2018年09月18日

香水は自己チューなのか

飲食店での喫煙が、副流煙の問題だけでなく匂いについて
も嫌悪されていることから、今度は香水についても議論が
起きております。

SNSである人が「香水は自己チュー」と発言したことから
炎上気味になっているらしい。



たしかに、飲食店で自分の近くに強い香りをプンプン撒き
散らす人がいたなら、匂いの良し悪しに関係なく、料理の
香りが消し飛んでしまいますよね。

いや、万人が好む匂いというものはありませんから、香水
の使用を自己チューと言いたい気持ちはよくわかります。



元々、香水というものは体臭を誤魔化すために開発された
ものでして、毎日入浴している現代人には必要ないかもし
れません。

香水ではなく消臭剤のようなものが普及したなら、いいの
でしょうね。

ネット上で実施されているいろんなアンケートでは、他人
の香水に不快感を感じた人は25パーセントほどです。

でも、タバコは臭いと敬遠しているマダムが強い香水を付
けていたりすれば、愛煙家はきっと猛烈に攻撃することで
しょう。

それは完全なる自己チューですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 15:01| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

就職したらブラックだったとき

就職してみたらブラック企業だった。こういうお悩みをよく耳にします。

面接のときに聞いていた条件とはまったく違っていたり、残業が当た
り前でも休憩時間がなかったり。



ブラック企業はそもそものビジネスモデルとしては成り立っておりま
せんから、従業員を酷使して企業をなんとか維持しているのです。

ですから、なんとか耐えようとしても、ビジネスとしては破綻している
のですから、どうせ長くはありません。

悩むよりも、すぐに退職しましょう。

外食フランチャイズのように出番シフトが決まっていて、代わりの人
がないから、とつい長く働いてしまうものですが、そういうのは責任
感が強いからではなくて、ズルズルとしてしまう性格由縁です。



退職したせいで他の人にしわ寄せが行ったりすることもありますが、
そんなことを気にしていたなら、いつまでも働き続けることになりま
すから、出勤しないことで抗議するしかないのです。

つまり、しわ寄せが行った他の人も続けられませんから順に辞めて
いくことでしょう。人手不足による閉店ですね。

閉店に追い込まれるフランチャイズ経営者というのは、加盟すると
きに本部側の説明を鵜呑みにしてしまって、パートやアルバイトの
給与を低く設定しますしギリギリの人数で回そうとします。

そもそものビジネスモデルが悪いのを、充分に調査しないから世に
ブラックという害毒を撒き散らすことになります。



閉店が決まった近所のコンビニの店長が言っておりました。雇われ
店長さんです。

毎日50万円の売り上げがないと維持できませんし、最低賃金同然
でも雇ってくれと来るのは外国人ばかり。右腕となってくれそうな日
本人は絶対に来ないですし、社員も自分ひとりだけ。

けっこう客が集まってくる立地で儲かっているイメージだったのです
が、内情はまた別ものなのですよね。

そのコンビニは店長ひとりの踏ん張りで今まで存続してきましたが、
いつかは来る限界が来たということだったのでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:58| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

依存症をなくすのは簡単だが

カジノを含めた統合型リゾート法案が、来月にも国会で成立する
見通しです。

それに伴って、ギャンブル依存症への問題を指摘しているのが野
党なのですが、パチンコですでに依存症だらけの日本では説得力
に欠けますし、効果的な対策を打ち出せていません。



しかし、ギャンブル依存症対策はとても簡単なのです。

なぜ人はギャンブルに走るのか、と考えてみますと、答えは簡単に
見つかるでしょう。

はい、経済面で満ち足りていない状況が長く続くことを潜在意識が
拒み、楽しみながら豊かになれるかもしれない方向へと行くからで
すよね。

この、「楽しみながら」というのが曲者でして、ゲーム依存症と共通
している部分でもあります。

すなわち、面白いからのめり込んでしまうわけです。



仮に、大フィーバーしたときの快感などを取り去った機械ができた
としましょう。

画面には操作の説明があるだけで、ボタンもひとつのみ。

100円を入れてボタンを押すと、当たりなら1万円が出てきて、ハズ
レだと100円が没収されるだけのシンプルなもの。

多分ですけど、当たりが10万円でも100万円でも、やる人はパチン
コの1パーセント未満ではないかと思います。面白さがまったくない
からですね。

ただお金が儲かればいいというのではなくて、楽しみがパチンコに
没頭させているわけです。

競輪や競馬では、ゴールまでハラハラドキドキするのが面白いわ
けでして、事前に秘密で走った結果を当てるだけでしたら、ファン
はそれほど増えません。



楽しくないことを長時間続けても儲かればいいと考える人は、労働
したほうがいいと気付くはずです。

確実に収入になるだけ、労働のほうが勝るのです。

ギャンブル依存症は楽しさゆえですので、対策なんて簡単でしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:57| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

IR法案が内閣委員会で可決

いわゆるカジノ法案が、衆議院の内閣委員会で可決されました。

本会議で可決された後、参議院へ回されますが、会期延長論議
とのからみもありまして、成立するかどうかは微妙です。



しかし、野党の反対意見には納得できませんね。ギャンブル依存
者が増えると言っていますけど、すでに日本は世界一のギャンブ
ル大国なのです。

そう、パチンコですね。年間の売り上げが21兆6500億円もある。

マカオのカジノは5兆円。

アメリカ全土では7兆円なのです。



しかも、パチンコ店は全国に1万店舗もあって、普段着で気軽に
行けるのですから、今更カジノを全国に数店舗作ったところで、
ギャンブラーが増えるとは思えないのです。

さらには、日本には競馬・競輪・競艇という公営ギャンブルもあり
ますから、依存症の人がどれほど増えるというのでしょうか。



ギャンブル依存症者をなくしたいなら、まず先に、パチンコの廃止
を訴えなくてはなりません。

パチンコを遊戯という定義のまま放置しておきながら、カジノはダ
メという論法はおかしいのです。

せめて、パチンコ店入場者にはみなし課税を課しましょう。1割の
課税でも、2兆円以上の税収になりますよ。

消費税上げなくてもいいではないですか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 22:07| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

少子化の原因

少子化になっている原因として、子育てに必要な経済力という以前
に、男女の出会いそのものが少なかったり、学歴の重視から晩婚化
しているのが理由だといわれております。

しかし、本当にそれらが根本原因かといえば、違うように感じます。



根本的な少子化の原因は、首都圏への人口集中でしょう。

地方から首都圏の大学へ進み、そのまま就職して戻らない若者が
多く、地方では男女の出会う機会が極端に減っています。

また、一極集中している首都圏では、大卒で就職して、早く認められ
ようと頑張るうちに、すぐに30歳を迎えてしまいます。



早く地方分権を実施したり、首都機能の分散や権限の委譲などに
着手しませんと、晩婚化は止まりません。

地方では物価が安いし家賃も安い。結婚して子育てする環境として
は首都圏よりも優れています。

何がなんでも本社を東京に、というのではなくて、地方発進の企業
は本社を地元へ戻してはどうでしょうかね。

通信技術と交通手段が発達している今、なぜ首都圏に人口が集中
したままなのでしょうか。理解できませんね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:49| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

高齢者の運転

個人差があることなので、なんとも言えないところはあるのです
が、高齢者が車を運転することへの社会不安が年々高まってい
るのは事実でしょう。

70歳以上にはあらためての運転実技講習を課し、75歳以上に
は認知症のテストが課されていてもです。



先日にも、90歳の女性が運転する車が4人を死傷させるという
いたましい事故がありました。

その事故から思うに、運転免許にも定年制が必要ではないか、
というものです。

いや、最低でも、自動ブレーキを装備している車の運転を義務
にするとか、何かの対策が必要でしょうね。



もっとも、山間部などの僻地に暮らす老人にとって、車がなくて
は生きていけません。

そういうひとたちへの配慮も大切ですし、難しい問題ではありま
すが、クリヤーできないことではないでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:46| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

移民の受け入れは下策

年々減りゆく日本の人口を懸念して、移民を受け入れよ、と主張
する人たちがいますね。

これまで積極的に移民を受け入れてきた国がどうなったのか、を
検証もせずに主張するのは無責任だと思いませんか。



それでなくとも、日本には在日朝鮮人という移民が定着しており
まして、一部は日本を敵視しているのです。

そして、日本への同化が進んだグループでは、やはり出生率が
同じになっていて、移民の意味がなくなっております。

いいえ、移民のほうが出生率で高ければ、それはそれで脅威で
しょう。いずれ、日本が乗っ取られてしまいます。



労働力不足だけを補う目的なら、労働ビザの発給だけで事足り
ますし、留学生のアルバイトもありますからね。

なにも、移民とまで拡大させる必要を感じません。

戦前の人口はおよそ8000万人だったのですが、それでも多すぎ
るとして、南米への移民や満州への開拓民として出て行ったの
です。

エネルギーと食料を輸入しているのは今も戦前も同じです。

人口の減少を負の現象とだけ捉えてはならないでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:人口減
posted by 子竜 螢 at 22:08| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

高度プロフェッショナル制度

自民党の強行的な審議開始に野党が怒っているのが、高度プロフェッ
ショナル制度です。

年間104日間の休日を与えれば、一日の労働時間を24時間にしても
構わないという、過労死を助長する法案といわれております。



よくわからないのは、こういうことを考えた人の頭の中ですよね。いく
ら年俸が1075万円以上の高額所得者が対象とはいっても、自分が
そうだったら長続きするのか、と考えてもみないのでしょうかね。

こんな働き方が可能かどうか、審議するまでもなくわかっているはず。

財界からの要望を聞き取るのは大切ですが、そのまま実行に移すと
いう法案は、現実離れしすぎでしょう。



労働を苦役と捉えますと、人間が苦役に耐えられる時間は6時間。

午前中3時間と午後3時間ですから、9時出社で4時退社が妥当なと
ころなのです。

地方では8時5時という企業が多いのですけれど、どこかで2時間分
をダラダラやらないと、精神的には持ちません。

これは、生理学などの点からも証明されている話でして、実験的に
6時間労働を採用している企業はあります。

そして、成果が8時間労働との差がどれほどあるのかといえば、流
れ作業以外の分野ではほぼ同じなのです。

つまり、気持ち的に緩んでいる時間が2時間分あるってことでして、
その間にケガや事故が起きているのではないでしょうか。



とにかく、5日間連続で24時間勤務させてもいいなんていう法案は
論外でして、諸外国から笑われてしまいますよ。

そんなことが可能な人間を一人でもいいから探し出して、可能なこ
とを立証してもらいましょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 14:49| Comment(2) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

嫌煙派が絶対に言わない販売禁止

飲食店をめぐる分煙もしくは禁煙の問題で、嫌煙派が絶対口に
しないのは、タバコの販売禁止です。

タバコは身体に悪く、とくに副流煙は毒だから、自分の近くだけ
では吸わないでほしい、という意見ですよね。



しかし、本気で身体に悪いと思っているなら、製造販売からして
全面禁止にすべきだと主張してほしい。

吸っている人は自己責任なのだから身体の心配をしてあげなく
てもいいのだ、とお考えなら、間違っていますよ。

覚醒剤などの麻薬も自己責任ですからね。



製造販売禁止を謳えない理由は、根拠が曖昧だからなのです。

タバコが身体に良いとはいえないし、発ガンリスクも高いのかも
しれませんが、吸っている人と吸わない人との平均寿命にどれ
ほどの差があるのでしょうか。

じつは、比較したデータはありません。

また、周囲の人を観察しておりますと、喫煙者なのに90歳を過ぎ
ても矍鑠とした人は多いです。



もちろん、妊婦や子供の近くでは吸わないよう配慮した上で申し
あげているわけですけれど、少なくとも吸わない人よりも多く納税
しているのですから、嫌煙派の人はもっと穏やかに歩み寄って
いただけないものかと思います。

いや、製造販売ともの全面禁止にしようというのなら、喫煙者の
大半が賛成してくれると思いますよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:11| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

セクハラとパワハラ

セクハラは犯罪ではない、という麻生財務大臣の意見は別としても
主に女性の主観によって認定されてしまうのは大問題です。

女性が相手の男性に対して好意を持っているか否かで決定される
ので、刑事罰の対象にはできません。



しかし、最近では触らない痴漢も犯罪扱いされるようでして、電車の
中で女性の髪の匂いを嗅いだだけで痴漢行為とみなされます。

しかし、身体に触ったり髪の匂いを嗅いだりするのが恋人であれば、
女性のほうも痴漢扱いはしないでしょう。

つまり、女性側の主観によって犯罪者にされることがあるという、ま
ことに奇妙な刑事罰なのです。

そもそも法律とは、個人の主観に関係なく適用されるべきものであっ
て、好意を持っているからセーフというものではないでしょう。



そして、もうひとつ、職場などでのパワハラという問題があります。

上司が女子社員に昼休みの食事を誘うとした場合、このときにも女
性側の主観次第ではパワハラにされてしまいます。同僚からだとセ
クハラですね。

部下とのコミュニケーションがうまく取れないからこそ飲みに誘ったり
するのですが、パワハラと捉えられてしまいますと、どうしようもあり
ません。

好きな女の子をデートにすら誘えなくなったなら、晩婚化と少子化が
もっと進んでしまいませんかね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 14:04| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

こどもの日

端午の節句、こどもの日ですね。休日ならば何の日であろうと関係
なさそうではありますが、一応は知っておいたほうがいいでしょう。

端午の節句とは、子供がスクスクと成長してくれるよう、親の祈りを
込めた行事の日なのです。



先日報告された人口統計によりますと、15歳未満の子供の数が、
44年間連続して減少しているそうですね。

つまり、団塊の世代二世のときだけがやや上向いたものの、毎年
最低人数の記録を濡れ変えているわけです。



ところで、アイオワ州では、レイプや近親相姦以外で妊娠した場合、
退治の心音が確認された以降の中絶が禁止されました。

これはおよそ妊娠六週間目でして、女性本人すら妊娠しているこ
とをまだ気付かないときだといいます。

ただし、少子化の対策としてではなく、命の尊厳を守るという意味
においては、きっと正しいのでしょうね。



少子化の対策に、コレといったものはありません。

子育てに要する費用のことばかりではなく、手間の問題として女性
の側が子育てというものに積極的ではなくなったからでしょう。

子育てをすればキャリアを積めない。遊べなくなる。自由がなくなる。
などなど、妊娠による体型の崩れさえも理由になっているらしい。

その一方で、子供の笑顔に癒されるのも確かなことでして、個人の
生き方にかかわってくる問題だけに、子供手当てとか保育施設の
充実だけでは解決できそうにありません。

これはあくまでも推測でしかないのですが、今の若い人たちには、
収入の面などからも、親になる自信がないのではないでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 19:52| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

エイプリルフール

今日だけは嘘をついてもよいといいます。がエイプリル
フールですね。

しかし、最近は詐欺メールが横行しておりまして、子竜
のところにも毎日山ほど届きます。



以前にもお伝えしましたが、詐欺メールの代表的なもの
としては、FC2、楽天カードなどの有名企業を騙った
メールの架空請求です。

そして、もっとも多いのは、仮想通貨を買いましょう、
というメールですね。



仮想通貨で詐欺被害に遭った人は多いのですが、すべて
の仮想通貨と取引所が詐欺ではないだけに厄介なのです。

わからない知らないものには手を出さない。

これが一番でしょう。

今日くらいは嘘をつかずにいてほしいですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:詐欺メール
posted by 子竜 螢 at 11:53| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

法定労働時間を6時間にせよ

現在、労働基準法による法定労働時間は8時間と定められ
ております。

また、残業はすべて違法行為であり、労使協定で定めた
ある一定の範囲のみ認められることになっております。



どこの学者さんだったか忘れましたか、人間が強制され
ての労働に向いている時間は、一日六時間だそうでして、
残りの二時間は、効率が上がらないどころか、サボリと
まではいかないものの、直接の勤務内容とは違うことを
して過ごす傾向にあるらしい。

もちろん、八時間を単純労働で過ごしている凄い人はい
ます。尊敬しますね。身体と精神がよく持つものだと感
心させられます。



一日6時間労働というのは、毎日がプレミアムフライデー
のようなものでして、余暇の時間が増えることは精神的
にいいことです。

経済効果も見込めます。

ただし、時給換算のパートさんや派遣社員にとっては、
マイナスかもしれませんね。

でも、副業や兼業がOKなら、検討する余地はあるでしょう。



それでなくとも日本人は働きすぎと言われております。

働き方改革とは、労働時間の短縮から始まるものと思いま
せんか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:法定労働時間
posted by 子竜 螢 at 22:19| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

FC2詐欺にご用心

アメリカ大手のインターネットメディアであるFC2を名
乗った架空請求詐欺で、被害者が急増しております。

先日も、26歳の女性が、有料動画コンテンツの視聴をめぐ
る架空請求の被害に遭ったばかりです。



日本語の公式サイトでも警告しているのですが、架空請求
のメールしか確認しないと、騙されてしまいます。

FC2は完全な前金制度なので、未払い料金というものは
発生し得ません。

子竜のところにも毎日に近いほど請求メールが届きますが、
完全に無視ですね。無視すればいいのです。



しかし、裁判所を通じて請求があった場合には、対抗措置
を取らなくてはいけません。無視しますと敗訴して、負債
が確定してしまいます。

ただ、弁護士に依頼するほどのことではなく、送られてき
た訴状のコピーに、事実ではない、というだけの否定文書
を添付して遅れ返せばいいだけです。

相手とて、負けるとわかつている裁判を継続するはずはな
く、訴えを取り下げることでしょうし、のこのこと裁判所
に出廷などしたなら、架空請求詐欺罪で逮捕される危険性
もありますから、裁判所を通じた請求はまずないかと思い
ます。



オレ俺詐欺に始まった振り込めや架空請求などの詐欺は、
これほどの社会問題となりながらも、まだ被害者がいるこ
とに驚かされますね。

確認という基本的な行動をしてくださいませ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:架空請求
posted by 子竜 螢 at 23:48| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

お通し問題

居酒屋やスナックなどで最初に出される一品料理をお通し
といいます。

江戸時代の中期以降、江戸の街の居酒屋ではところてんを
出していた名残から、突き出しともいわれ、洋風のお店な
ら、客を味で魅了するためのチャームという単語が使われ
たりもします。



しかし、近年、注文もしないのに強制的に出されて会計の
中にしっかり加算されていることから、若い世代を中心に
反発心が広がりつつあるようですね。

また、外国人観光客にも戸惑いを生んでいるようでして、
お通しの問題は根が深いと同時にグローバルな問題にさえ
なってまいりました。



子竜はといえば、お通しの文化に賛成です。

今や座っただけでも5000円くらい徴収されるスナックの
セット料金と比較しますと、わずかなものでしかありま
せん。

しかも、お通し代なりセット料金なりがありませんと、お
店の経営がままならない裏の現状があるのです。

お店の家賃・光熱費・従業員の給与・厨房機器のリース代
などなど、ある一定の料理品質を維持しながら経営を続け
ていくには必要不可欠なものなのです。

そして、仕入れた材料を無駄にしないためにも、お通しが
ないと経営を黒字にするのは難しいでしょう。料理の質を
極端に落としていいなら、簡単なことではありますがね。

わずかな金額のお通しに厳しい目を向けつつも、スナック
のセット料金を問題にしない理由は何でしょうか。



外国人観光客に対する点でも、何も問題はないと思います。

なぜなら、外国へ旅行しますと、規定料金意外にもチップ
をはずむのが当たり前だからでして、料理として出てくる
だけお通しのほうがずっとマシではないでしょうか。



まあ、最近はお通しを出さないというお店も増えてきまし
た。が、それは見せかけだけのことでして、経営上から考
えますと、メニュー料金に上乗せされているはずなのです。

消費税の内税と外税との違い、と考えましょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 11:39| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

報奨金

これから平昌パラリンピックが始まるわけですが、オリ
ンピックのメダリストには報奨金なるものが授与される
のをご存じでしょう。

数百万円から米100表など、これまで厳しい練習に耐え
てきたご褒美ですね。



しかし、我々一般人にはまったく関係ありません、など
と諦めてはいませんか。

じつは、一般人でももらえる報奨金があるのです。



2007年から制度化されたものに、凶悪犯罪に対する有力
情報の提供というのがあります。

犯人の逮捕に結びつけば報奨金がもらえる仕組みでして、
これまで3400万円が支払われています。

ただし、これには身の危険を伴うかもしれませんから、
もっと安全なところでの報奨金がほしいところですよね。



ひとつだけあります。

外国人の不法滞在者の通報です。

留学や旅行目的で来日したものの、その後行方をくらま
しているケースです。おそらく本当の目的は日本での就
労なのでしょう。

そういう人物を入国管理局へ通報すると、不法滞在に間
違いないと認められれば5万円の報奨金がもらえます。



こうした報奨金の種類は、今後増えていくことでしょう。

なぜなら、凶悪犯罪は一向に減らない上に、少子高齢化
による当局の人手不足が考えられるからです。

10年後くらいには、無用ノ介も真っ青な報奨金稼ぎがビ
ジネスとして成り立つようになるのかもしれません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:報奨金
posted by 子竜 螢 at 12:53| Comment(2) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

ブラック企業の定義とは

リスクモンスターという会社があります。東証二部に上場
しており、企業の格付けやコンサルティングが主な業務で
して、この度、興味深いデータが示されました。

実際にいろんな企業で働いている人に意識調査をした結果
が示されたのです。



およそ3分の1にあたる人が、自分が勤務する会社をブラッ
ク企業だと感じているようでして、しかし、半数は今後も
勤続したいというのです。

何か違和感を感じる結果ですよね。

そこで詳しく分析してみますと、どうやら企業内で評価さ
れていないとブラック企業だと思い込む傾向があり、年収
が高くなるにつれて、自社をブラックだと思う人が少なく
なっています。



まあ、当然といえば当然なのでしょうけれど、評価された
いという気持ちはだれにでもあるわけでして、特別な感情
ではありません。

ひょっとすると、上司の些細な発言がブラックだと感じさ
せている可能性もありますから、ブラック度というのは勤
労意欲のパラメーターなのかもしれませんね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:ブラック企業
posted by 子竜 螢 at 23:27| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

女性専用車輌は差別なのか

満員電車で発生する痴漢事件と痴漢冤罪事件を未然に防
ぐ方法として、女性専用車輌が一部導入されております。

しかし、男性が女性に比べて少ない人数しか乗車できな
いことから、男性専用車輌も儲けなくては、差別にあた
るだろうという論調も見られるようになりました。



なんでもかんでも男女平等にする必要はないと思います
し、妊婦さんを優先的に座席へ誘うのは、必要な差別だ
と考えます。

女性専用車輌と似たようなものに、健康ランドの休憩室
がありまして、女性専用ルームはあるのに男性専用がな
くて、多くの男性客が床に転がっています。

男女平等が、いつの間にか女性優遇になっていませんか。



電車の男性客としても、痴漢に絶対間違われない男性専
用車輌がほしいところでしょう。

ところが、何号車に乗れば目的駅の階段の前で降りれる
などという理由で、女性専用車輌に乗らない女性もいる
といいます。

男性専用車輌ができても、乗らない人が多くいるでしょ
うね。

まあ、差別とは言い切れませんが、区別の部類でしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:女性専用車輌
posted by 子竜 螢 at 18:44| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

奨学金破産

奨学金の給付を受けて、返済できないまま自己破産した
若者が、過去5年間で1万5000人以上もいることがわか
りました。

奨学金制度のあり方が問われるとともに、大学への進学
そのものの是非にまで、ネット上では議論されています。



まず、18歳の若者に、しかも収入がまだない若者に多額
の借金をさせる制度は、どう考えてもNGでしょう。

仮に、300万円の借金があったとして、30歳でも返済は
かなりキツイですよ。

しかも、返済が終わるまで結婚しようかという意識には
ならないでしょうから、晩婚化もしくは非婚の原因にす
らなっている。

すべてを給付型にするか、大企業には、給与を支払いな
がら通学させる人材の一定数義務を負わせないと、企業
の人材確保も少子化によって困難になりつつあるからで
す。



そもそも、みんなが無理して大学へ行こうとするのは、
求人が大卒ばかりだからですよね。

しかし、通信制なら年額10万円ほどの学費で済みますし、
働きながらでも学習は可能です。

ただ、通信制大学を卒業したときに、中途採用扱いをさ
れますと意味がなさそうですから、新卒よりもむしろ、
社会経験を積んだ者として見る風潮が望ましい。



ともかく、貸し付ける側の制度もおかしいですし、無理
な借金を抱え込んでしまう側にも責任があります。

この際、常に定員割れしているような大学の統廃合を進
めて、浮いた助成金を給付型にまわしてください。

少子化が進む今後、全国に500もの大学が必要とは思え
ませんからね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:奨学金
posted by 子竜 螢 at 23:39| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

恵方巻きノルマに思う

毎年、節分を過ぎると問題にされるのが、恵方巻きです。

いや、恵方巻き自体に問題があるわけではなくて、売り
方が問題視されているのです。



元々は関西の風習だそうですが、コンビニの本部が全国
に普及させようとして、傘下のフランチャイズ店に半ば
ノルマ同然の押し付けをしているのが問題なのです。パ
ワハラだと言われても仕方がないでしょう。

当然、関西以外の地域ではさほど馴染みがありませんか
ら、店員にノルマ同然のお願いをすることになります。

店員のほとんどが最低賃金同然のアルバイトなので、頼
まれたとしても真剣には売ってくれません。

必然的に、大量廃棄となるのです。



そして、コンビニのフランチャイズ店が抱えている同様
な問題商品として、クリスマスケーキや御節料理などが
あるといいます。

なぜ風習のない地域にまで無理な販売をしようとするの
か。全国に広まったあとでコンビニが扱うようになった
バレンタインチョコとは性質が違うのです。



もちろん、大量廃棄の問題は重大ですし、半ノルマでま
すます人手が足りなくなるものとすれば、自社の首を絞
めているに等しい販売戦略ではないでしょうか。

コンビニ本部は、なぜ店員に最低賃金しか支払えないの
か、よく考えてみるといい。

なぜ人手不足になって閉店する店が増えているのか、考
えないのですかね。不思議です。



コンビニが世の中に登場したときと今とでは、人々の生
活様式がガラリと変わりまして、定年が延長されたり年
金の支給開始時期が繰り上げられたりしているのです。

また、少子高齢化によって、若い人のアルバイトも集め
にくくなっています。とくに地方では、外国人留学生を
アルバイトで雇わないと、維持できません。

つまり、これまでのコンビニというスタイルのビジネス
モデルが破綻しはじめたということなのです。

現に、24時間営業をやめた店が出始めております。



ビジネスモデルは時代と共に必然的に変化するもの。

コンビニ本部は、もちろん考えてはいるのでしょうけど。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 21:21| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。