2010年01月07日

歴史の授業

先日ですが、読者のRANAさんからこういう
意味のコメントをいただきました。歴史への興
味についてのコメントです。

以前は歴史に興味がもてなかったけれど
大河ドラマをきっかけに興味が出てきた。



子竜はずっと以前に、西尾幹二さんが主催する
「新しい歴史教科書を作る会」に対して要望
を送ったことがあります。

「新しい。。。」というからには、テストの
ための教科書ではなく、子供たちが歴史に
興味をもってくれるような教科書にしてほしいと。

具体的な案として、縄文や弥生時代などという
考古学的なところからスタートするのではなく
現代から順に遡って教える教科書ができないか
というものです。


もちろん、文部省(当時)の学習指導要綱には
合致しませんから受け入れられるはずはなかった
ですし、いきなり第二次世界大戦のことを教える
現場の教員さんたちの思想的なものも問題になって
くるでしょう。


でもね、現代社会の形は第二次世界大戦の結果
によって定まった部分が多いですし、あの戦争
に日本が加担したのは明治維新による富国強兵
政策です。

そして、明治維新をやり遂げた人たちは関が原
の合戦で敗者となった人たちの子孫なのですから
遡ってゆくことで因果関係がはっきりします。


まあ、変えろといっても無理なことは承知して
いますからいいのですけれど、歴史嫌いになる
原因は、テストのための授業にあることは間違い
ないでしょう。

あなたはどうお考えになりますか?




※子竜お勧めの無料で学べるお得な情報集
アフィリ系・ギャンブル系・投資系・美容系など豊富に揃っています
http://blog.livedoor.jp/shiryukei/archives/2009-01.html





posted by 子竜 螢 at 09:57| Comment(4) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

坂本竜馬の人間像

今日からいよいよ竜馬伝の始まりです。

坂本竜馬といえば、司馬遼太郎氏の名作
「竜馬が行く」で日本人の間にイメージ
が出来上がってしまいましたから、どんな
人間像として描かれるのかが楽しみですね。


岩崎弥太郎の視点から描かれる竜馬。

たしかに、弥太郎と竜馬は馬が合わず
世へ出てから一緒に行動したのは稀で
したね。

下級武士の脱藩者であったために、どちらも
大きなことをやりたかったのでしょう。進ん
だ方向性がほぼ同じだたのには驚きます。

商人と海運会社の社長という二人ですが
竜馬のほうは政治面に口出しをしたため
最後には暗殺されました。


なんにせよ、竜馬は国民的な英雄です。
早く20時にならないかと楽しみですね。


※子竜お勧めの無料で学べるお得な情報集
アフィリ系・ギャンブル系・投資系・美容系など豊富に揃っています
http://blog.livedoor.jp/shiryukei/archives/2009-01.html





posted by 子竜 螢 at 09:59| Comment(2) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

仮名手本忠臣蔵の由来

赤穂浪士の吉良邸討ち入りは昨日と
一般的にはいわれておりますが、
実際に討ち入ったのは日付が変更
してからでして、しかも雪ではなく
て雨が降っていたそうです。


忠臣蔵が日本人の間に定着した演目
となったのは、なんといっても歌舞伎
の「仮名手本忠臣蔵」の役割が大きい
でしょうね。

江戸時代にはすでに圧倒的な人気を得て
現在までに至っています。


ところで、なんで仮名手本って言うの?


考える必要はありませんね。ズバリ
そのものの「仮名の手本」から得た
題材なのです。

江戸時代の寺子屋では、いろは47文字
を7行7段の手本で教えていました。

この47という数字も赤穂浪士を意味する
ところなのですが、仮名手本の最下段
を横に読みますと、幕府の対応を不満と
した庶民の気持ちが表れているのです。


ためしに書いてみてください。
いろは順に7行7文字にしますと
最下段はこうなります。

とかなくしす

昔は濁点を用いませんでしたので
現代風に訳すとこうなります。

咎なく死す


つまり、主君の敵討ちをした者たちは
武士道の鏡であって、罪もないのに切腹
させられた、というところでしょうか。

あるいは、吉良上野介から理不尽な喧嘩
を吹っかけられた浅野内匠頭のこともさして
いるのかもしれません。


ともあれ、忠臣蔵が話題になると、いかにも
年末って感じがしてきます。



posted by 子竜 螢 at 05:48| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

日米開戦にまつわる謎

毎年12月8日を迎えると特集されるのが
旧帝国海軍による真珠湾攻撃です。

山本五十六聯合艦隊司令長官の発案とされて
いる奇襲攻撃ですが、なぜか、この攻撃で
太平洋戦争が始まったと誤解している人が
多いようですね。NHKの特集番組でも
そう言っていましたし、歴史の教科書でも
そう教えていますから不思議です。


太平洋戦争は、実は真珠湾への攻撃の2時間
ほど前
に、帝国陸軍によるイギリス領マレー
半島上陸作戦によって開始
されました。

日本陸軍の動きはアメリカのアジア艦隊から
ホワイトハウスへ通報されていたのですが
なぜか途中でもみ消されたことになっています。


子竜が思いますに、当時のルーズベルト
大統領は、日本側から仕掛けた戦争
ということにしたかったのだと感じます。

真面目な戦史家は子竜たちのような作家
のたわ言とよく言うのですが、2時間の
差という事実は隠しようがありませんし
ちゃんと通報している記録も残っている
のですから、なおさら不思議なのです。


ともあれ、日本人だけでも380万人
が犠牲となりました。戦争など二度と
してはなりませんね。


posted by 子竜 螢 at 08:50| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする