2015年06月27日

徴兵制度は有り得ない

9月27日までの会期延長が決まった国会で、自公が
最優先で可決を目指しているのが安全保障にかかわ
る改正案です。

しかし、反対勢力の一部や一般の人の中には、将来
の徴兵制度につながるのではないかとの懸念が囁か
れており、週刊誌でも記事になったりしております。



はっきり申しまして、日本で徴兵制度は絶対にあり
えません。それこそ軍事防衛に疎い人の被害妄想的
な意見です。

なぜなら、徴兵制度にいくらの予算が必要か、と考
えたならすぐにわかります。



たとえば、陸上自衛隊に入隊するものとすると、制
服と武器などの装備だけで一人数十万円はかかるで
しょう。

プラス、食費や光熱費、宿舎のメンテナンスなど、
仮に20歳の男子が全員入隊するとなると、何兆円
もの予算が必要となるのです。

日本の財政状態では不可能ですね。

こういう誤解を排除した上で、正しい意見判断を
しましょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:徴兵制度
posted by 子竜 螢 at 20:57| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

沖縄の声とは

左翼系の新聞や週刊誌には、よくこう書かれています。

安部総理はなぜ沖縄の声を聞かないのか、と。

こういう論調はいささか事実誤認かと思われますので
解説を加えてみたいと思います。



たしかに、現沖縄県知事は基地反対の翁長氏です。

しかし、当選したときの得票は僅差でしたから、翁長氏の
発言がすべての県民の声とは限りませんし、仲井間名護市長
のように、海兵隊基地の返還を辞退する人もいるわけです。



また、基地反対のデモに加わっている人の大半が沖縄県民で
はないとの調査もありまして、沖縄の声とは何なのでしょうか。

まさか、尖閣への領海侵犯を繰り返している中国へは何の抗議
声明も発しない無言のことを言っているのでしょうか。

海兵隊の基地がなくなると多くの雇用が失われて困る、という
名護市長の声も沖縄の声ではないのでしょうか。

いいえ、雇用の問題ばかりじゃありませんね。基地があることに
よって特別な助成金を貰っているのは原発立地と同じなのです。



もちろん、戦争による多くの犠牲者がありました。それはとても
悲しい歴史です。

でも、本土の都市部では空襲によってもっと多くの人が犠牲にな
りましたし、基地を抱えている地域もあります。

沖縄だけが特別なのではありません。



本気で基地をなくしますと、間違いなく中国軍がやってきます。

そして、米軍基地が中国軍基地に変わり、最高のリゾート地とし
て県民は中国の山の中へ移住させられて、代わりに中国の富裕層
が住人となるでしょう。

これは、チベットでもウイグルでも実際に実行されていることです。

感情論ではなく、現実をしっかりと見据えた声こそ、聞きたいと
思うのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:普天間基地
posted by 子竜 螢 at 23:12| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

安保法案はどうなるのか

国会は今、混沌とした状態になりつつありますね。

安全保障に関する改正法案に、自民党が参考人として招致
した憲法学者さんたちが、こぞって違憲と発言したことか
ら、自民党の議員の中からも反対意見が出始めています。



実際にも、いろんな世論調査でも反対意見のほうがやや上
回っております。

しかし、だからといって反対する理由が同じなののではあ
りません。共産党や社民党が言う戦争できる国になるとの
意見に賛同しているわけではないのです。



どういうことかと申しますと、国会議員の議席数が今の数
なら憲法改正の動議を持ち出せるのに、あくまでも解釈の
変更によって進めようとしている安部総理への批判だろう
と思われます。

護憲派はもちろん反対。改憲派も反対というちょっと異常
なやり方が与党内からも批判を受けているわけです。

その一方で、連立政権を組む公明党の公式見解が伝わって
こないのはなぜかと感じます。

法案に作成しているからには、護憲でも改憲でもなく、や
はり解釈の変更のみで事足りると考えているのでしょうか。



その時々の政府が憲法の解釈を変えていいことになります
と、それこそヒトラーやスターリンのような独裁者を誕生
させてしまいます。

現行の憲法を初めて国民の信を問える絶好の機会なのです
から、解釈の変更などという姑息な手段ではなく、堂々と
改憲動議をやればいい。

その結果、国民投票で否決されたなら、橋下氏のように
潔く政治家の看板を下ろすべきでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:集団的自衛権
posted by 子竜 螢 at 11:58| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月26日

憲法と集団的自衛権

集団的自衛権の拡大解釈が、憲法の改正手続きを踏まずに
閣議決定されたことについて、大きな危惧を抱いた人は多
いでしょう。

現憲法の改正を望んでいる人には、小手先の詭弁としか
映らないでしょうし、護憲の人にはとんでもない話その
ままです。



ひとつだけ確認しておきたいのは、日本国憲法に第九条が
あるから戦争にならなかったのではなく、アメリカとの安
全保障条約や自衛隊の整備が大きな要因だったと思います。

戦争というのは、仕掛ける場合だけではなく仕掛けられる
こともあるもので、永世中立国のスイスでさえも徴兵制度
を堅持していますし、第二次世界大戦では双方の陣営から
合計196回もの空襲を受けました。

これは誤爆などではなく、我がほうに付けとの脅迫爆撃
だったのです。



ですので、平和憲法さえあれば安全という意識には賛成
できませんし、憲法改正の手続きを踏まない集団的自衛
権の拡大解釈にも同意しかねます。

とにかく、終盤国会からは目が離せませんね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:集団的自衛権
posted by 子竜 螢 at 13:47| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月20日

暴走する北朝鮮

玄永哲人民武力部長が粛清処刑されましたね。北朝鮮では
軍部のトップにあたる人物です。

これまでずっと中国の軍部とパイプをつないできた人物と
して知られていただけに、一昨年の張成沢氏粛清で政治面
でのパイプを弱くしたことも含めますと、北朝鮮が中国と
の関係を重視するよりも、金正恩体制の確立を優先し始め
たことが窺えます。



表面上は北朝鮮の内政問題ですので、米中ともコメントは
控えておりますが、両国の危惧するところは正反対でしょう。

アメリカは、韓国との軍事衝突発生の危険が高まったと判断
しているのではないでしょうか。

また、中国は、北朝鮮軍部のクーデター危機を憂慮しており
朝鮮半島で再び混乱が生じるかもしれないと考えていること
でしょう。



両国共に半島の緊張が高まったと考えているのは間違いなく、
韓国は反日政策など今すぐにやめて対処しなくてはなりません。

しかし、朴大統領は政権維持で精一杯のようですので、何が
起きるかわからなくなってきました。

潜水艦からのミサイル発射実験でも示されたように、北朝鮮の
脅威は日に日に増していますね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:北朝鮮
posted by 子竜 螢 at 22:36| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

アメリカの新海洋戦略

3月に発表されたアメリカの新海洋戦略では、仮想の敵
として中国を名指ししております。

その戦略には日本、オーストラリア、ニュージーランド、
タイ、韓国という海軍保有国が名を連ね、協力国として
インドの参加も謳っております。



まさに、東シナ海から南シナ海にいたるまでの中国海軍
封じ込め戦略ですね。

日本のシーレーンとも一致する話ですので、これほど頼
もしいことはないのですが、先日閣議決定された集団的
自衛権の法案では、必要とあれば自衛隊が周辺以外にも
派遣できるようになっておりました。

抑止力として働くのか、あるいは緊張を高めるだけなの
かは、中国の反応次第でしょう。



今のところ、新海洋戦略への明確な反応はありませんし、
日本のまだ可決されてもいない法案への反応もありません。

でも、何か必ず示すだろうと思うのですが、どんな形に
なるのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:中国包囲網
posted by 子竜 螢 at 23:54| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

日本の防衛費のランキング

ストックホルムにある国際平和研究所の統計発表に
よりますと、一部が推計値ながらも、中国の軍事費
が日本の防衛費の3倍を超えたと報じました。

また、日本の防衛費はインドとドイツを下回り、前回
発表の世界7位から9位になっています。



このところ、J-20という中国が開発中のステルス戦闘
機のことが海外メディアでよく採り上げられるように
なってきましたが、アメリカの空母を撃破できるとロシ
アのメディアが報じる一方で、中国メディアは懐疑的
なようです。

まあ、実際に戦ってみないことにはわからない部分が
多すぎますから、性能のカタログ値だけで判断するし
かないのでしょう。

とはいえ、着実に軍備を増強中の中国は、日本のみな
らず周辺国には脅威です。


しかし、日本以上のペースで少子高齢化が進んでいる
中国が、はたしていつまで軍拡を続けられるかといえ
ば、懐疑的なところも多々あるでしょう。

インドも対中国を視野に軍拡をはじめましたので、中国
の独り舞台となる事態だけは避けられそうです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:防衛費
posted by 子竜 螢 at 14:58| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

レオパルト2

今年に開催が予定されている先進国首脳会談に、主催国
のドイツがロシアを招かないと表明しました。

かつてG8だったものがG7に戻るわけですが、いうまでも
なくロシアのクリミア編入への制裁であり抗議でもあります。



ドイツは最近、過剰な感じの防衛兵器を他国へ売却してき
ました。その主なものが戦車でして、300両ちょっとあった
ものを100両減らしていたのです。

しかし、ロシアが国際世論を無視してクリミアを編入して
しまった今、地理的にも近いドイツは脅威と感じたのでしょ
う。売却したレオパルト2という戦車100両を買い戻して
いるのです。



レオパルト2は、かつてのキングタイガーを思わせるような
外観で、もちろん性能は格段に優れています。

キングタイガーが登場したときにはすでに敗戦が決定的で
したから、ロシア兵はいかなる対戦車砲も通じないドイツ
の新型戦車に恐怖しつつも、数で圧倒したのでした。

しかし、今はもうすでに現役として存在しています。

重厚な威圧感が漂っておりまして、それに比べますと陸上
自衛隊の戦車は物足りなく感じるほどです。



もっとも、実戦で使われることのないように祈りたいもの
ですね。

平和が一番です。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 11:47| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

ついに空母が就役

海上自衛隊に本格空母が登場しましたね。「いずも」
と命名されたヘリ搭載艦ですが、大きさや概観からし
ても本格的な空母です。

幅が38メートル、全長248メートルですので、全長
だけが大和型戦艦より15メートルだけ短いのです。



いまのところはオスプレイと戦闘ヘリのみの運用ら
しいのですが、「いずも」型はもう一隻建造中でし
て、二隻が揃ったときにはF35戦闘機の運用仕様へ
変更されるのは間違いありません。

戦時中に大和型戦艦の3番艦から空母へと変更され
た信濃以来の空母です。

2番艦の武蔵が発見されたタイミングで就役を迎え
るのも、なにかの縁でしょう。



これで中国で建造中の空母が就役したとしても、怖
くはありませんね。

実際に空母を運用して戦った経験があるのは日米英
だけですので、負けはしません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:いずも
posted by 子竜 螢 at 12:48| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

あなたなら戦いますか

ライブドアのニュースサイトに、気になるアンケート
があったので、投票してみました。

日本が他国から侵略を受けたとき、あなたなら戦いま
すか、というアンケートでした。



子竜は当然戦うほうに投票したのですが、これまでの
集計結果では、戦う人は43パーセント、戦わない人は
47パーセントで、戦わない人のほうがやや多かったの
には意外でした。

残りの数字は、わからないという回答です。



日本はとてもいい国です。蛇口を捻ると飲める水が出
てきますし、6歳になれば学校にも通えます。

これが当たり前だと思っているなら間違いでして、これ
だけの生活インフラが揃っている国は先進国の中でも稀
なのです。

戦わずに占領されてしまった場合、今の生活が続く保証
など何もありません。強制的にどこかへ移住させられる
かもしれませんし、相手国の誰かと結婚させられるかも
しれないのです。

いいえ、それだけならまだしも、一生強制労働させられ
て、人生を終えるかもしれないのです。

日本からの侵略戦争ならいざ知らず、侵略を受けた場合
でも戦わないという人は、どういう扱いを受けてもいい
と考えているのでしょうか。



実際に戦うとしても、自衛隊の足手まといにならないよう
後方支援しかできそうにありませんが、大切なのは気持ち
の問題でしょう。

逃げる、もしくは無抵抗という考えの人は、考え直して
いただきたいですね。

まさか、敵に内通して、自分だけは待遇をよくしてもら
うつもりなのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:防衛
posted by 子竜 螢 at 17:04| Comment(4) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

在韓米軍の撤退

アメリカ国防総省によれば、韓国に駐留している第一機甲旅団
を来年引き上げさせるという。

第一機甲旅団は4500名規模の戦車部隊で、北朝鮮に対する抑止
力として配備されていました。



在韓米軍の総兵力は2万8000名ですので、少なからざる兵力の
削減です。

ただ、テキサス州から代替の部隊を派遣する案もあるのですが
精鋭の第一機甲旅団とは比べ物にならない装備ですので、実質
の兵力削減と言っていいでしょう。



では、なぜ在韓米軍を実質上削減するのか。

もちろん、北朝鮮からの脅威が減ったわけではありません。こ
れには懲罰的な意味が含ませているというのです。

アメリカとしては、大切な同盟国である日本に対して理不尽な
攻撃ばかりをしている韓国への戒めだというのです。



真偽のほどは定かではありませんが、韓国の反日政策は国民の
不満を外へそらすだけの意味しかなく、経済面でどれほど損を
しているのか考えてみるべきでしょう。

とはいえ、うっかりと日韓首脳会談に応じたなら、大統領の命
が即座になくなる国ですので、どうしようもないのでしょうね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:在韓米軍
posted by 子竜 螢 at 14:19| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

戦争を誤解している日本人

集団的自衛権の問題がどう決着したのか。

結局は制約を二重三重にして、個別的自衛権とそう
違わないところで今のところ落ち着いているようです。



それよりも注視すべきは、こういう問題が出てくる度
に、日本が戦争へと向かっている、という考えを抱く
人たちがいることです。

そういう人たちは、戦争というものを誤解していますね。

優れた兵器と戦闘意欲があるからといって、戦争に及ぶ
なんてことは絶対にありません。

なぜなら、戦争とはあくまでも国際問題解決の手段であって、
戦うことそのものが目的ではないからです。



戦争に及ぶには、多大な犠牲と莫大な費用を必要とします。

それに見合った価値のない戦いなど、挑めるものではありま
せんから、専守防衛の姿勢が崩れることは絶対にないでしょう。

仮に、近隣諸国への侵略戦争を開始するとしてですが、魅力
ある場所があるでしょうか。

半島? またあの人たちの面倒を見るのはコリゴリですよね。

大陸? 旧日本軍でさえも相手を降伏へと追い込めませんで
した。自衛隊の人数で可能とは思えませんね。

北方? ロシアには返り討ちにされます。

南方? 相手の降伏占領は可能でしょうけれど、インフラの
整備などに莫大な税金の投入が必要な上に、国際社会から
反発を食らって、結局は世界中を相手の戦争へと発展します。



というわけで、日本のほうから戦争を仕掛けたとしても、何
の益もなく、日本の財政が一気に破綻するだけです。

すぐに侵略主義の復活だの、軍事国家への転換だのと騒ぐ前
に、戦争なんてできるものかどうか、分析してみるべきです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:集団的自衛権
posted by 子竜 螢 at 12:18| Comment(3) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

中国の空母で訓練事故

中国の遼寧という空母で、訓練事故がありました。

殲15戦闘機2機が離発艦訓練の際に失敗したもので
パイロット2名が死亡しました。



遼寧はロシアのミンスクを買い取って改名しました
が、老齢艦であり充分な速度が出せません。

搭載機の離発艦時には風向きを考えて全速航行する
のが基本なのですが、現代の戦闘機に向いている母
艦とは言いがたくなっています。



以前にもお伝えしましたように、実戦で空母を運用
したのはアメリカとイギリスと日本のみ。

もちろん空母だけではなく、護衛艦も含めた艦隊運動
の訓練も欠かせませんから、そういう意味でも鈍足と
化した遼寧は時代遅れです。



一部では新造空母の噂もありますが、大型艦の設計と
建造はそう簡単ではありません。

1万トンクラスの巡洋艦を建造した経験がないまま、
一気に何万トンもの大型艦は造れないのです。



そして、香港紙によれば、超音速滑空ミサイルの実験
にも失敗したとのことで、成功しているアメリカとの
戦力差は開くばかりです。

もうそろそろ、軍拡競争を諦めたほうがいいと思いま
すが、それでもやめないのでしょうね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:遼寧
posted by 子竜 螢 at 23:31| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

未熟な中国空軍

中国空軍の事故などによる死者が1747名にのぼりました。

航空自衛隊では考えられない人数ですね。そこのところを
検証してみましょう。



尖閣諸島の周辺や南シナ海で自衛隊機とニアミス状態にな
るのもしばしばですが、中国空軍の実力は、犠牲者の数字
となって表れております。

すなわち、機体性能の劣悪さに加えて、訓練不足が主な
原因です。

整備の技術もそれほど進んではいないのでしょう。



とすれば、空母の実用化は何十年も先の話となりそうです。

母艦のパイロットは、基地パイロットよりも何倍もの熟練
が必要なのは、日本が太平洋戦争で経験済みのことです。

いや、実戦で空母を運用したことのある国は日米英の三ヶ国
のみですから、戦術面と運用面での熟練も必要なのです。



というわけで、万一にも中国軍が尖閣諸島へ押し寄せてくる
こはないでしょう。

実力の差は中国軍が一番知っているはずなのです。



※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html

%
ラベル:中国空軍
posted by 子竜 螢 at 23:56| Comment(4) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

集団的自衛権で合意のもよう

集団的自衛権の閣議決定をめぐって、自民と公明が合意
する運びとなりました。

しかし、国会での審議を経なくてはならず、まだまだ
先は長そうです。



改憲せずに憲法解釈を変えるというのには、自民党の
内部でも反発が大きいようで、国会での採決となりま
すと、かつての郵政選挙のような分裂騒ぎになるかも
しれません。

すでに絶対賛成しないと明言している議員もいますから、
波乱は必至です。

また、公明党と同法案に反対の創価学会との関係も微妙
であり、次の選挙には影響が出そうです。



2年間は国政選挙がない予定でしたのに、衆議院の解散が
秋の臨時国会以降にあるかもしれません。

安倍総理は、パンドラの箱を開けてしまったのではないで
しょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html

%
ラベル:集団的自衛権
posted by 子竜 螢 at 23:49| Comment(7) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

集団的自衛権と憲法解釈

安倍総理は、歴代内閣の憲法解釈を捨てて、現憲法下でも
集団的自衛権の行使が可能としています。

ただ、日本の領海領土に限定するとしている点で、当初の
構想から一歩下がった感があります。



よくわからない点は、日本の領海領土に限りますと、個別的
自衛権とどこが違うのか、という話になる部分です。

領海領土にて同盟国軍が攻撃を受けるということは、日本が
攻撃されているということであって、憲法解釈の変更など、
ことさら必要なのかどうか。

まあ、自衛隊に海外で戦闘行為させるわけには行かないから
苦し紛れの解釈後退なのでしょうけれど、どうにもわかりま
せん。



もっとも、本筋としては改憲するべきなのですが、国会議員の
3分の2はともかくも、国民の過半数の賛同を得るのが難しいと
踏んだのでしょう。

かといって、内閣が代わるごとに憲法解釈まで変更されたなら
憲法は役目を果たせません。

やはり、賛否は別として、解釈による集団的自衛権の行使には
無理があると思われます。



そして、集団的自衛権を行使した際に、相手国から日本が敵視
される恐れもある以上、もっともっと時間をかけて審議すべき
問題ではないでしょうか。

行使したがために日本が宣戦布告されましては、大変なことに
なりますからね。早急な決定は論外でしょう。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html

ラベル:集団的自衛権
posted by 子竜 螢 at 15:33| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

中国は軍事大国なのか

数日前に、日本は軍事大国なのか、という記事を
掲載いたしました。

今日は、中国の軍事力に対してです。



軍事大国という定義は、航空機や軍艦の保有数に
プラスして、総兵員数を加味したものとなりますが、
兵器の質もまた重要な要素でもあります。

しかし、19世紀末からの近代戦においては、現有
兵力だけではなく、補給力や生産力も加味しなく
てはならなくなりました。

要するに、戦争継続能力とでもいいましょうか。



こういう定義に当てはめてみますと、中国もやはり
軍事大国ではありませんし、なれない国ですね。

なるほど、軍事予算は毎年伸びています。

しかし、軍隊の多くが地方暴動の鎮圧のために待機
している状態ですし、一人っ子政策のために大部分
の兵士が家庭にとってかけがえのない若者なのです。

共産党の指導部がいくら戦争を決意したとて、従軍
拒否する若者が多数出てくるのは目に見えています。

戦死した場合、遺族に対する社会保障制度もなく、
国が面倒をみれるはずもありません。



というわけで、本気で大規模な戦争ができない国
でしょうね。

ただし、尖閣諸島限定の地域紛争であれば、中国も
本気になるかと思います。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:軍事大国
posted by 子竜 螢 at 12:57| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

北朝鮮が危ない

北朝鮮の金正恩第一書記が、昨日31歳の誕生日
を迎えました。

ところが、国を挙げての祝賀ムードになるかと思
いきや、祝日にもならずメディアが労働党の活動
を20分ほど称えただけでした。



ある精神科医は、自身のサイトでこう述べています。

金正恩氏は張成沢氏処刑のトラウマに陥っている、と。



また、韓国の情報機関によると、張成沢氏を有罪に
したものの、機会をみて一命だけは助けるつもりだっ
たのではないか。

その証拠に、裁判後すぐに処刑されたと聞き、そんな
に早く処刑してしまったのか、と涙していたという。

張成沢氏の罪状を調べ上げたのも処刑を即座に断行
したのも、張成沢氏の代わりにポストに就いた人物
だというのです。



こういう状況下ですから、叔父を粛清処刑したこと
への後遺症が出てくる頃、と精神科医は指摘してい
ます。

金日成も金正日も、数多くの人物を粛清してきまし
たが、処刑を公にしたのは金正恩氏が初めてであり
まして親族ですし、一生冷酷な人物と評価され続け
ることに耐えられるかどうかが心配だというのです。

つまり、鬱屈したものを爆発させる時期は近いと
思われるのです。

しかも、張成沢氏の粛清処刑を正恩氏の体制が固まっ
たからとする見方がある一方で、上記の理由により
軍部の勝手を止められなくなっているとの見方も。



親も兄弟も別離して、張成沢氏の妻である叔母も公式
の行事に姿を見せなくなりました。すでに死亡してい
るという情報もあります。

妻とされる女性も、ずっと姿を見ませんね。

妻がかつて在籍し交際していた交響楽団のメンバーを
も粛清したと伝えられているからです。妻も処刑され
たのではないかと憶測されているほどです。



このような真の孤独に長く耐えられるようにはでき
ていないのが人間です。

人の間と書くように、集団で暮らすのが人間ですので
どこかで爆発する可能性は大きくなったと思われます。

そして、軍部のコントロールを失っているとしたなら
今年の北朝鮮は要注意です。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 09:03| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

日本は軍事大国になれるか

結論からいいますと、日本は軍事大国などには
絶対になれません。

なぜなら、すでに財政破綻を起こしているからです。



靖国神社の参拝や実弾の供給問題などをめぐって、
韓国や中国は日本の軍事大国化を懸念していると
報じています。

どんな考え方をすればそのような妄想が生まれる
のでしょうかね。

おそらく、日本人のほとんどは平和を矜持してお
りますし、戦争など望んではおりません。

靖国参拝が不戦の誓いであるのは、いうまでもない
ことでしょう。



中韓の意見はさておき、日本が軍事大国になれる
かどうかを検証してみると、ほぼ不可能だという
ことがわかります。

まず、これ以上の増税をしますと、中小企業と
国民の大半が耐えられません。

また、徴兵制度を復活しますと、少子高齢化に
拍車がかかってしまいます。若者を戦争で大量に
失うことのできない国なのです。



以上の理由から、日本は兵器の質でしか大国には
対抗できないでしょう。

その昔のワシントン軍縮条約で日本が主張していた
対米6割の軍備が精一杯のところなのです。

中韓の主張は、日本へ抗議するというより、内部の
不満分子を抑えるためのものだったのでしょう。

すきなだけ言わせておけばいいのかも。。。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:靖国神社
posted by 子竜 螢 at 21:32| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

辺野古沖を埋め立てへ

沖縄在日米軍の普天間基地が、辺野古沖を埋め立てて
移転することになりそうです。

これまで県外移転を主張してきた沖縄県知事が、辺野
古沖の埋め立てに賛同したものです。



辺野古沖はさんご礁が見事な場所で、これまでは環境
保全の立場からもあって、県外移転が叫ばれてきまし
た。

しかし、最近の中国の出方により、危機感を覚えたの
でしょう。在日米軍がいなくなれば自衛隊が替わりに
大挙して駐屯するので、実質的な変化は期待できない
との判断もあったろうと思います。



ともあれ、基地の移転問題はこれで決着しそうですが
沖縄県民の大半が納得しているとは言いがたいだけに
まだまだ二転三転する可能性は残されているかもしれ
ません。

最終的にはどのような形に落ち着くにせよ、南西諸島
の防衛に沖縄の基地は欠かせません。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:普天間基地
posted by 子竜 螢 at 08:28| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。