2019年07月06日

遅れているのは同時配信ではない

NHKのネット同時配信に関する法律が成立いたし
ました。

これによって、ワンセグ機能を有する携帯電話を
使用している人も受信契約の義務者となります。



ネット同時配信は欧米に比べて12年遅れだといわ
れておりますが、遅れているのはネット同時配信
ではありません。

旧態然とした受信料徴収制度こそが、民主主義に
反するものであり、先端技術導入の欠落です。

BS放送で実施されているスクランブル化がなぜ地
デジ放送でできないのでしょうか。

見ない人や見たくない人にまで強制するのを、民
主的な国家でやっているのは恥ずかしくないので
しょうか。



かつて、三公社五現業を民営化し、なおかつ郵政
までをも民営化したのに、なぜNHKだけが逆方向
なのでしょうか。

まったくもって不思議ですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 23:43| Comment(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

4K8K放送の問題点

今日からドット数が多くて鮮明画像のテレビ放送が開始
となりました。

いわゆる4K8K放送なのですが、いろいろと問題があるよ
うですね。



まず、今まで購入なさった4K8Kテレビはまだほとんど普
及されていない上に、専用のチューナーを購入して取り
付けないといけません。

何か、騙されたような感じがします。



さらには、放送自体が通常撮影したものを機械的にハイス
ペック変換するものなので、本来の4K8Kではありません。

とくに民放では、ハイスペックなテレビが普及しないこと
には、撮影からハイスペックにはできないでしょう。



とはいえ、テレビ離れが著しいですし、視聴者がそこまで
のスペックを要求しているのかといえば、疑問ですね。

なにしろ対応しているテレビの価格が高いですから、そこ
まで必要ないと考える人が大半かと思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 11:12| Comment(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月08日

最低視聴率の大河

NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」が、スタート当初からの低
視聴率で苦戦をしています。

安部総理のお膝元の人物たちを題材としているだけに、
NHKの苦悩振りには同情したくもなりますが、中身を
見る限りでは、半年で打ち切ったほうがいいでしょうね。



なぜ視聴率で苦戦をしているかといえば、決して民放の
裏番組がすばらしいというわけではありません。

問題なのはやはり中身ですね。

男性の視聴者からみると、待望の吉田松陰の登場なのに
主人公が女性ではアウト。

女性の視聴者には、女性が主人公ゆえに志士たちの思想
理念がうまく伝えられず、現代ふうの展開にも違和感を
感じるのでしょう。



とにかく、主人公の女性が志士たちの行動や理念を少し
も理解しようとしない姿勢に、視聴者からすると、せっ
かく大きな仕事を成し遂げようとする志士たちの足を
引っ張るだけのつまらない女性としか映らないのです。

将来のことはわからない現代劇ならそれでもいい。

しかし、歴史が証明しているように、志士たちの行動は
明治維新の原動力となったものなのですから、主人公に
共感できる視聴者なんていないだろうと思うのです。



とはいえ、今更設定は変えられません。

半年で打ち切って、後半はこれまでの大河の総集編を
流してほしいですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:花燃ゆ
posted by 子竜 螢 at 08:19| Comment(2) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

24時間テレビの意義

「愛は地球を救う! 24時間テレビ」は、毎年一度の
放送ですが、結構な長寿番組となっております。

しかし、ボランティア番組としての意義を疑問視する
声も多く聞かれ、人気に翳りが見え始めたようです。



まず、疑問視する声の中では、出演タレントがまった
くのノーギャラではないことを挙げております。

個人にではなく、所属事務所へ支払われている額は
毎年数千万円ともいわれ、萩本欣一氏が暴露したよ
うに、マラソンのランナーには二千万円が支払われ
ているという。

これらはすべて、番組の趣旨に賛同した方々からの
募金なのですから、ちょっと問題アリかもしれませんね。



しかし、街頭で募金活動をしている一般の人たちは
本当のボランティアです。

番組そのものがけしからんと言うつもりはありません。



でもね、いつもテレビ画面に露出している高額所得の
タレントたちがギャラをもらって、一方では一般人た
ちがノーギャラで募金活動を行なっているようでは、
なにかおかしい気がしませんか。

二千万円くれるなら、誰でもマラソンに参加しますよね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 10:57| Comment(4) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

あまちゃん最終回

あまちゃんの放映が終了しました。

朝の連ドラとしては10指に入る高視聴率でした
から、寂しさを感じている人は多いのでしょうね。

オープニングの曲が、なにか元気付けてくれる感じ
でしたので、明日からは違和感を覚えそうです。



潮騒のメモリーという曲も話題になりました。

最終回とその前日に歌った薬師丸ひろ子の歌は、
小泉今日子とはまた違った味があり、なんとも
いえない魅力でしたね。



最終回ではとくに新しいことは出てこなかったの
ですが、トンネルの中を出口に向けて走るアキと
ユイの姿こそ、東北の復興を象徴する姿ではなか
ったでしょうか。

暗いトンネルを抜けた先は雪国ではなく、復興で
喜びに溢れる地域なのでしょう。



あまちゃんのシナリオを書いた人は、それなりの
勇気が必要だったに違いありません。

あの震災をドラマの中へ採り入れるには、世間か
らの批難もあるだろうからです。

ずっと以前に、阪神大震災を採り入れた作品を
書いた小説家が、一気にファンを失いました。

それだけデリケートな対象なのです。



地域興しとは何か、も考えさせられましたね。

特別なアイドルの存在ばかりではなく、3セク
鉄道との関連性など、勉強させられたことは多
かったように思います。

ともあれ、あの元気の出る曲が朝に流れなくな
る明日からは、モチベーションを上げるのは大変
かもしれません。

それでも、次のドラマを見るとは思いますが。。。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:あまちゃん
posted by 子竜 螢 at 10:05| Comment(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

24時間テレビを考える

日本テレビの24時間テレビというチャリティー
番組が、ネット上では問題視されています。

全国で募金を謳う名物番組になりつつある反面、
裏側の暴露や経費とギャラの問題など、さまざま
な面から取り上げられています。



そもそも、チャリティーというと美しく感じて
しまうのが日本人なのですが、誰のためのもの
なのか、理解に苦しむ点も多々ありますね。

まさか、売れないタレントの救済目的ではない
とは思いますが、番組制作費が募金金額を上回
っているとの指摘もあって、かなりの反響とな
っているようです。

節電が叫ばれている折に、24時間やる必然性
があるのでしょうか。

個人からの募金ではなく、企業からの募金を求
めればいい。

などなど、番組が始まった頃とは違う世相が、
そのまま繁栄されております。



番組の目玉であるマラソンにもかなり批判意見
が多く、ランナーとトレーナー、そして医療班
などのギャラを、そっくり募金したほうがいい
との指摘も。

そして、なにより、日頃から障害者や難民を採
り上げた番組がないので、唐突な感じがすると
いった意見もありました。

ともかく、経費のほうが上回っているのでは、
番組を継続する意味がありませんよね。

いっそ、日本テレビが制作費予算額をそのまま
募金すればいい?


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 17:24| Comment(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

ショムニ復活

かつてフジテレビが放映していた人気ドラマ
が復活します。

ショムニ。

懐かしいですね。江角マキコさん以下、強烈
な個性のメンバーで楽しませてくれました。

復活は7月からで、毎週水曜の22時。



しかし、江角さん以外のメンバーは全員交代
するようで、旧メンバーでの復活ではないと
いう。

ちょっと残念ですが、新しいメンバーには新
たな魅力があるかもしれません。

満帆カンパニーはどうなっているのでしょう
ね。たしか、最終回では倒産したかと。。。



ともあれ、最近はリメイク版が流行のようで
すが、若い世代には新鮮かもしれませんね。

アニメ「宇宙戦艦ヤマト」もそうですね。

いいえ、見方を変えると、新たなオリジナル
では視聴率が取れなくなっているのでしょう。

江角さんには頑張ってほしいものです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:ショムニ
posted by 子竜 螢 at 09:28| Comment(2) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

八重の桜は大ヒット予想

「平清盛」が不人気だったということもあり
ますが、今年のNHK大河ドラマ「八重の桜」
には期待感が集まっているようです。

篤姫から、歴史上の女性を描いた大河が人気
のようでして、新島八重もフィーバーするも
のと予想されます。

幅広い年齢のファンを抱えている綾瀬はるかが
主演なのもいいですね。



「ならぬものは、ならぬのです」

番組宣伝で繰り返し流れている八重の台詞は、
きっと流行語大賞になりそうな予感がします。

国会の審議にも使われそうで、「記憶にござい
ません」以来の大ヒットかもです。



ところで、こんな凄い女性がいたのねっていう
主人公です。戦場で戦った日本女性は最初で
最後かもしれません。

しかも、戊辰戦争の後、明治維新後の活躍も
凄いので驚きますよね。

詳しくはドラマを見るなり原作を読むなりし
てほしいのですが、現代の日本人に何が欠け
ているのか、教えてくれるドラマになりそう
です。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 10:00| Comment(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

韓流ブームの終焉

フジテレビの韓流偏重が問題になりましたね。
ドラマや音楽などで、視聴者から反発をされ
ました。

これは、竹島の帰属問題などで韓国との摩擦から
生じた感情的な部分であると同時に、なぜ韓流
ばかりなのか、という日本の文化を愛する人たち
からの警告であったのでしょう。



小説家として韓流ドラマを批評させていただき
ますと、ストーリーそのものは単純で、特別に
目新しい部分はありません。

主演俳優に美形を揃えていることとバックに
流れる音楽が日本のドラマにはない新鮮さとし
て映ったと考えられます。

また、K−POPの分野でも、日本のAKBとは
ひと味違った意味でのグループ性を発揮したとこ
ろが、受けたのでしょう。



しかし、ブームというのはいつか去るものです。

また、日本で人気の俳優が自国では反日運動に
参加していたり統一教会の広告塔だったり、と
実態が知られるにつれて、人気を落としている
のも事実です。



日本のテレビ局は韓流をブームにしたほどの
努力を、逆に韓国で日本ブームになるほどまで
に試みたのでしょうか。

相互理解を理由として韓流を採り上げているなら
少なくとも日本の文化も韓国へ輸出する努力を
しなくてはなりません。



このように、一方的な文化の紹介を続けている
限り、フジテレビがネットでつるし上げされる
のは必然ですし、NHKだって危うい立場に
立たされるかもしれません。

できる限りの公平な立場から見ても、韓流という
異常なブームのピークはすでに去り、それがフジ
テレビ問題として噴出したものと受け取るしか
ありませんね。



それにしても、韓流ブームというのは、日本の
オバチャンパワーの凄さを思い知らされた社会
現象でした。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:韓流
posted by 子竜 螢 at 18:28| Comment(4) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

最終回

大人気の龍馬伝が最終回を迎えました。

司馬遼太郎さんの「龍馬が行く」とは
また違った切り口で、ドラマとしては
よかったほうだと思います。


ただ、ほとんど親交のなかった岩崎弥太郎
の視点を取り入れたのは、どうだったので
しょうかね。

原作は読んでいませんが、歴史に詳しい
人ほど違和感を感じたに違いありません。

そして、龍馬を美化するあまり弥太郎を
三枚目にしてしまったのには、ちょっと
抵抗がありました。良くも悪くも、岩崎
弥太郎という人物は、単独でも歴史ドラマの
主人公になり得る人物だからです。

よくぞ三菱や岩崎家からクレームが来なかった
ものだと思います。


来年は、戦国という世に翻弄された三姉妹
の物語ですね。

大阪夏の陣で最期を遂げた淀君や徳川将軍
の正室となった妹など、明暗が分かれる
あたりは、篤姫よりも女性たちの共感を
呼びそうです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html




posted by 子竜 螢 at 21:31| Comment(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

てっぱん

鉄板といえば、競馬の用語で手堅い
レースの人気馬を指します。

ひらがなでは、NHKの朝の連続小説
ですね。


タイトルになっているのはお好み焼き。

尾道出身のヒロインは当然広島風でしょう
けれど、ドラマの舞台は大阪です。


子竜の好みは大阪風なのですが、福山市
にしばらく居たこともあって、広島風も
嫌いではありません。

でも、自宅で作るときは、大阪風が簡単
なので、大阪焼きにしています。


どちらの人気が強いかは別として、ドラマは
そろそろ「てっぱん」本来の意味へと突入
する模様。

まだトランペットにまつわるストーリー
色が強いですが、チラリとお好み焼きの
話題が出始めています。

少々じれったい感じですが、来週あたり
からが佳境なのでしょう。


人気だったゲゲゲの女房に負けないだけの
綿密な設定なので、とても期待しています。

ヒロインが挑む大阪は、どんなストーリー
を用意しているのでしょうかね。



※北海道グルメ・販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 12:11| Comment(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

スパイ大作戦

昔、スパイ大作戦というドラマがありました。
0011ナポレオン・ソロというのも懐かしい
題名ですね。


先日、アメリカとロシアが、逮捕したスパイの
交換をすることで合意しました。

本当にスパイっていたのですね。
ドラマか映画の中だけの話かと思っていましたが
冷戦が終結してから久しいのに、と驚きました。


まあ、同業他社のことを探る産業スパイなる人が
いるほどですから、驚くほうがおかしいのかも
しれません。

ひょっとしたら、いつも親しげに寄ってくる
アノ女性は、どこかのスパイなのかも!!


posted by 子竜 螢 at 10:00| Comment(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

ゲゲゲの女房は理想の妻?

NHK朝の連続ドラマとしては
高視聴率を維持しているのが
ゲゲゲの女房。


よくご存知の漫画家水木しげる氏
の奥さんが主人公。

戦後まもなくの貧乏漫画家一家の
生活を描いています。


子竜も同じような生活環境ですので
ドキドキしながら見ていますね。

書いても書いてもなかなか収入に
ならないところなんか、我がこと
のように思えてなりません。


そういう生活の中で、文句を言わずに
やり繰りしているのが奥さんの存在。


いいですね。こんな奥さんは今時いない
でしょう。とっくに離婚していると思い
ませんか。

なのに、先週末には女の子が誕生しました。
どうやって子供を育てていくのでしょうか。


このドラマを見ていると、ドンドン遠くなる
昭和があらためて懐かしく感じられました。



posted by 子竜 螢 at 22:23| Comment(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

本日天気晴朗なれども波高し

敵艦見ゆとの警報に接し聯合艦隊は直ちに出動
之を撃滅せんとす。本日天気晴朗なれども波高し。


東郷平八郎聯合艦隊司令長官が旗艦三笠から
大本営に宛てた有名な電文ですね。

電文の発案者は「坂の上の雲」の主人公である
秋山真之作戦参謀です。


秋山参謀は親友だった正岡子規の影響を受けて
最初は書生を志していたそうです。
その片鱗がこの電文の後半に見て取れます。

しかし、騎兵将校だった兄好古の影響がもっと強く、
結局は軍人への道を進んだのでした。


とはいえ、電文の後半はただの付け足しでは
ありません。現場の状況がわからない東京の
連中に対して要点を明確に伝えているのです。

天気晴朗……とは、視界が良好だからバルチック
艦隊を万が一にも見逃す恐れはないこと。

波高し……とは、揺れがひどくて互いに砲撃の
照準が定まらないであろうから、猛訓練に励んで
きた日本軍に分がある。


以上のように、秋山真之が書生を志していただけ
のことはあったわけで、大本営の人たちはこの電文
を見て大いに安心したといいます。

29日からの放映開始が楽しみですね。

posted by 子竜 螢 at 14:00| Comment(0) | テレビドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする