2019年06月04日

天安門事件から30年

民主化を推進していた胡耀邦総書記が亡くなって、学生
などが天安門広場で追悼集会を始めたのがきっかけでし
た。

追悼集会がいつの間にか民主化要求への集会となり、そ
れでも警察や官僚たちも応援していたのです。

ところが、ケ小平らが武力排除に乗り出しました。6月
3日の深夜から4日にかけてのことです。



当時の目撃者によれば、鎮圧に投入された軍隊が広場の
人々に対して発砲を重ね、戦車でひき殺すなど、決して
過激な集会ではなかった人々を虐殺したのです。

中国政府は、インターネットで天安門事件を検索しても
ヒットしないようにしました。

また、NHKはクローズアップ現代というドキュメント番
組で、天安門事件はなかった、などと報じました。

そして、中国当局の発表は、犠牲者を300人程度という
軽い騒乱として発表しただけでしたが、イギリスの放送
局の分析では、少なくとも1万人の犠牲者があったと世界
に報じられたのです。



今年、アメリカへ移住していた中国人が、天安門事件に
遭遇した際に撮った幾多の写真を公開してくれました。

歴史的にも貴重な証拠写真です。

さすがに、中国当局は哀悼集会という名目で天安門広場
に集まることを禁止したようですね。

あくまでも歴史の闇に蓋をしたままなのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 21:37| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

日独伊だけではない

第二次世界大戦で日本が敗戦したのはご存じのとおり
なのですが、日独伊の三国だけで連合軍と戦ったので
はありません。

枢軸国側には、意外なほどの味方がいたのです。



枢軸国側として、あるいはドイツからの一時的な併合
によって参戦した国は、以下のとおりです。

ハンガリー・チェコ・スロバキア・ルーマニア、アル
バニア・ブルガリア・フランス・フィンランド・満州
国。

この中で、フランスは早々とドイツに降伏してしまっ
て、ドイツの軍需産業の労働力として、連合国の反撃
までの間は枢軸国家だったのです。

また、イタリアはムッソリーニが逮捕失脚してからは
日本とドイツに対して宣戦布告をするという豹変ぶり
を示しました。



一方、連合国側に立った国は、全部で三十六カ国あり
ましたが、実際の戦闘に参加しなかった中南米の国が
数多く含まれておりまして、実質的にはアメリカ・イ
ギリス・ソ連・ポーランド・ユーゴスラビアあたりが
主力でした。

中国は日本とのみ戦いましたが、当時は連合国として
の扱いを受けておらず、戦時中の国際会議には招かれ
ませんでした。



特筆すべきは、永世中立国だったスイスです。

じつは、連合軍が地中海側からドイツへ侵攻するには
スイス経由が便利なことから、何度も参戦を迫られて
おります。

もちろん、枢軸国側にとってもスイスは地中海を制す
る軍事ルート上にありましたので、何度も参戦を促さ
れたのです。

なので、どちらへも組みすることができなかったせい
で、双方から合計196回もの攻撃を受けました。

中立を保つというのは、両方から攻撃されるのを覚悟
しなくてはなりませんし、攻撃に耐えられるほどの軍
備が必要だってことを世界中に示したのです。



もっとも不可解なのは、ソ連でした。

最初はフィンランドへ侵略をし、ドイツと共謀してポ
ーランドの東半分を軍事併合してしまったのです。

しかし、イギリスとフランスは、ドイツにだけ宣戦布
告をしました。第二次世界大戦の勃発なのですが、お
咎めなしで済んだので、ついでにバルト三国も併合し
てしまいました。

この時点ではまったくの枢軸側国家だったのですが、
ドイツ軍がソ連へ侵攻したために、一転して連合国に
組み入れられたのです。



このように、敵味方が複雑に立場を変えたのが第二次
世界大戦でして、こういう規模の戦争はもう起きない
でしょう。

なぜなら、ずっと戦い抜けるほどの軍費を支出できる
国など存在しないからです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 12:39| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

世界記憶遺産と従軍慰安婦

ユネスコの世界記憶遺産に韓国から申請のあった従軍
慰安婦が、登録見送りになりました。

もちろん、事実無根の話だからではあるのですが、正
式な理由としてユネスコが発表しているのは、日韓両
国の主張に隔たりがありすぎて、話し合いによる意見
統一が先決と判断したため、とされております。



はい。一方的な主張を登録するわけにはいきませんよ
ね。ユネスコの判断は賢明だと思います。

それに、アメリカがユネスコから脱退した後は、日本
が最大の分担国であることも無関係ではないようです。

金の力でねじ伏せたと韓国側に思われたくはありませ
んが、元々事実無根なものを登録させようとしている
のですから無理がありすぎます。



韓国の国民が知っている歴史は、教えられてきた歴史
のほとんどは捏造と虚構なのですから、世界に通用す
るはずがありません。

今も多くの韓国人売春婦が世界中にいるわけでして、
従軍慰安婦は元々売春婦だったのだろうと世界中の人
は感じていることでしょう。

慰安婦像を世界中に建立することは、自ら国の品位を
民族の誇りを貶める行為なのだと、早く気付いていた
だきたいものですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 12:28| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

真珠湾攻撃の謎

12月8日といえば、76年前に日本軍が真珠湾を攻撃して
日米開戦となった日ですね。

日本の機動部隊のハワイ接近をルーズベルト大統領は事
前に知っていたのか否か。いくつかの検証をしてみます。



まず、機動部隊は発見されないよう荒天の多い北寄りの
ルートを辿りますが、途中でソビエトの貨物船に遭遇し
ているのです。

その場では貨物船から特別な無線は発せられていません
が、距離を置いてから通報された可能性は否定できませ
ん。



次に、日本の陸軍の動きです。

太平洋戦争は、じつは日本の陸軍によるマレー半島への
上陸作戦で始まりました。真珠湾奇襲のおよそ二時間前
のことです。

日本が戦争を始めたことは当然ルーズベルト大統領の耳
に入っていたはずでして、真珠湾を騙まし討ちなどとい
うのは、警戒を怠ったいいわけでしかありません。



もうひとつ、真珠湾攻撃に先立って、日本の特殊潜航艇
が真珠湾へ侵入しようと試みた際に、アメリカの駆逐艦
から攻撃を受けて、撃沈されたものの他にも浜辺へのし
上げたものがあったのです。

つまり、真珠湾が航空攻撃を受ける前にはすでに戦って
いたわけでして、司令官のキンメル大将は事後に更迭さ
れました。警戒を怠ったという理由です。



おまけもうひとつ。

日本の航空隊の接近を、かなり前からハワイのレーダー
が探知しておりました。

到着する予定だった戦略爆撃機の編隊だと思い込んだと
のことですが、数も方角もまったく違うのですから、と
にかくルーズベルト大統領は何も知らなかったことにし
ておきたかったのでしょう。

なぜなら、ヨーロッパでの戦いに参戦するのを議会が反
対していたからでして、ナチスと同盟を結んでいる日本
からの攻撃を、むしろ歓迎したかったのでしょう。



あれから76年も経ったのですね。

戦争で亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:真珠湾攻撃
posted by 子竜 螢 at 13:53| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

終戦記念日と降伏記念日

8月15日は終戦記念日です。そのためか、第二次世界大戦
にまつわる書物やドラマが毎年今の時期にリリースされま
すね。

しかし、その中には8月15日を敗戦記念日だと述べている
ものがあって、終戦念日という呼び方は、あの戦争を美化
しているのではないかという批判すら見受けられます。



8月15日は敗戦記念日ではありません。なぜなら、敗戦記
念日は別にあって、9月2日だからです。

日本が正式に降伏したのは9月2日です。

横須賀沖に停泊している戦艦ミズーリにて、降伏調印式が
行なわれました。

あたかも昭和天皇の玉音放送が降伏を宣言したかのように
思っておられるかもしれませんが、玉音放送というのは、
国民に戦闘行為をやめよ、と仰せになられた内容でして、
対外向けに降伏の意を表したものではありません。

降伏という外交の所管は、あくまでも鈴木貫太郎内閣にあ
るのであって、玉音放送を降伏の宣言だと解釈しますと、
昭和天皇の行為は大日本帝国憲法に違反したことになって
しまいます。



どちらでも同じじゃないか、とまだ考えている人は、認識
をあらためたほうがいいですよ。

本来、開戦も終戦も内閣政府の所管であったのに、天皇の
ひと声で国民全員が戦争行為をやめてしまったのです。

それが意味するものとは何かといいますと、日本には皇室
というものがあったおかげで、軍部主導による本土決戦な
どという悲惨なことにはならずに済んだとともに、天皇の
放送を聴いた連合軍側もまた戦闘行為をやめてしまったと
いう驚きの現象を生み出したのです。

だから、8月15日はあくまでも終戦記念日なのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:終戦記念日
posted by 子竜 螢 at 16:19| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

中国の膨張政策がもたらすもの

経済の発展と共に膨張政策を採用する中国は、古くは漢の
時代から何度も踏襲しているものでして、その結果は、内
部からの反乱によって王朝が衰退しているという歴史を重
ねてきました。

習近平氏がそれを知らないわけではないでしょうけれど、
今、ブータンの高原地帯をめぐって、インドとの軍事衝突
を招いているのです。



尖閣諸島、南シナ海、ロシアとの国境地域など、中国は度
々領土に関する紛争を繰り返しておりまして、いずれも膨
張政策によるものです。

共産党が政権を握ってから、チベット、ウイグルなどに軍
を進めて併合してしまいました。

また、ベトナム戦争が終了した直後のベトナムにも軍事侵
攻したのですが、さすがにアメリカに勝ったベトナム軍に
よって撃退されております。

このように、日本を侵略国家呼ばわりする資格のない国で
あるのです。



歴史は繰り返す、という名言がまた当てはまるのであれば、
中国の内部崩壊は近いと見なければなりません。

とくに、人口がほぼ拮抗していて核兵器を保有するインド
との衝突は、崩壊への引き金なのかもしれませんね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:習近平
posted by 子竜 螢 at 23:50| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

アパホテルの書籍

アパホテルの全店全室に代表者の著作本が置かれている
ことについて、中国や韓国からの旅行者が抗議したり、
キャンセルしたりする事件があったのは、まだ記憶に新
しいところです。

代表者は、私のホテルに私の著作本を置いて何が悪いの
か、と東京オリンピックの開催期間中も撤去はしない方
針だという。



問題になっている書籍というのは、南京大虐殺や従軍慰
安婦は歴史の捏造であり事実ではない、という説を掲げ
たものです。

言論の自由の国なのですから、不自由な国の人からすれ
ば、奇異な状態であるのは確かでしょうね。



しかし、この代表者の著者には、別の狙いもあるのでは
と感じますね。

すなわち、マナーの悪さでは世界的に名高い中国と韓国
の旅行者が敬遠してくれるようにと考えているのではな
いかと思えます。

あからさまに中国人お断りとするのでは角が立ちますか
ら、なかなか良い作戦かもしれませんね。

さらに、書籍を読んだ日本人の意識までもが変わったな
ら、一石二鳥というものでしょう。



いいえ、チェックアウトのときに著作本がほしいと言わ
れたなら、本の売り上げにもなって、一石三鳥ですね。

まあ、そんなセコイことを考えている代表者ではありま
せんけれど、間違った歴史認識を正そうという姿勢には
感服いたします。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 21:21| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

バチカンの衛兵

ローマへ旅行するなら、絶対に見逃せない訪問先として
バチカンがあります。

バチカンは一応独立国なのですが、中世を思わせる衛兵
の甲冑がなんともいえません。



バチカンの衛兵を務めるのは、代々スイスの軍人さんた
ちです。

そしてこの度、オーストリアの職人兄弟によってプレー
トアーマー式の甲冑が新調されました。

制作した兄弟によりますと、200年は持つそうです。



西洋貴族の家に飾られている甲冑を実際に着用してバチ
カンの護衛にあたっているスイス兵さんたちには、頭が
下がります。

まさしく、歴史を重んじるバチカンならではの光景です。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:バチカン
posted by 子竜 螢 at 23:56| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

教科書の中の聖徳太子

義務教育段階での歴史教科書で、聖徳太子にまつわる名前
が統一されることになりました。

これまでは、「厩戸王」「厩戸皇子」「聖徳太子」という
名が併記されていたり単独だったりして、少なからず生徒
たちが混乱していたからというのが理由だそうです。



いいえ、混乱していたのは大人たちのほうでしょう。

子供たちは、大人たちの混乱をそのまま受け入れさせられ
たに過ぎません。



厩戸という実在の人物がいました。藤原不比人が日本書紀
を編纂する際に、その人物の航跡を讃えて厩戸皇子に記し
たのです。

しかし、用明天皇の第二皇子ではあるものの、厩戸王とい
う名称を広島大学の先生が研究のために暫定的に用いたの
が、今では一般的になつています。



では、聖徳太子という呼び名は何かというと、亡くなった
あとに付けられたおくり名というものです。

明治天皇とか昭和天皇というのが、おくり名ですね。



こうしていくつもの名称が混ざり合っていたためでしょう
か、実在を疑う説までもが登場しました。

最近になって昔の一万円札を目にしましたが、諭吉さんと
は桁違いの威厳を感じ、同じ一万円でも価値が違うように
思ったものでした。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:聖徳太子
posted by 子竜 螢 at 15:27| Comment(2) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

建国記念日

今日は建国記念日です。

神武天皇が即位した日とされておりまして、今年は皇紀
2677年にあたります。



建国記念日については異論も多く、神武天皇が実在した
のかどうかも疑われています。

が、呉の孫権ではないかという説が有力でして、孫権と
いえば三国志で有名ですよね。

魏の国に比べて人口の少ない呉では、倭国へ人狩り部隊
を派遣したという記録が残っています。

呉軍が倭国も統一して、大王とあがめられたのが神武天
皇ではないかというのです。



この説が有力紙されているのは、日本人の着物を呉服と
称するようになったからで、揚子江の南岸地域で当時の
呉国に流行していた衣服が、そのまま日本の文化として
定着しているのです。

一方、魏志倭人伝に残されているように、和国は魏国の
属領でしたから、呉国が占領攻撃したとしても不思議で
はありません。

呉国は倭国を攻め滅ぼして、大和国を建国しました。

その日が今日だという説です。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:建国記念日
posted by 子竜 螢 at 17:04| Comment(1) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

少女像か慰安婦像か

政府とマスコミ各社は、従軍慰安婦をモチーフとした
女性の像を、「少女像」から「慰安婦像」へと呼称を
統一するという。

少女を強制拉致して慰安婦にしたという悪いイメージ
から脱却しようとの狙いですが、むしろ逆効果でと思
うのです。



「少女像」のままであれば、慰安婦とは何の関係もな
いと言い張れるのに、わざわざ「慰安婦像」にするの
は、何のためでしょうか。

「少女像」を韓国人が積極的に建立しようとするなら、
日本側は「少年像」を同じだけ建立して対にしてはど
うだろうか。

いや、ベトナムに同じ「少女像」を建立してあげよう。

その象を韓国人が「慰安婦の像」だと言えるだろうか。



韓国側が「少女像」という呼称を使っているなら歴史
問題とは無関係であるし、「従軍慰安婦」をモチーフ
にしていると主張するなら、日本兵と性行為をしてい
る少女の像を韓国各地に建立してくれと頼めばいい。

歴史を捏造する奴らに、まともな対応など必要なかろう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:従軍慰安婦
posted by 子竜 螢 at 17:03| Comment(2) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

アパホテル問題とは

アパホテルの客室に、南京大虐殺を否定する書籍が置かれ
ていたことが、問題視されておりまね。

なぜ問題なのか、何が問題なのかよくわかりませんが、騒
ぐ人たちは何にでも目くじらを立てるのではなく、冷静に
考えてみてはいかがかと思います。



アパホテルというのは、あくまでも民間の企業でして、ホ
テルだらといって、公の建物ではありません。

当然、経営者の方針や個人的な思想があっていいのです。

嫌だと思った客は二度と利用しないでしょうから、そうい
うリスクも覚悟した上での経営者の行為でしょう。

事実、社長はコメントで、中国人の宿泊客は受け入れない
と申しておられます。なのに、何が問題なのでしょうかね。



では、南京大虐殺があったという主張では、それを証明し
ている写真というのは、いずれも他で起きたという虐殺の
事件と同じ写真の使い回しです。

また、証拠として主張されている孤児の写真は、本当はも
う少し広く写っているものをカットしたものでして、カッ
トされた部分には、ニコニコしている中国人たちが写って
いるのです。

さらには、当時の人口が20万人の南京で30万人を虐殺する
のは不可能ですし、日本軍が南京を制圧してからは25万人
に増えているほどです。

これは、食料の配給制度が実施された記録として、中国の
公文書館に実在しております。

そしてそして、

南京大虐殺のことが中国側から東京裁判に提訴されたのは、
東京裁判の終盤近くでした。30万人もを虐殺した事件なら
第一級の戦争犯罪なはずですよね。

なぜ、真っ先に提訴され、審議されなかったのでしょうか。

日本側の弁護士が原爆による虐殺を持ち出そうとしたとき
に、まるで被害者の人数合わせのごとく急遽提訴されたの
が南京事件なのです。



以上のことから考えますと、南京大虐殺を証明する根拠は
何もなく、大量の虐殺がありながらも反対に人口が増えて
いる理由をちゃんと述べている肯定派の書籍はありません。

当時の南京には、中立9カ国のジャーナリストたちが滞在
していたのですが、いずれも母国の新聞記事にはこう書い
ております。
「日本軍が占領するまでは銃声や喧嘩が耐えなかったが、
占領されてからは静寂な夜を迎えるようになった」



そして、ダメ押しです。

当時の南京に母親が住んでいたという青年が、日本へマッ
サージ師として研修に来ておりました。

子竜はたまたま施術してもらうことになったのですが、親
の出身が南京市だというので、事件のことをそれとなく聞
いてみたのです。

「えっ、そんな事件があったのですか! 母からは何も聞
いていないし、もしも本当にあったなら、母が僕の日本行
きに反対したと思います」

当時、母親は10歳ほどだったといいますが、虐殺があった
なら、近所のひとたちがみんないなくなっり家族が連行さ
れたりして、大騒ぎになっていたはずです。



南京の市民すら知らない30万人もの大虐殺事件とは、いっ
たい何なのでしょうか。

中立国のジャーナリストたちすら報じていない事件とは、
何なのでしょうか。

まして、アパホテルは民間企業であって、経営者の考えが
反映されるのは当然です。

何が問題なのでしょうかね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:南京大虐殺
posted by 子竜 螢 at 13:42| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

真珠湾攻撃は職務怠慢の結果

安倍総理が真珠湾へ赴いて慰霊をしたのは、日米外交に
とって有益だったと思います。

オバマ大統領の広島訪問への返礼的な意味もあったので
しょうけれど、日米両国ともに真の意味であの戦争を終
わらせたのです。



ところで、リメンバー・パールハーバーという合言葉が
当時のアメリカで叫ばれました。

宣戦布告なき日本からの攻撃への報復を訴えたのです。



しかし、純粋に軍事的な観点からしますと、ハワイにい
たアメリカ軍人たちの職務怠慢でしかありません。

なぜなら、アメリカのほうから宣戦布告に等しいハルノ
ートなるものを突きつけておきながら、何の警戒もして
いなかったのですからね。

しかも、日本軍の攻撃隊を45分も前にレーダーで捕捉し
ておりましたのに、こんなところまでジャップが来れる
はずはない、と断定し、味方の航空隊だろうと日本軍の
実力を舐めていただけなのです。

さらには、日本軍が2時間も前にマレー半島へ上陸作戦
を開始したという報告が、インドネシアのオランダ軍経
由でハワイへ転送されていたことが確認されています。



軍人たるものは、いついかなる時でも自分の部隊が不意
を食らって全滅させてはいけません。警戒心を常に保ち
推測での判断をしてはならないのです。

レーダーに反応した航空隊へ、念のために味方かどうか
と通信を試みていたなら、奇襲は間違いなく失敗してい
たことでしょう。

リメンバー・パールハーバーという合言葉は、本来、軍
人職務の怠慢を戒める言葉でなくてはなりません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:真珠湾攻撃
posted by 子竜 螢 at 11:02| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

戦艦大和の乗艦体験

戦艦大和をご存じでしょうか。

とはいっても、3年4ヶ月しか寿命がなかった巨大軍艦
でしたので、日本人のほとんどは現物を見たことがな
く、海軍軍人でも限られた人だけだったと思います。

我々が今日見られるのは、往年の写真とプラモデルく
らいだったのですが、なんとVR体験ができるように
なったといいます。

VRを開発したのは神田技研という会社で、クラウド
ふぁんでぃんぐの支援者向けに本日から配信されてい
るのです。



体験できるのは、46センチ主砲の内部や艦橋などで、
主砲の射撃訓練がプログラミングされているといいま
すから、これは凄い。

しかも、これは第一期の配信ということでして、第二
期やアップデートが予定されているらしいのです。



今日は戦艦大和が完成した日でもあります。

神田技研では、戦艦大和意外にも陽炎型駆逐艦の配信
もやるそうですし、対空射撃訓練も体感できるとのこ
とですので、マニアにとっては絶対に外せないVRに
なりそうですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 16:33| Comment(2) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

物量差で敗戦したという誤解

太平洋戦争の敗因として掲げられている理由はいくつか
ありますが、その中でもっとも有力なものが物量差です。

当時、アメリカの工業生産力は日本の30倍でしたから、
そのまま当てはめますと、たしかに物量差がもっとも大
きな敗因として浮かび上がってきます。



しかし、物量差を招いていた原因については、ほとんど
語られたことはありません。

現代でも、2倍の差があるのですから、原因を究明しない
ことには、真に日本の発展はないように思えます。

太平洋戦争の当時において、軍需産業の関係者だった人
に取材をさせてもらったことがあります。

その結果わかったことを、いくつか列記してみましょう。



日本軍の兵器は、航空機も含めて、ピカピカに磨き上げ
ないと戦地へは送られなかった。

精度を必要としない部分の部品でも100分の1ミリすら誤
差のないものを作り、見えない部分にもかかわらず丹念
に磨き上げられていた。

改良型の兵器を開発する際、従来部品の使用はまったく考
慮されずに、すべてが1からの生産だった。

アメリカの銃は、小銃も機関銃も同じ弾丸を用いるように
設計されており、銃弾が大量生産できたのに対して、日本
では、銃器ごとに小ロット生産をしていた。



以上のように、生産性が上がらないことをわざわざやって
いたのですから、物量差で負けるわけなのです。

が、この最大の敗因こそが物づくり日本の戦後も支えてき
たのですから、痛し痒しといったところでしょうか。

外からは見えない部品でも、早期の腐食を防ぐために丹念
に磨き上げられている製品は、おそらく日本製だけなので
はないでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:太平洋戦争
posted by 子竜 螢 at 16:37| Comment(2) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

開戦の真実

日支事変以降、終戦までを大東亜戦争と呼びますが、主に
陸軍が主張していた呼称です。

12月8日の開戦以降、主戦場が太平洋に移ってからは、海
軍が提唱する太平洋戦争という呼称が併用されることにな
りました。



安倍総理が月末に真珠湾を訪れて、真珠湾攻撃によるアメ
リカ軍戦没者を慰霊するといいます。

オバマ大統領が広島を訪れたことへの返礼の意味かもしれ
ません。



ところで、

真珠湾攻撃によって太平洋戦争が始まった、などと歴史の
教科書に書かれてあったりするのですが、それは大きな間
違いです。

しかし、そう教わって信じている人は少なくありません。

実際には、

陸軍の動きのほうが2時間ほど早くて、マレー半島のコタ
バルという町付近へ上陸作戦を開始したのが始まりです。

当時、マレー半島はイギリス領でした。でも、町には監視
員程度しかおらず、すぐに逃げ出したので戦闘にはなりま
せんでした。



予定では朝を待つことになっていたのですが、陸軍がなぜ
2時間ほど早く作戦を開始したのかというと、時差の関係
です。

海軍の真珠湾攻撃から6時間も待たされると、イギリス軍の
防衛態勢が整ってしまうことを恐れたのです。



その結果、当然のことながら、イギリス軍からアメリカ軍へ
日本軍のマレー半島侵攻が伝えられました。まだ真珠湾が
攻撃される1時間以上も前のことです。

そして、ハワイにあるレーダーサイトでも、日本軍の編隊
接近を捉えていました。

なので、真珠湾奇襲が成功したというのは、どう考えても
おかしいのです。

同盟国のイギリス軍から通報を受けたアメリカ軍士官の証言
によりますと、ホワイトハウスへはちゃんと通達したといい
ます。

同時に通達されたオランダ軍とオーストラリア軍には、届い
ておりますから、真珠湾が騙まし討ちなどと叫んでいたのは
ただの戦意高揚のためのスローガンでしかなかったと思われ
ます。



問題なのは、ルーズベルト大統領にまで伝わっていたのかど
うかでしょう。

証拠はありませんが、伝わっていたと思います。もしも伝え
忘れていたりすれば、その人たちには重い処分が下されたは
ずですからね。そういう記録もないのです。

なので、ナチスが暴威を振るっているヨーロッパの戦いに、
アメリカが参戦することを連邦議会が反対していましたから、
ドイツと同盟を結んでいる日本からの攻撃は、ルーズベルト
大統領にとって渡りに船だったのでしょう。知っていながら
あえて黙殺したというのが本当のところではないでしょうか。



ともかく、真珠湾攻撃から75年も過ぎました。今はアメリカ
との強固な同盟下にあります。

だからといって、当時のアメリカが今のように正義感の強い
国だったとは思わないでください。

当時のアメリカとて帝国主義の考えに染まり、各地に植民地
を従えていたのです。フィリピンが代表的ですね。

歴史を語るときには、現在の倫理観ではなく、当時の状況を
よく把握する必要があるでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:真珠湾攻撃
posted by 子竜 螢 at 11:33| Comment(2) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

文化の日

11月3日は文化の日ですね。

この日が制定された理由は、日本国憲法が公布されたから
です。新たな日本のスタートの日なのです。



ちなみに、日本国憲法が施行されるのは半年後の5月3日。

この日は憲法記念日となっておりますが、本当に憲法の論
議をするなら、今日でなくてはなりません。



最近、保守系の国会議員さんたちが、文化の日を明治の日
に改めようとしているようです。

明治天皇の誕生日だったからでもあるのですが、なにやら
時代の逆行を感じてしまいます。

まあ、昭和の日がありますからおかしくはありませんが、
それなら大正の日も制定しなくてはならなくなります。



まあ、名称はどうあれ、冬支度のための貴重な休日ですし、
各地で紅葉が見ごろですね。

お出かけの際には防寒対策を。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:文化の日
posted by 子竜 螢 at 15:56| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

ロゼッタストーンに書かれていたこと

かのナポレオン・ボナパルトがエジプトへ遠征したとき、
部下が石版を発見したのでフランスへ持ち帰りました。

象形文字で何かが書かれたその石版は、ロゼッタストー
ンと呼ばれて、ルーブル美術館にて保管されています。



しかし、フランスへ持ち帰った当時から、フランス中の
学者たちが象形文字の解読を試みたのですが、ようやく
解読されたのは、ほんの20数年前のことでした。

ロゼッタストーンにかかれていたことは。。。

4000年前の人類が残していた記述とは。。。

「近頃の若い者は。。。」という嘆きだったのです。



解読した学者たちは当然ガッカリしました。相当に貴重
な歴史的な価値のある石版だと期待していたからです。

でも、書かれていた内容が全世界に報道されるや、別の
意味での貴重品となりました。

そうです。4000年前も今も、人間の営みの本質は同じと
いうことがわかる貴重な石版だったわけです。



いつの時代でも若者は無茶をする。無茶をしながら社会
のルールを学んでゆき、やがて中年以降になって落ち着
きますと、次世代の若者の所業を歎くという順送りが、
少なくとも4000年は続いていたことになるのですね。

アインシュタインが特殊相対性理論を発見したのは、と
てもすばらしいことなのですが、一般人にとってはあま
り価値のないことなので、ロゼッタストーンこそが人類
最大の発見なのではないかと思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 17:07| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

戦艦大和

4月7日は、71年前に撃沈された戦艦大和の命日です。

沖縄に押し寄せたアメリカ軍に一泡拭かせようと出撃
したのですが、航空機の集中攻撃にあい、航程半ばで
沈んだのでした。



戦艦大和の最期については、辺見じゅんさんが「男た
ちの大和」で描いております。

映画化されましたので、ご存知の方は多いでしょう。



なぜ絶望的な状況下で、しかも航空隊の援護もなしに
出撃したのかといえば、そこにはドラマがありました。

最初、沖縄の危機を知りつつも、海軍は援軍の派遣が
成功する可能性はないとして、無念のうちに耐える方針
でした。

しかし、沖縄を本土の一部としてお考えの昭和天皇が
「海軍にはもう軍艦はいないのか」
と申されて、急遽出撃が決まったのです。



ちなみに、片道燃料というのは俗説でして、徳山製油所
の担当者の証言によれば、帳尻の合わない余った油がか
なりあったので、全部給油したとのことで、呉軍港と沖
縄を二往復できるほどだったそうです。

たった3年と4ヶ月しか海上にいなかった戦艦大和は、ほ
んの限られた国民しか目にできませんでした。

戦後生まれの我々は写真とプラモデルからしか全貌を推し
量れませんが、大和の完成と時を一にしての開戦と、沈没
まもなくの終戦から、なにか不思議なものを感じます。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:戦艦大和
posted by 子竜 螢 at 13:00| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

零戦が再び空へ

明日の27日、鹿児島県鹿屋市にある航空自衛隊の基地
から、零式艦上戦闘機が発進いたします。

じつに70年ぶりに空へと飛翔することになったわけで
すが、飛行許可が下りるまで二年もかかったといいます。



皇紀2600年に採用された戦闘機で空母搭載用であった
から、零式艦上戦闘機と呼ばれています。

れいしきかんじょうせんとうき、略してレイセンなので
して、ゼロ戦という言い方は間違いです。ゼロは英語で
すからね。

零戦には何種類もの型があり、どの型なのかは明らかで
はありませんが、日本に現存する唯一のものでしょうか
ら、鮮やかに飛行してほしいと思います。



零戦が採択された当時、航空機を自前で開発生産できる
国は、欧米諸国を除けば日本だけでした。

零戦に象徴される軍備の充実がやがて戦争へと傾く点も
ありましたが、欧米諸国の植民地にされずに済んだとい
う点も評価しなくてはならないでしょう。

ちなみに、明日の天候や何かの不具合が生じた際には、
予備日として28日29日が充てられます。

この飛行のパイロットが誰なのかわかりませんが、是非
成功させてくださいますよう、お願いいたします。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 19:58| Comment(2) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする