2015年08月22日

uik 何のジョークなのか

韓国の朴大統領が、9月3日に開かれる中国の抗日70年
式典に参加するという。

これは、何のジョークなのでしょうか。



オバマ大統領からは行くなと釘を刺されていたはずで
すし、戦勝国としての参列なのか敗戦国なのか、立場
はどちらなのでしょうかね。

驚いたことに、韓国の歴史教科書では、日本軍が真珠湾
を攻撃した直後には日本に対して宣戦布告したことになっ
ているのです。

これはある意味事実ですが、当時、中国国内に居た朝鮮
人が光復部隊というのを結成し、日本に対して宣戦布告
をしております。

しかし、サンフランシスコ講和条約では、戦勝各国から
資格なしとして条約参加を拒絶されました。

なぜなら、日本軍と戦った記録も事実もなく、ビルマ
戦線で日本軍に所属していた朝鮮人兵士の投降を呼びか
けた程度だったからです。

そして、中国共産軍も日本軍と戦った記録はほとんどな
いのですから、まさにジョークでしょう。



いやいや、光復部隊というのは、中国国民党軍に属して
いましたから、戦後の内戦で中国共産軍に敗れているこ
とになりますし、朝鮮戦争でも韓国にとっては中国は敵
ですし、今は休戦中なのです。

というより、光復部隊の大半は北朝鮮の建国に関与して
おり、韓国とは敵対関係にあったのです。



朴大統領の父親は、かつては満州国陸軍の士官で、実質
的には日本軍に所属しておりました。

昭和天皇に日本軍の兵士になりたいと士官学校への入学
を直訴して、認められた人物なのですよ。

ほんとうに、何のジョークなのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:戦後70年
posted by 子竜 螢 at 20:02| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

終戦と敗戦

久しぶりに書店へ行って驚きました。店頭に並べてある
書籍は、やっぱり第二次世界大戦に関するものが多く、
その中でも、日本の立場を説いた内容の書籍が目につい
たのですが。。。

驚いたのは、8月15日をなぜ敗戦記念日としないのか、
と、終戦記念日と呼称されていることに注文をつけてい
る書籍があったことです。



はっきり申しまして、その書籍の著者は歴史の勉強をし
ていたとは言い難いと感じましたね。

なぜなら、敗戦記念日は別にあるからです。

戦艦ミズーリの前甲板上で行なわれた降伏調印式にて日
本の敗戦が正式に決定した9月2日です。



昭和天皇の玉音放送を誤解している書物もありました。

玉音放送は敗戦を認めたものではなくて、陸海軍を統帥
する昭和天皇が、戦闘行為の停止を呼びかけた内容なの
です。

国家としての降伏は内閣の専任事項ですので、昭和天皇
とて大日本帝国憲法に違反することは許されなかったの
ですね。

いいえ、天皇だからこそ憲法違反はできませんでした。



昭和天皇に戦争責任があると考えている人は、おそらく
大日本帝国憲法の条文を読んだことすらないのでしょう。

天皇と内閣との関係に、現憲法との差異はさほどないの
です。御前会議といえども天皇に許されていた発言は質
問のみであって、外交や防衛に関する意思決定は内閣の
専任事項でした。

その証拠に、開戦時の首相であった東条英機は東京裁判
で死刑判決を受け、昭和天皇は不起訴になったのです。



安部総理の戦後70年談話には早くも中韓から批判が出て
おりますが、何を述べても文句しか言わない隣国たちの
ことなどどうでもいい。

肝心なのは、日本の国民が正しい歴史観を持ち続けるこ
とだと思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:8月15日
posted by 子竜 螢 at 23:45| Comment(2) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

謝罪したがる人々

安部総理がどうするつもりなのかは知りませんが、戦後
70年という節目に向けて、歴史談話を期待する声が高まっ
ていますね。

しかし、なぜか近隣諸国への謝罪を盛り込むよう期待す
る声が高いように感じます。



ああ、ごめんね、で、他に何か?

こんな感じの謝罪を言っているのではありますまい。

謝罪とは必ず経済的な償いを伴うもので、本気で謝罪する
ことを考えるなら、大幅な増税を覚悟してから言ってほし
いものです。

いいえ、謝罪をするよう述べている人たちは、決して竹島
の返還問題には触れませんよね。

日本国民だという意識はないのでしょうか。



仮に、百歩譲って日本が全面的に悪いとしても、今の現役
世代に何の責任があるというのでしょうか。

日本国民のほとんどは、戦後生まれか戦争当時は子供だっ
た人たちなのです。戦争に関連した一切の責任などありま
せん。

被害者だと訴えている国の人たちも同じでしょう。



豊臣秀吉は、朝鮮に派兵しました。

しかし、その400年も前には、モンゴルの手先として朝鮮
軍が日本へ攻め寄せています。

大和朝廷の頃にも、日本軍と朝鮮の各国との戦いが何度か
ありました。

でも、それらは済んでしまったこと。現役世代にとっては
第二次世界大戦のことも含めて、もう歴史でしかないのです。
ずっと昔のことなのです。



でも、竹島は占領されたままです。今もです。

徳川家康が李王朝と交わした条約では、鬱陵島が独島のことで
それ以外は日本の領土だと取り決めをしました。

謝罪よりも、竹島の返還要求のほうが筋というものでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:戦後70年談話
posted by 子竜 螢 at 08:32| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

アメリカが核兵器を使用した理由

広島で平和祈念際が催されました。

ケネディ駐日大使も昨年に続いて参列され、過去の
戦争の中でももっとも悲惨な原子爆弾の使用につい
て、あらためて考える機会となりました。



戦争継続能力がほとんど失われていた日本に対して
アメリカはなぜ原爆の使用に踏み切ったのでしょうか。

それについては諸説ありますが、子竜はアメリカによ
る日本軍への過大評価だったように思います。

それまでの各地での戦闘で、日本兵は粗末な装備と
充分ではない補給の下でも、果敢に戦ってアメリカ
軍を苦しめました。

それが、日本という国を降伏させるには、さらなる
アメリカ青年たちの犠牲が必要との過大評価へとつ
ながったのだろうと思うのです。

しかし、実際には、石油をはじめとする戦略物資の
ほとんどが南方から輸送できなくなり、自滅は時間
の問題でした。



いや、アメリカ側も多分知っていたでしょう。

でも、日本の自然崩壊を待つ暇がなかったのです。

なぜなら、ルーズベルト大統領の頃にソ連の参戦を
促してしまったからで、アジア極東の全域がソ連領
となるのを防ぐためにも、トルーマン大統領は威力
のある新兵器の存在をアピールしておく必要があり
ました。



ともあれ、それから70年。

今でも被爆の後遺症に悩む人たちがいます。

原爆だけではなく、空襲によって数多くの民間人が
亡くなられました。

唯一の被爆国である日本こそ、世界に向けて核兵器
の廃絶を求めていかなくてはなりません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:原子爆弾
posted by 子竜 螢 at 15:11| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

君が代の君とは誰のことか

久しぶりにネットサーフィンをしていたら、君が代の
歌詞に触れているサイトを発見しました。

サイトによりますと、君が代の君が天皇のことを意味
する証拠が見つかったと報じていたのです。



証拠として挙げられていたのは、明治維新後に国歌の
制定に寄与したドイツ人の手記がそのひとつでした。

君がカイザー、すなわち皇帝の意味だと記しているの
です。

子竜はこれに真っ向から反対したいと思います。



まず、ヨーロッパ各国の国歌では、国王を讃えるもの
が一般的であって、日本の国歌もそうだろうと勘違い
した可能性が大きいことです。

次に、

歌詞の原文は古今和歌集にあり、恋文だとする定説
はすでに定着しております。

また、大伴家持が詠った「海ゆかば」では、天皇のこ
とは君ではなく、大君(おおきみ)と表現されておりま
すから、それよりもあとの古今和歌集の解釈は恋文で
間違いないところでしょう。



戦時中のことですが、気軽に相手のことを君と呼ぶ
慣習はすでに定着しておりましたから、天皇のことを
君などと呼べば即刻憲兵隊がやってきたことでしょう。

君と大君は対象が違うのです。



しかし、百歩譲って君が天皇を意味しているとしてで
すが、それの何が問題なのでしょうかね。

君が代の唱和を拒否する教師さんたちは、憲法に明記
されている、国民の象徴を讃える気持ちすらないので
しょうか。

なければ、日本国民じゃありませんよ。

こういう人たちに限って、安保法制では憲法を護れと
声高に叫んでいるのですから、支離滅裂です。



国歌の斉唱を拒否したいなら、斉唱せずに済む職業を
自由に選択すべきです。

これも、憲法に謳ってあることです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:君が代
posted by 子竜 螢 at 11:00| Comment(7) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

戦後70年談話

終戦の日が近づくにつれて、官房長官談話をどうするのかと
いう議論が高まりつつあります。

とくに今年は戦後70年という節目でもあり、注目度はかなり
高くなりそうです。



しかし、かつての河野・村山談話が周辺国から言質として
捉えられたことから、あえて新たな談話を出さない選択肢
もあります。

基本的には両談話を歴代内閣が踏襲しておりますので、そ
れでよいのでしょう。

ただ、集団的自衛権の拡大を考えている安部内閣ですので
憲法のみならず両談話の解釈を変更する可能性があり、周
辺国との新たな摩擦が生じるかもしれません。



そもそも、あくまでも談話なのですから正式な外交発言で
はなく、個人的な感想のようなものです。

それを言質としているほうがおかしいのですが、70年談話
を出すのなら、その点を強調していただきたいですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:戦後70年
posted by 子竜 螢 at 09:17| Comment(2) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

ロシアは戦勝国なのか

モスクワの赤の広場で戦勝70周年の式典が催されました。

ウクライナとクリミアでの軍事紛争から経済制裁を受けて
いることで、多少なりとも違和感を感じています。


当時、ソビエト連邦は最終的には戦勝国として名を連ねた
ものの、東京裁判での立場は弱く、ほとんど意見が容れら
れませんでした。

なぜなら、ドイツから侵略を受けるまでのソ連は、どちら
かというとドイツ以上の侵略国だったからなのです。

東ポーランドの分割をドイツと画策したのをはじめとして
フィンランドから東カレリア地方の割譲を要求して戦い、
手に入れる間もなくバルト三国をも併合してしまいました。

また、大戦末期には日ソ不可侵条約に違反して満州や千島
列島に侵攻してきたのはご存知のとおりです。



以上のように、対ドイツ戦では被害者であり戦勝国ではあ
るけれども、そのほかの戦域については反対に侵略戦争を
仕掛け続けていたわけです。

赤の広場には最新鋭のT-14戦車やT-15重歩兵戦闘車など、
これ見よがしの示威パレードでした。

なにかと中国軍への関心ばかりなのですが、ロシアの脅威
にもあらためて再認識する必要がありそうです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 09:24| Comment(2) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

日本の戦争責任を問う日本人

新聞記事やテレビ、さまざまなメディアで日本の戦争責任
を問うている日本人をよく見かけます。

東京裁判の判決を受け入れているという理由を掲げ、自国
に反省を促す主張は、政府の集団的自衛権の解釈変更から
にわかに強まってきました。



戦争をしない国という主張には誰も反対はしないでしょう。

しかし、70年前の戦争とは切り離して考えるべきで、国際
情勢も当時と今とではまったく違います。



アジアとアフリカという世界の陸地のおよそ4割ほどの広大
な地域で、第二次世界大戦が始まった1939年までに独立して
いたのは、たった五カ国にすぎません。

日本・中国・タイ・イラン・エチオピアのみです。

それ以外はすべて欧米各国の植民地だったわけで、軍事的な
圧力による帝国主義の考えは、日本よりもむしろ欧米のほう
が強かったのでした。

植民地というのは、侵略した結果で得た領土なのです。



こういう世界情勢下で中国へ侵略戦争を開始したからといっ
て日本だけが批難されるのでしょうか。

いいえ、領土的な野心で開始した戦争ではありませんでした
ので、侵略戦争ですらないのにです。

今でこそ満州は中国の一部ですが、当時の満州も中華民国
に属していたと考えている人は、ただの無知ですね。



東京裁判の判決を受け入れたのは、戦争に負けたからでして
それ以上の意味も以下の理由もありません。

受け入れるしか選択肢のないものを突きつけられただけなの
ですから、これをもって自虐史観に陥ることは危険です。

歴史問題とは、当時の国際倫理などから判断しなくてはいけ
ないのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 11:12| Comment(2) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

戦艦武蔵が発見された

フィリピン中央のシブヤン海の海底において、戦艦武蔵
と思われる艦体が発見されました。

艦首の菊の御紋章と巨大な錨から武蔵だと思われ、日本
の専門家たちも写真を分析した上で、間違いないと断定
しました。

武蔵は大和型戦艦の二番艦で、大和よりも半年遅れで完
成しました。三菱重工長崎造船所が建造を担当した当時
では世界一の軍艦でした。

46センチ砲9門を搭載して、砲弾の重量が乗用車一台分
もあるのに、4万メートルも飛ばすことができたのです。



発見したのはマイクロソフト社の共同起業家だったポール
アレン氏です。

アレン氏は個人所有のヨットに搭載した深海潜水艇で同海
を探査しているときに発見したという。

1940年に完成して1944年に撃沈された武蔵は、海上に勇
姿を見せていたときよりもはるかに長く、70年という長い
間、誰にも発見されずにジッと耐えていたのでした。



これを機会に、日本も本格的な調査を始めてほしいと思う
のですが、近い将来、引き上げる技術が開発されたならい
いですね。

東シナ海で沈没した大和ともども、なんとかならないもの
かと思いました。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:戦艦武蔵
posted by 子竜 螢 at 07:01| Comment(4) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

建国記念日とは

昨日は建国記念日でした。神武天皇が即位した日とされます
が、そういう神話的なことに反対の人も数多くおられます。

それが天皇の神格化につながるとのことですが、現憲法での
国民の象徴という立場とは、絶対に相容れないのでしょうか。



そもそも、神武天皇は架空の人物なのかどうか、諸説があり
ますが、面白い説をひとつご紹介しておきましょう。

呉の孫権ではないかという説です。もしくは周防です。



三国志をご存知の人なら説明のいらない人物ですよね。

魏。呉・蜀と後漢時代から続く120年にわたる壮大な物語
なのですが、呉の皇帝孫権こそが神武天皇だというのです。

もしくは、孫権の家臣の周防という説もありますね。



揚子江以北をすべて制圧している強大な魏に対抗するため、
人口の少ない呉は倭国へ人狩りの部隊を派遣しました。

それはちゃんと記録に残っておりまして、孫権が周防という
将軍に命じたとされています。

その部隊が卑弥呼以降の倭国を制圧したとされておりまして、
孫権もしくは周防が偉大な大王として君臨したことは想像に
難くないでしょう。

日本の着物がなぜか呉服といいますし、当時の呉のことを
描いた絵画でも、日本の着物と同じ感じのファッションなの
ですから、信憑性はかなり高いと思われます。



孫権という人物は胡族の血が混ざっていたようでして、三国志
での描写でも碧眼だったといいますから、むしろ周防説のほう
が有力かもしれません。

このように神武天皇が実在した人物だったとしますと、建国
記念日の意義をあらためて考えさせられますね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:建国記念日
posted by 子竜 螢 at 07:18| Comment(2) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

開戦記念日

太平洋戦争が真珠湾攻撃によって始まったと誤解している人
が多いようですね。

実際にはその一時間ほど前に、当時イギリス領だったマレー
半島のコタバルに、日本の陸軍が上陸作戦を開始したのが
始まりです。



日本軍による真珠湾攻撃が次善に察知されていたかどうかに
ついての論議は、イギリスの公文書館で証拠がすでに発見さ
れております。

セルビア人のポポフというスパイがナチスから入手した情報
がイギリスの情報収集機関に伝えられ、そしてFBIのフーバー
長官に伝えられたことまでわかっているのです。

とすと、アメリカの公式な発表では、フーバー長官がこれを
一笑に付して握りつぶしたという。ルーズベルト大統領には
伝えなかったというのだ。



そんなことは、当時の状況から考えてあり得ませんね。信憑性
のない情報をイギリスの諜報機関がわざわざアメリカに伝える
わけがないのです。

一笑に付してよいなら、イギリスの諜報機関の段階でそうして
いたでしょう。



ともあれ、真珠湾攻撃もコタバル上陸作戦も、当時後発組の帝国
主義国日本が、先発組で利益を貪っていた欧米からの圧力に屈し
ない選択をした戦いでした。

だからこそ、アメリカは戦中から戦後にかけて日本の強さやすばら
しさを素直に認め、ただの敗戦国ではない扱いをしてくれたので
しょう。

現在の日本の繁栄は、戦争で亡くなられた先人たちのおかげです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html


ラベル:真珠湾攻撃
posted by 子竜 螢 at 23:15| Comment(2) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月13日

いい国つくろうは間違いなのか

いつの間にやら、歴史の教科書が変貌しておりました。

新たな発見や研究結果、それに遺跡発掘の捏造などの
新事実を加えて、まさに子竜たちが学んだこととは別の
記載が多くみられるのです。



まずは聖徳太子。

実在したかどうか疑わしいという研究結果が多く示され
たため、1万円札に使われていた肖像画は、聖徳太子像と
いわれている、という表現に改められています。



次は、鎌倉幕府の成立です。

いいくにつくろう頼朝公として、語呂あわせで覚えた
1192年が、いつの間にか1185年になっていました。

文治元年です。

この説の信憑性としては、昔、政変があったときに元号を
変える習慣があったことから高いと思われます。

しかし、実質的な幕府成立としてみるか、あるいは頼朝の
征夷大将軍就任時を成立時として考えるのかという議論は
当分続きそうですね。



ともあれ、たまには歴史教科書を覗いておきませんと、子
や孫たちから馬鹿にされかねません。

感じの書き順も昔とは違っているようですし、いつまでも
勉強は必要ですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:鎌倉幕府 源頼朝
posted by 子竜 螢 at 10:45| Comment(2) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

吉田清治と植村記者

従軍慰安婦という言葉は、問題にされてから作られた
言葉であって、戦争当時からあったのではありません。

朝日新聞による新造語とでもいいましょうか。



朝日新聞の植村記者が、吉田清治なる人物から慰安婦を
集めて前線へ送った経緯の説明を受けたとき、植村記者
は女子挺身隊員と混同してしまいました。

後に、間違った記事を書いてしまったと悔やんでいるの
ですが、朝日新聞はなぜか訂正記事も出さないし、軍関
係者への謝罪もないまま、現在に至っております。



吉田という人物の小遣い欲しさの面白ネタが、国家外交
まで左右するほどの大きな事件へと発展してしまった背
景には、後へは引けないという朝日新聞側のかたくなな
態度でしょう。

なぜ引けないかといえば、軍関係者への名誉毀損が成立
してしまうからであり、対象人数の多さからしますと、
社の存続が難しいほどの賠償請求を覚悟しなくてはなり
ません。



また、嘘の記事をずっと正当化して国益まで損ねてきた
となりますと、不買運動や広告掲載の引き上げなど、そ
れだけでも致命的なダメージに繋がる恐れがあります。

今、朝日新聞を購読している人は、どのような方なので
しょうか。きっと、かなり左寄りなのでしょうね。

しかし、戦時中の朝日新聞を知らないのだと思います。
どの新聞社よりも国威掲揚に務め、日本軍の戦果を大々
的に報じてきたものでした。

社のマークをみれば、一目瞭然ですね。旭日旗そのもの
ではないですか。



かといって、朝日新聞を攻撃したいのではありません。

責任あるメディアとして、謝罪すべきところはしてほしい
だけです。

そして、旧軍人たちによる朝日新聞への集団訴訟も謝罪
によって取り下げられたなら、従軍慰安婦の国内における
問題は解決するでしょう。

もちろん、朝日新聞の謝罪によって、韓国がどう変化する
ものかわかりませんが、少なくとも、これまでのような
強硬な態度ではいられないと思います。

社のメンツよりも、大切なことってあると思いますよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:従軍慰安婦
posted by 子竜 螢 at 09:44| Comment(2) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

69年目の終戦記念日

今日で69年が経ちました。

当時、廃墟同然だった日本の都市部も今では戦争の
傷跡などどこにもなく、高層ビルが立ち並んで繁栄
の一途をたどっているかのように見えます。



あの戦争で日本は何を失って何を得たのでしょうか。

戦後生まれの子竜には理解できない部分も多々あり
ますが、少なくとも今の繁栄は、先輩諸氏の筆舌し
がたい努力によるものだったのでしょう。



蛇口を捻ると、飲める水が出てくる。
6歳になると学校に通える。
病気になれば、すぐに診療してもらえる。

などなど、日本は世界でもっとも優れたインフラを
整備しました。

これが当たり前だと思っている人は、他の先進国へ
行ってみればわかります。

舗装してある道路は都市部だけ。日本では山道でも
広い舗装した道路があるのです。



日本人に生まれてよかった。

毎年この日が来るたびに、そう感じております。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html


posted by 子竜 螢 at 10:26| Comment(2) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

河野談話の検証

これまで再検証せずとの方針だった政府が、20日に河野
談話の検証結果を発表しました。

韓国からは遺憾の意が表明されましたが、河野談話発表
までの経緯を明らかにすることは、両国の関係にとって
重要なことです。



検証の結論としては、談話発表の事前に韓国側とのすり合
わせを何度も行ない、韓国側が納得する内容に変化して
いったこと。

すり合わせ作業の実態を、マスコミに発表しないこと。



つまり、完全に韓国側の言い分ばかりが盛り込まれたという
わけですね。

聞き取り調査も不十分な上に、事実誤認や、朝鮮戦争での
被害者と思われる女性が混ざっていたことからも、河野談話
は破棄しなくてはなりません。

もっとも、日本人のほとんどは河野談話など何の意味もない
ことを知ってはいましたが。。。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html

%
posted by 子竜 螢 at 11:39| Comment(10) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

コロンブスの船

コロンブスの卵という言葉があります。

卵を立てられるか、という設問に、底を潰して立てて
みせた逸話は有名ですよね。

固定観念を打破して新しいことにチャレンジするとい
う意味で、すっかり馴染んでおります。



ところで、ハイチ沖の海底に沈んでいる船が、コロンブス
の旗艦サンタマリア号ではないかとの確証が深まりました。

同沈没船が発見されたのは11年前だったのですが、500年
の歳月による腐食などが激しく、現代の科学にてようやく
確証を得られたのでしょう。

もしも船内に貴重な資料が残されていたなら、新大陸発見時
の様子が詳しくわかるかもしれません。



イタリアの冒険家クリストファー・コロンブス。

人類が存続している限り、この名前は語り継がれるのです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html

posted by 子竜 螢 at 11:50| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

戦後急速な発展をした理由

300万人もの犠牲者を出した第二次世界大戦
が無条件降伏という形で終わり、あとに残っ
たのは焼け跡ばかりでした。

しかし、日本は数年後から早くも復興の兆し
を見せ始め、30年ほどあとのオイルショック
までは常に右肩上がりに発展してきました。

こんなことが可能だった理由とは、何だった
のでしょうか。



もちろん、アメリカからの有形無形の援助は
ありました。

日本人特有の勤勉さもあったでしょう。

でも、それだけでは説明のできないほどの急速
な発展振りです。



戦前と戦後の違いを考えてみますと、憲法と
民法が大きく変わりましたね。

ただし、経済発展とはあまり関係がなさそうです。



日本が戦後急速な復興と発展を遂げたのは、中国
と朝鮮から手を引いたからではないかと考えます。

日本の降伏とともに韓国は日本の支配から解放さ
れたと喜んだようですが、それまでに注がれた
血税額を考えますと、むしろ開放されたのは日本
のほうです。

中国の占領地における物資配給や治安維持費も不
必要となった結果、日本は自国の発展のみに税金
を注げるようになったのです。



歴史の裏返しなのか、中韓と経済的に深くかかわる
ようになった頃から、やはり国内景気は悪くなって
きました。

無理して交流する相手ではないのかもしれませんね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:高度成長時代
posted by 子竜 螢 at 13:06| Comment(2) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

日本史が必須科目になるらしい

日本史が必須科目として検討されているのは、高校
の話で、2019年がメドになっています。

これまで、日本史は選択科目で、世界史のほうを
選択する生徒が多いという。



このニュースを聞いたとき、なぜ必須じゃなかった
のだろうか、と愕然としましたね。

日本の地理と歴史を学ぶことは、基本中の基本で
あるからです。

クイズ番組などで、何々県の場所はどこか、という
設問に間違った答えを述べたり、塚原朴伝を新撰組
のメンバーだとカン違いしている人がいました。

日本が中韓よりも優れていると考えていたのは、正
しい歴史を学んでいることでしたのに、必須じゃな
かったなんて信じられない思いです。



まあ、遅ればせながら、必須にするというのですか
ら、歓迎すべきことではあります。

ただ、中韓に迎合するような教科書検定にだけはし
てほしくありません。

現代の倫理観でいう善悪や著者の解釈を入れない、
こういうことが実際にあったという教科書にしてほ
しいですね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:日本史
posted by 子竜 螢 at 20:42| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

東条英機とヒトラー

新藤総務大臣の靖国神社参拝が、正月早々論議を
呼んでおります。

あるテレビ番組では、女性タレントがA級戦犯の
東条英機首相とヒトラー総統とを同一視したりで
正しい歴史観が日本人から損なわれているのでは
ないかと危惧する次第です。



戦後、日教組なる教員組合ができたせいで、歴史
の時間に正しい歴史を教えなくなったようですね。

東条英機総理がA級戦犯とされ絞首刑になった経緯
を少しも教えていないから、靖国神社までが誤解を
されているのです。



東条英機氏が総理に就任したのは、昭和16年の
10月21日です。

すでに6月の御前会議では、11月までに日米の
国交が回復しなければ12月初旬をもって開戦と
する、と決定済みだったのです。

たったひと月半ほどの期間だけで、あのような大
規模な戦争計画と準備ができると考えるほうがお
かしいでしょう。

むしろ、戦争の準備を推し進めてきたのは、前任者
の近衛文麿氏です。

近衛氏が戦犯とならずに済んだのは、陛下に近い
存在だったからであり、GHQも天皇を処罰して
は日本を統治できないと読み、たまたま開戦時の
首相だった東条氏を逮捕したのです。



東条英機氏が首相になった経緯は、どうせ戦争に
なりそうだから、首相は軍人のほうがいいだろう、
というだけの理由でした。

東条氏も東京裁判の公判中に、面会に訪れた笹川
良一氏に、陛下に誄が及んではならない、と諭され
すべての責任は自分にあるとして死刑を受け入れた
のです。

昭和天皇に戦争責任があるかどうかは別として、
東条英機氏の潔さこそ褒め称えるべきであり、ユダヤ
人を虐殺したヒトラーと同列に論じるのは無礼千万
の意見だと思います。



しかも、戦前にはなかった戦争犯罪という事後法を
もとにしての裁判などは明らかに無効です。

インド代表のパル判事のみが、正しく無罪を主張し
てくれました。

そもそも、国際連盟が定めたジュネーブ条約では、
戦争行為に及ぶ場合には宣戦布告をせよ、とか、
捕虜を虐待してはならない、などの決まりがあり、
戦争そのものを否定してはおりませんでした。

つまり、奨励こそしないものの、国際紛争の解決
手段としての戦争を容認していたのですから、戦争
犯罪という罪は、当時ありえなかったのです。



そういう意味では、ベルサイユ体制の打破のために
戦争に踏み切ったヒトラーも正当なのです。

ただし、ユダヤ人の虐殺だけは許されません。が、
虐殺と戦争は別ものですから、ヒトラーにも戦争
責任はないと考えます。

戦争責任など、事後法で裁くべきではありませんし
敗戦国の人間だけが被告人になるべきものではない
でしょう。

多くの民間人を殺した原爆の投下を命じた人は、
なぜ戦争責任に問われないのでしょうかね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 13:43| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

旭日旗とハーケンクロイツ

最近、中国や韓国が、旭日旗とハーケンクロイツ
を同化しているのではないかという気がしてきま
した。

旭日旗は朝日新聞のマークのように、日の丸から
8方に後光が指しているもの。ハーケンクロイツ
はナチスドイツの象徴で、寺のマークを裏返した
鉤十字と呼ばれるものです。



いいえ、旗のデザインの話ではありません。日本と
ドイツの戦後賠償の話です。

敗北したからというのではなく、両国とも最初に
戦端を開いた責任として賠償の義務があります。

しかるにドイツは、1マルクすらも賠償していま
せんね。

「ナチスのドイツと戦後のドイツは別物」
というのが論拠だそうで、戦争に巻き込まれた
周辺国も、その論理には反対していないから不思議
です。



一方、日本はせっせと賠償をしたのに、まだ足りな
いと従軍慰安婦やら強制徴用やらの問題が、とくに
韓国から持ち出されています。

何かおかしい。

いや、両国の周辺国の態度です。



ナチス党はドイツの国民が選挙で選びました。

ヒトラーを大統領ではなく、すべての権限が与えら
れる総統に押し上げたのも、ドイツ国民の総意だっ
たはずなのです。

日本の東条英機首相も、昭和天皇も、国民には選ぶ
権利などありませんでした。ドイツの主張は、むし
ろ戦後の平和憲法を押し出した日本こそ主張すべき
論法ではないでしょうか。

なぜ、根本的に違う両国を同一視する国があるので
しょうか。



同一視している理由はわかっています。

ナチスのユダヤ人虐殺と同様な被害者だと言いたい
のでしょう。

しかし、とくに韓国は、戦勝国でもないのに戦勝国
のような要求を日本に度々突きつけてきます。

新日鉄住金や三菱重工に対する強制徴用への賠償は
日韓経済協定などで解決しているはずなのです。



万一、韓国の最高裁にあたる大法院が両企業の敗訴
判決を出したなら、経済協力協定を反故にするもの
と解釈しなければなりません。

その場合、日本が韓国に進呈してきたインフラや、
各企業の設備などの賠償権が生じるでしょう。

韓国人の法学者の中でも、そういう意見が出始めて
おり、日韓の問題が最高潮に発展するのではないか
と危惧しています。



韓国は今、北朝鮮と対立して向き合っています。
なのに、日本との対立を煽っていいのでしょうか。

日本と北朝鮮がもしも同盟を結んだなら、って考え
は、あくまでも妄想なのですかね。

南北から敵に挟まれて、大変なことになりますよ。
韓国は、防衛費だけでパンクしそうですね。



最近、韓国批判を何回か書きましたが、子竜の真意
は韓国に自制を促し、日本を敵にしたいのか味方に
付けたいのかはっきりさせることです。

友人でありたいのなら、言いたいことがあっても
我慢するのが大人の交際ですよね。

しかも、70年以上も前のことを持ち出すなんて、
今の日本人のほとんどに責任なんてありません。

いつまで子供なのでしょうね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 14:02| Comment(2) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする