2019年03月18日

ワンセグとNHK

携帯電話やスマートフォンにあらかじめ付帯している
ワンセグメントについて、最高裁がNHKとの受信契約
義務があるとの判決を下しました。

つまり、ワンセグ放送なんて見ていないという人でも
スマホを持っているだけで契約職員が押しかけてくる
ことになりそうです。



テレビを見ない人にとっては、今回の判決確定は、ス
マホ回線料金の実質的な値上げと同じことでして、割
合からしますとNHK受信料が高く思えてしまいます。

そこで、この春から登場するのが、通信各社が新発売
するワンセグ機能のないスマホです。

詳細はまだ明らかにはなっておりませんが、通信各社
とも数モデルを用意するようでして、人気が集中する
かもしれません。



また、NHKが画策しているネットの同時配信ですが、
これが実現しますと、ワンセグなしの機種に変更する
意味がなくなってしまいますので、要注意です。

ともあれ、NHKの貪欲さには、呆れるばかりですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 18:57| Comment(0) | テレビ アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

ワンセグ高裁判決

東京高裁で、水戸地裁とさいたま地裁とで争われていた
NHK受信契約の裁判で、いずれもNHK勝訴の判決が
出されました。

もちろん最高裁まで争われそうな案件ですが、ワンセグ
にまで受信契約を義務とするのは、いささかやりすぎで
はないかと感じます。



携帯やスマホの所有者で、いったいどれくらいの割合が
ワンセグ放送を視聴しているのでしょうか。

しかもそのうち、NHKを見ているのはどのくらいなの
でしょうか。

月々の料金はわずかとはいえ、五年間も遡って請求され
ますから、馬鹿にはできない金額ですよ。

ワンセグ機能なんて、ユーザー側が付けてくれと望んだ
わけではないし、勝手に付けられているものなのです。



携帯電話の製造会社にお願いしたい。

これからの新機種にはワンセグ機能など不要ですし、ワ
ンセグが付いているばかりに売れなくなる可能性があり
ますよ。

とはいえ、放送法では、受信装置の設置と携帯とが区別
されており、携帯するものについては受信契約から除外
されるとあります。

しかるに、今回の東京高裁の判決は、おかしいですよね。



放送法を根本から見直し改正する必要があります。

国家に不利益となる放送の禁止も含めて、職員の給与額
も人事院勧告に準じることも含めた改正を行ないません
と、訴訟だらけになってしまいます。

なぜなら、受信料不払いの理由は人それぞれでして、契
約を巡る訴訟とは別個だからです。



スクランブル化、CMの導入、国営放送への移行などな
ど、時代に合ったスタイルへの変更も必要でしょう。

口火を切る野党があるなら支持率はそれなりに上がると
思うのですが、やはり、選挙時期の放送枠を減らされた
くないので、矢面には立てないのでしょうかね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:NHK受信料
posted by 子竜 螢 at 16:44| Comment(0) | テレビ アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

公平な受信料負担とは?

NHKがネット配信での受信者に対しても、受信料の徴収
を目指しているようです。

対象となるのは、テレビがなくとも、受信可能なアプリな
どを入れているスマホ所有者です。



NHKの言い分はいつも国民の感覚とはずれていると感じ
てしまうのですが、それは民営化をされなかった唯一の国
の外郭企業だというせいでもあるのでしょう。

三公社五現業はすべて民営化されましたが、NHKだけは
特殊な形態のまま存続しております。



で、NHKが掲げている公平な受信料負担という点を突き
詰めて精査してみますと、見てもいない放送の受信料を徴
収するのが公平なのか、という疑問が第一に浮かびます。

次に、家族の人数ですね。多くの家族の居る世帯と独居世
帯とが同じ料金でいいとは思えません。外で働いている独
居世帯では、視聴する時間が限られていますし、専業主婦
や幼児がいる世帯では、それこそ一日中の視聴が可能です。



さらに言いますと、どんな番組を流してほしいのか、とい
うユーザーである国民の意見を問うでもなく、勝手に某国
のドラマばかり流し続けたりしましたからね。

受信料公平負担の原則を捻じ曲げているのは、NHK自身
ではないでしょうか。

ついでにもうひとつ言いますと、職員の給与が高すぎます。
受信料は半額にまで落とせるはずなのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:NHK
posted by 子竜 螢 at 15:24| Comment(0) | テレビ アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

NHK受信料徴収の根拠

昨日のこと、NHKの受信料徴収員という若い男性がやっ
てきました。

「お宅にテレビはありますか」と尋ねられ、あると答えま
すと受信契約をして受信料を支払ってくださいと言う。

あたかも、強制的な義務であるかのような口調です。



放送法第64条。

「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者
は、協会とその放送の受信についての契約をしなければなら
ない」

これが受信料徴収の根拠とされております。



しかし、条文を良くみてください。受信設備の設置という部
分が重要です。

テレビという家電品は、放送電波から映像と音声を再生する
装置ではあっても、放送電波の受信装置ではありません。

ですので、家庭ゲーム機だけ接続しているテレビはもちろん
のこと、テレビの存在が受信料徴収の根拠とはなり得ないの
です。

放送電波の受信設備とは、アンテナなのですよ。



そして、受信設備を保有している者ではなくて設置した者に
受信契約の義務があるのですから、大概の場合は電気工事の
業者か家電品店でしょう。

設置している者でもありません。設置した者が対象なのです。



さらには、衆議院の予算委員会において、維新の会の議員か
ら質問を受けた籾井会長の答弁に、このような発言がありま
した。

「受信料の支払いを法律で義務化していただければ助かりま
す」と。

つまり、義務ではなかったのです。



子竜は実際にもテレビは見ませんし、捏造だらけの大河ドラ
マなんぞに興味はなく、まして、韓国ドラマなど見たくもあ
りません。

NHK職員の平均給与の高さにも憤りを感じております。

また、スマホのワンセグ受信などには言及せずにテレビのみ
をターゲットにしているなど、時代に合わなくなっているの
に放置したままなのです。

放送法が改正されて条文に支払いの義務が明記されないうち
は、支払う気持ちになれないというのが正直なところです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:NHK受信料
posted by 子竜 螢 at 15:53| Comment(0) | テレビ アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

NHKの将来像

ネットサーフで見る限り、ネット民のほとんどがNHK
受信料の強制徴収に反対していますよね。

なぜなら、ネットしているとテレビなんか見る暇はな
いし、必要もないからです。



面白い意見を見つけました。ただ単にNHKが嫌いとい
うことではなくて、NHKのあり方を提案しているもの
なのですが、最初の出どころがわかりませんので、リ
ーク先の記述は省かせていただきます。

以下が、提案意見です。



NHKの受信料はほとんど税金と同じ。なぜなら、法律
で支払い義務が定められているから。

ならば、NHKの会長や役員は国民が投票する選挙で決
めるべきであり、職員の給与は、今の高額なものから
公務員程度にまで引き下げよ。



なかなか良いところを突いていると思いませんか。

国民の投票でトップ人事が決まるなら、左寄りに偏っ
た番組構成もなくなるだろうし、報道もなくなります。

細かな問題はあろうけれど、会長選挙というのは面白
そうですね。名案です。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:NHK
posted by 子竜 螢 at 22:14| Comment(0) | テレビ アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

またもや捏造か

ネットの力って凄いですね。ちょっとしたことからウソが
バレてしまいます。

18日に放送されたNHKニュースの特集で採り上げられた子
供の貧困が、問題となりました。



貧困家庭で育てられている少女が登場して、どれほどの
貧困なのかを報道していたのですが、映像を見た限りで
は、少女の部屋にはキャラクターグッズやら書籍やらが
いっぱいで、とても貧困家庭とは思えませんでした。

そして、あるネットユーザーが少女のSNSアカウントを
特定して調べた結果、豪華な食事をしている写真が掲載
されているなど、かなり散財していることが判明したの
です。



問題なのは、少女のほうではありません。貧困ではない
のに貧困だと偽って出演させたNHKの側でしょう。

そもそも、どういう経緯でその少女が選ばれたのか、誰
が選んだのか、疑問が疑問を呼んでいます。

自民党の国会議員の中にはNHKに説明責任を果たすよう
申し入れた人もいるほどで、またもや捏造報道なのかと
しばらくは収まれそうにありません。



YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:NHK
posted by 子竜 螢 at 23:08| Comment(0) | テレビ アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

シャープの起死回生策

元NHKの職員であり船橋市の市会議員でもあった男性
が、自宅のテレビにNHKだけ映らない装置を取り付け
て、受信料の支払いを拒否していた裁判がありました。

裁判所は、装置はいつでも取り外せるので、受信料の
支払いを命ずる判決を下しました。



元市議は、装置をテレビに溶接してから控訴するよう
ですが、NHKを見ない人にとっては、強制的な受信料
の請求は納得できないことでしょう。

ならば、

メーカーの製造段階でNHKを受信できないテレビを生
産してくれれば、かなりの人気商品になるのではない
でしょうか。

シャープあたりがやってくれますと、まさに企業の起
死回生策になると思うのです。



ただし、テレビ製造に関する法律のことは知りません。

可能であれば、という話ですし、アンテナ接続機能の
ない家庭ゲーム機専用の安価なテレビがあってもいい
と思いませんか。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:NHK放送
posted by 子竜 螢 at 11:56| Comment(0) | テレビ アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

テレビ離れの最大原因

インターネットが普及して、とくにSNSが盛んになって
から、若者を中心にテレビ離れが進んでいるといいます。

NHKで不祥事が続き、契約解除をした人も多いとか。



しかし、テレビ離れの最大の原因は、やはり番組の構成
や質にあると思います。

昔はクイズ番組などで、視聴者参加型のものが数多くあ
り、それなりに視聴率を稼いでおりました。

今はひな壇タレントばかり。

いいえ、どこのキー局も、ドラマ・音楽・バラエティー
など、構成自体には特色がありません。

かといって、ニュース専門や映画専門の放送媒体は有料
なので、いくつも加入しますと家計を圧迫してしまいま
すよね。



娯楽がテレビしかなかった時代ではなくなりました。

民放番組のスポンサー企業も、視聴率の取れない番組
からは手を引いてしまいます。

SNSをリアルタイムでできる番組を作ってはどうでしょ
うかね。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:テレビ番組
posted by 子竜 螢 at 12:05| Comment(0) | テレビ アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

録画ができなくなる

アナログ放送から地上デジタル放送になって、画面
の解像度が飛躍的に鮮明なものとなりました。

女優さんたちは、メイクに苦心しているそうですね。

ところが、これから本格的に普及しそうな4Kテレビ
はさらに上をゆくらしく、ほとんどマザーテープに
近い画像になるらしい。



そうした技術が進む中、民放連はテレビメーカー各社
へ、4K放送の録画が出来ないようにしてほしいとの
申し入れを行ないました。

最近問題となっている、ドラマやアニメなどの違法な
動画サイトへのアップを出来ないようにするためで、
マザーテープに近い海賊版が出回りますと、放送業界
の痛手は計り知れないといいます。



実際に録画ができないようになるかどうかはわかりま
せんが、できなくなる覚悟だけはしておいたほうが良
さそうですね。

とすると、4Kテレビの普及が思ったほどにならない
可能性もあるわけで、メーカーとすれば民放連の申し
入れをそのまま受け入れられないかもしれません。

いずれにしても、これから先、二転三転しそうな問題
ではあります。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:4Kテレビ
posted by 子竜 螢 at 07:38| Comment(0) | テレビ アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

テレビ視聴をやめてみたら

昨年7月の引越しを契機に、テレビを倉庫へ仕舞い
込みました。ゲーム機に接続するものだけを今も
使用しています。

それからは、番組視聴をすることもなく、静かな
生活が続いております。



最初はなにか寂しい感じがしたものでしたが、すっ
かり慣れました。

いろんなことに集中できるようになりましたし、メ
リットも感じています。



テレビ視聴をやめた結果の最大のメリットは、電気
代がほぼ半額になったこと。

NHKを解約できたこと。

時間を有効に使うようになったこと。

それでも、ニュースや天気予報など最小限の情報収集
に困らない理由は、やはりインターネットですね。



どうしても見たい番組がなくはないのですが、我慢で
きないほどではなく、むしろ静かでいい感じです。

読書の時間も増えましたよ。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:テレビ
posted by 子竜 螢 at 22:58| Comment(0) | テレビ アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

真田丸を見た感想

NHKの大河ドラマ真田丸は、視聴前の期待感が
もっとも高いもののひとつでした。

あくまでも個人的な感想ではありますが、歴史の
作家として述べさせていただきます。

あくまでも個人的な感想ですので、ご容赦くださ
いませ。



結論から申しますと、ずっと以前に放送されまし
た真田太平記の焼き直しという感じを受けました。

草刈正雄が幸村から昌幸へと役柄が移ったのにも
違和感があり、真田太平記を見た人なら同じような
感想を抱いたのではないでしょうか。

なにより、主人公も含めたミスキャストが多すぎ
でしょう。池波正太郎氏や司馬遼太郎氏が描いた
人物たちとのイメージが違いすぎて、年配者には
違和感があったことでしょう。

真田幸村、織田信長、徳川家康、上杉景勝などみん
なダメ。褒められるのは武田勝頼のみでしたね。


というか、歴史ドラマに合う俳優さんが現代にはい
なくなったのでしょう。

いくら人気俳優を起用して視聴率を取りたいとはい
え、これほどまでのミスキャストがありますと、年
配の視聴者は引いてしまいます。

脚本を手がけた三谷幸喜氏に意見を聞いてみたいも
のですね。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:真田丸
posted by 子竜 螢 at 22:50| Comment(2) | テレビ アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

サザエさんのスポンサー

粉飾決算の不正が明るみに出て予想外の業績不振に
驚かされた東芝が、人気アニメのサザエさんのスポ
ンサーを継続する意向だといいます。

日曜夕方のゴールデンタイムであり、国民的な人気
アニメですので、スポンサー料はかなり高いと思い
ますが、業績不振の折、スポンサーの継続には賛否
が渦巻いております。



ことに東芝株で損害を被った人は、コマーシャルが
流れる度に苦々しい思いをすることでしょう。

また、サザエさんのスポンサーなら、いくらでも希
望する企業はあると思われるだけに、企業イメージ
の保持を目的としたスポンサー契約の継続には反対
する声があるのでしょう。



とはいえ、長寿番組として育ててくれたのは東芝で
もあります。

複雑な気持ちでCMを見ることになりそうですね。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:サザエさん
posted by 子竜 螢 at 19:27| Comment(0) | テレビ アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

紅白出場歌手決定に疑問

今年の紅白歌合戦に出場する歌手が発表されましたね。

しかし、ネット上では疑問の意見が大半でして、NHK
の姿勢が問われることになりそうです。

受信料の増収はおろか、解約が一段と進むのではないか
と危惧されます。



若い世代に超人気の「きゃりーぱみゅぱみゅ」や「もも
いろクローバーZ」が落選する一方で、ずっとヒット曲
を飛ばしたこともなければ歌手活動すらしていない「和
田アキコ」や「近藤真彦」の出場など、どういう基準で
決定しているのでしょうかね。

いや、そもそもどういう視聴者をターゲットにしている
番組なのでしょうか。

幅広い世代をターゲットにするのは、番組作りのポリシー
としてもおかしいと思います。

その他の番組には視聴者層の想定があるはずでして、紅白
だけが想定なしで良いはずがありません。

せめて、プロ野球のオールスター戦のように、ファン投票
枠を設ければ、それなりに納得もしますがね。



そして、大晦日の一日だけ、惜しまれながら引退した山口
百恵に出演してもらうとか、そういう目玉があるなら、紅
白を見る価値は格段に上がると思います。

強制的に受信料を聴取しているからこそ、NHKは国民の
声を聴いていただきたいと願うところです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:紅白歌合戦
posted by 子竜 螢 at 12:55| Comment(0) | テレビ アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

今度はアンテナを開発

以前に、NHKの放送だけを遮断するフィルターを筑波大学
のチームが開発したとお伝えしました。

しかし、テレビ本体に内蔵するのでなくてはすぐに復元
可能となるため、裁判になりますと負ける可能性が大きい
と思われておりました。

この手の商品はアマゾンからすでに8000円ほどで販売され
ております。



しかし、今度はアンテナそのものを開発したというのです。

実際にNHKの人に映らないことを確認してもらって受信契約
を打ち切ったり結ばなくて済んだ例もあったといいます。

なかなかやるものですよね。



開発の中心となった人物いわく、

こんな装置の開発を思いついたのは、NHKの公共性に疑問
を持ったからだといいます。

どうしても政府御用達になる反面、反日的な韓国贔屓であっ
たりしますので、視聴者の意見を代表しているのでしょう。

あなたなら買いますか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:NHK受信料
posted by 子竜 螢 at 18:23| Comment(2) | テレビ アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

NHKだけ映らないようにするには

会長の奇妙な発言が続いたり、莫大な予算で民放の
数倍規模の移転を模索するなど、NHKってやっぱり
親方日の丸なのですかね。

見ていないのに受信料が強制徴収される点も、法律
で定められているとはいえ、理不尽なもののひとつ
でしょう。



そして、さらなる収益源を確保しようと、今度はス
マホに狙いを定めています。

いわゆるワンセグに対する受信料の徴収で、おそら
く月額1000円が課金されるかもしれません。



そんな中、筑波大学の研究チームが、NHKだけ映ら
なくできる装置を開発しました。

ある周波数帯だけ遮断できる共振型ノッチフィルター
の原理を応用したもので、地デジもBSも遮断します。



もっとも、この装置と性能が似通ったものはすでに
アマゾンなどで販売されているのですが、取り付け
たからといって受信料を払わなくて済むようにはな
りません。

なぜなら、家電メーカーにはNHKが映らないテレビ
の製造は法律で禁止されておりますので装置を内臓
した製品は出せませんし、受信料の徴収が受信可能
な機器の保有に対してですので、外付けしてもダメ
なのです。

いや、裁判になった例がまだありませんから、なん
ともいえない状況ですね。



ともあれ、このニュースはNHKだけ流しませんでし
た。当たり前ですね。

でも、職員の給与や各種手当てなどを公開して、民間
放送との格差を縮小する傾向にならないと、受信料の
強制徴収や差し押さえには理解が得られないと思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:放送受信料
posted by 子竜 螢 at 11:28| Comment(2) | テレビ アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

そろそろテレビを買い換える

アナログ放送から地上デジタル放送に変わって久しいの
ですが、今年3月をもってチューナー変換している古い
テレビでは見れなくなります。

放送電波が一種類のみに統合されるからで、地上デジタル
放送が直接受信できるテレビに買い換える必要がでてきま
した。



でも、古いとはいえ壊れたわけでもなく、まだまだ充分に
映ります。放送電波の一本化は、アンケート調査を行なっ
た上で時期を決めて実施すべきではなかったでしょうか。

さらには、NHKの受信料を払っていない場合、画面の左下
に大きくメッセージが表示されることから、まるでNHKの
ために一本化するような変革ですね。



まだ使える古いテレビは、ゲーム機用とか再生専用に使え
ますが、本来必要ではなかった新しいテレビの購入費用は
余分な支出です。

ちょっと痛いですね。

いや、まだチューナーで見ているのかと笑われるかもしれ
ませんが、ニュース以外は見ませんから勿体無いと感じて
買い換えていませんでした。

またテレビ離れが加速しそうです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 04:41| Comment(2) | テレビ アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

受信料徴収を強化へ

NHKの籾井会長が、受信料の強化に乗り出すらしい。

現在、受信料徴収の対象となっていないワンセグな
どの端末にも対象を広げるというのです。



そうなりますと、携帯やスマホはテレビを見なくて
も受信料支払いの義務が生じますが、家庭のテレビ
の受信料を払っている人はどうなるのでしょうかね。

まだ不透明な段階とはいえ、実現されたなら天地が
ひっくり返る騒ぎとなりそうです。

なぜなら、携帯やスマホの月額料金がただでさえも
重くなってきた今、NHKの受信料まで払わされます
と通信会社にも影響がありそうです。



いや、以前から不公平との声はありましたから、意外
に受け入れられるかもしれませんが、自宅のテレビと
の二重取りだけはしないでほしいものです。

ともかく、負担ばかりが増えてゆきますよね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:NHK
posted by 子竜 螢 at 09:58| Comment(2) | テレビ アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月02日

正月番組のつまらなさ

寒くて外へ出るのが嫌ですから、どうしてもテレビ番組
を見てしまいます。

しかし、スポーツのイベントを除いては、ひな壇タレント
が騒いでいる番組ばかり。昔の正月番組はもっと面白かっ
たと思うのですが。。。



最悪だったのはNHKでしたね。夜中にやっていた番組を日中
にも再放送したり、とにかく再放送が多すぎますね。有料の
放送なのですから、再放送の使いまわしはいけません。

かといって、民放は初売りのコマーシャルばかり。

テレビ離れが進むわけですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:正月番組
posted by 子竜 螢 at 14:08| Comment(2) | テレビ アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

マレーの虎の今

ずっと何年も前のことですが、マレーの虎というテレビ番組
がありました。ベンチャー起業を目指す若者たちに、有志の
社長たちが資金提供の審査をするというものです。

その社長たちが今どうなっているのか、とフライデー誌が特
集しておりましたが、1社も生き残っていないのですね。



君のアイディアには戦略性がないとか単なる思い付きの範囲
などと、若者たちを酷評していた姿を今でも覚えているので
すが、みんな自社を倒産させてしまいました。

いいえ、だからといって、責めようなどとは思いません。企
業運営と金儲けの難しさをあらためて感じた次第です。



統計によりますと、過去30年でじつに97パーセントの法人が
倒産しております。30年続く企業は3パーセントしかないと
いうのです。

これには上場企業から短命に終わるベンチャーまですべての
法人を含んだ統計ですので極端な数字になっているのですが、
さまざまな荒波にもまれて30年間生き残るのは大変なことな
のでしょう。

法人じゃない商店や飲食店でも、30年続いているのはわずか
でしかありませんからね。



そう考えますと、現在のIT関連ベンチャーさんたちも、安閑
としてはいられないでしょう。

急速に発展したネットの波に乗ったはいいものの、これから
30年の間には新技術や規制など、さまざまな試練が待ちうけ
ていることと思います。

もちろん、従事しているサラリーマンにも大きな影響がある
ことですので、2015年は自分の軸をしっかりと固定させる年
にしなくてはいけないのでしょうね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:マレーの虎
posted by 子竜 螢 at 14:41| Comment(2) | テレビ アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

零戦論争に発展

「風立ちぬ」の作者宮崎駿氏が、実写版映画「永遠の0」
を批判したことから、ネット上ではさまざまな意見が
飛び交っております。

戦争の賛美につながると「永遠の0」を批判した宮崎氏
が、なぜ零戦の開発者堀越二郎を題材に選んだのか、と
逆批判を浴びているのです。



両作品間での論争が、零戦が名機であったか否かにまで
発展しました。

そうなりますと、著作の中で零戦を批判してきた子竜と
しましては、参戦するしかありませんね。



零戦を、間違ってもゼロセンと読んではいけません。

ゼロは英語ですからね。当時の兵器に英語を混ぜた名称
を付けるはずがないのです。正しくはレイセンでして、
零式艦上戦闘機が正式な名称です。

NHKでは、ゼロセンと言っていますが、抗議する気
にもなれない初歩のミスですね。



それはさて置き、子竜が零戦を駄作と考えるのは、防弾
性能をまったく除外しているからです。

当時の日本の技術では、高出力のエンジンを開発できま
せんでした。ドイツからタイガー戦車のエンジン設計図
を貰ったにもかかわらず、日本で作るとなぜか失敗。

そのために、重量のある防弾板をまったく採用しない
方向に決定されたのです。堀越氏の責任ではありません。

その結果、開戦当初こそ超人的な搭乗員が揃っていたの
で零戦が圧勝しましたが、第二世代の搭乗員たちは、敵
機からの銃撃によって、機上で多くが戦死しました。

一方、防弾性能に優れていたアメリカの戦闘機は、撃墜
されてもパイロットには被害がないので、多くの場合に
パラシュートで脱出できたのです。



決して戦争を賛美しているのではありませんよ。

宮崎氏は子竜が書いている作品こそ戦争賛美だと決めつ
けておられますが、推理小説が殺人を奨励しているわけ
ではないのと同様に、歴史の可能性を追求しているだけ
なのです。

いいえ、平和だからこそ、子竜の作品が読まれるのだと
思います。戦争を読んで今の平和を満喫する、というの
が正しい読み方でしょうね。

時代劇やサスペンスの中で、毎日何人も死んでいます。

八重の桜で、鉄砲を撃った八重という主人公の女性を
誰が批判できるというのでしょう。



戦争を美化しようとしているのは、日本人ではなく中国
でしょう。北朝鮮も軍備による威嚇をやめようとはして
いません。

韓国だって、70年も前の戦争をネタに戦勝国気分に
浸っているのですから、宮崎氏の他者への批判は、それ
らの国へこそ向けてほしいものです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 09:41| Comment(2) | テレビ アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする