢 at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カルチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする