2011年07月05日

小説家を目指すあなたへ

子竜がよく言われることに、次のようなもの
があります。

「自由時間が多くていいですね」



いいえ、不自由時間のほうが多いほどですよ。

なぜなら、常にアンテナを働かせて、どんな
些細なことも見逃さずに、疑問を持つことから
ネタ作りにしているのです。



本当にそうなのか?
どこかにバグは潜んでいないか?



などなど、他人様の意見を鵜呑みにするようでは
自分なりの小説など書けませんし、書く意味が
ないでしょう。

ただの模倣では、どうしようもないですからね。

なので、居酒屋やスナックで酒を飲んでいるとき
でも、他の客の会話には密かに耳を傾けています。

ほほう、人間ってこんなことで悩むものなのかってね。



よく、子竜さんは才能があって良かったですねって
とも言われますが、冗談じゃありませんよ。

いくら才能があったとて、書かなかったら小説家
にはなれません。自分に才能があるかないかは、
書いてみないとわからないし、書き続けないと
わからないのです。

そして、書き続けるのはスポーツ選手に例えると
練習ということになりますね。



小説を書けないという人は、いきなり作品作りに
取り組もうとしている人ですね。

要するに、練習もしない選手がいきなり大会に
出場するようなものでして、スポーツだったら
死ぬことだってあり得ます。



駄文でも何でもいいですし、日記でもいい。
毎日書き続けて、とにかく書くスピードを
上げること。

毎日原稿用紙10枚を書き続け、1時間以内に
終わらせられれば、ようやく出版社からの執筆
依頼に耐え得るようになるでしょう。

ちなみに、子竜は毎日20枚をノルマにしています。
何でもいいから、思いついたことなどを書き続けて
います。



そうすることによって、自然と自分なりの文体が
出来上がり、文章そのものも洗練されたものに
進化してゆくのですよ。

あなたも小説を書いてみませんか?


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 11:39| Comment(4) | 小説家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

ひょうたん島はどこへ行く

放送作家の井上ひさしさんが肺がん
で亡くなられました。享年75歳だ
そうです。


直木賞作家でもあり「吉里吉里人」
が代表作である井上氏をあえて放送
作家と書きましたのは、やはりNHK
の人形劇が印象に残っているからです。


「ひょっこりひょうたん島」
「ネコジャラ市の11人」

懐かしいですね。この世代の人たちは
とくに感慨深いものがあるのではない
でしょうか。


残念ながら、どちらの作品も反体制的
な作品という指摘を受けて途中で終了
してしまいました。

また、奥さんに対する家庭内暴力など
も明るみに出るなど、幼少期に虐待を
受けていたことも併せますと、波乱な
人生だったと思われます。


人が死んだ後はどこへ行くのでしょう?

ひょうたん島のように流れに任せて
行く先々で作品を書き続けるのでしょ
うかね。


ご冥福をお祈りいたします。


※子竜お勧めの無料で学べるお得な情報集
アフィリ系・ギャンブル系・投資系・美容系など豊富に揃っています
http://blog.livedoor.jp/shiryukei/archives/2009-01.html



posted by 子竜 螢 at 13:32| Comment(0) | 小説家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

それでも作家ににりたい人へ 8

小説家という職業はなんの資格も必要としません。
文学賞を獲らないと絶対になれないというわけ
でもありませんし、年齢制限だってない職業です。


最近はご自身のブログに自作品を掲載している
人が増えてきました。中には子竜もびっくり
するほどの書き手もいらっしゃるので、本当に
驚きですねたらーっ(汗)

そういうブログを発見したときには、必ず
読ませていただいてます。

でも、批評のコメントを残すことはあえて
しないようにしています。あくまでも趣味
で書いている人には、批評など必要ありま
せんし失礼ですからね。


ただ、ここをこうすれば、とつい口を出し
たくなる気持ちを抑えるのには苦労してます。

ですから、子竜のアドバイスが欲しい方は
このブログのコメント欄にその旨を記入
いただきURLを添えていただいたなら
さっそく参りますよ。

もちろん、授業料を寄越せなんて言いませ
んからご安心を。


有料の通信教育を受けるのもいいでしょう
けれど、小説家志望の方はドンドン子竜を
無料で利用してくださいませ。

というわけで、子竜は今年も作家志望の
方たちを応援してまいります。




※子竜お勧めの無料で学べるお得な情報集
アフィリ系・ギャンブル系・投資系・美容系など豊富に揃っています
http://blog.livedoor.jp/shiryukei/archives/2009-01.html





posted by 子竜 螢 at 12:50| Comment(22) | 小説家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

師走だから子竜も走る

12月に入った途端、なにかと忙しい毎日です。

師走とはよく言ったもので、先生と呼ばれる
職業の人はきっと走る運命にあるのでしょう。


年賀状・忘年会など、普段の月よりも多くの
活動が求められるのはサラリーマンの人だって
同じですが、小説家などという職業をしており
ますと、書く年賀状の数も年々増えて半端じゃ
なくなってきます。


加えて、原稿の締め切りが年内というキリのいい
ところに設定されていますので、走っている暇
もなさそう。


それにしても、年初に掲げた目標の達成率は
まだ50%
程度なのですから、今年はあまり
いい年ではなかったかも。

今年の流行語大賞が「政権交代」に決まった
とのことですから、来年以降も世の中の変革
が進むことを暗示しているのでしょう。


あなたの今年の目標達成率は何%でしたか?


posted by 子竜 螢 at 01:05| Comment(0) | 小説家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

それでも作家になりたい人へ 4

小説を書くにつけて、一番大切なことは何だと思いますか?

文章力ですか?
ストーリーの組み立てですか?
読書量ですか?




残念ながら、いずれもハズレですちっ(怒った顔)

では、何が正解なのでしょうか。


正解は、小説を通じてあなたが訴えたいテーマです

テーマの見えない小説は、ただの論文モドキであったりただの物語でしかないのですよ。


書くための技術なんて、数を書けば自然と身についてきます。要はテーマなのです。

そして、多くの人から共感を得られるテーマだったなら、もっといいでしょう。


大衆に媚びないテーマ
あなたのオリジナルなテーマ


出版社の人はそのような作品の登場を待っているものなのですわーい(嬉しい顔)



posted by 子竜 螢 at 07:00| Comment(0) | 小説家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

小説家の発想法

子竜がよくひとから質問を受けるのは、作品を書くときの発想法に関することですが、特別な方法があると思っている人が多いようですね本

だから今日は幻滅されるのを覚悟の上で告白します。


執筆に必要な資料以外の読書はほとんどしません
読書よりも映画やDVDをよく観ます
RPGゲームも結構やります
とても暇なときは、国語辞典を眺めています
メモを常に持ち歩いています


こんな感じでしょうかちっ(怒った顔)


つまり、毎日ほとんど仕事らしいことはしていないわけでして(^^;)

ファンの方々には本当に申し訳ございません
posted by 子竜 螢 at 13:27| Comment(2) | 小説家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

小説家の書斎

誰でも一度は覗いてみたい場所とは、小説家の書斎だと何かの本で読んだ記憶があります。


そんなものなのかな、と思いつつ、でも、奇妙なこともあるものだと思ったことを覚えています。


はっきり言っておきますが、小説家の書斎にめぼしいものは何もありませんからね。雑多なメモ書きと資料本がうず高く積まれているだけですよ本

ベストセラーを生み出す秘訣なんて、書斎そのものにあるわけがないです。あくまでも小説家の感性が問題なのですからね。


そうそう、下手をすれば資料の置き場所に困ることがあって、足の踏み場がないことも……ふらふら

「こんな環境でよくすばらしい作品が書けますね」
我が家を訪れた人なら必ず言うセリフです。

「ほっといてください。書斎が整然としているのは、売れてなくて出版社から仕事が来ない作家に決まっていますから」ちっ(怒った顔)


それにしても、最近はよく片付いているなあ。



posted by 子竜 螢 at 01:38| Comment(0) | 小説家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする