2011年05月16日

浜岡停止に賛成66%

共同通信社の世論調査によりますと、菅首相の
浜岡原発への運転停止要請と応じた中部電力に
賛意を示した人が66%でした。

ただ、浜岡原発以外の停止に関しては、反対が
57%と上回っており、電力不足を懸念する
国民の意思も反映されているようです。



ネット上では賛否がわかれていた問題だけに
この調査の結果はひとつの指針になってゆく
のかもしれませんね。

反原発や脱原発=左翼思想、というのは普段
の話です。現実に事故が発生して解決のメド
も立たない状況では、右翼も左翼も関係あり
ません。



そもそも原発の是非を問う場合、ふたつのこと
を一緒に考えてはならないと思います。

A:原発そのものに対する賛否
B:代替エネルギーの有無による賛否

Aの場合は、神様ではなくミスをする前提の
人間に、果たして原子力を安全に扱えるのか?

Bの場合は、現実問題としての原発への賛否です。



原発擁護論の人でも、明日からすぐに低コストで
使える代替エネルギーが発見されたなら、即座に
脱原発論者に変わることでしょう。

それゆえに、

代替エネルギーの開発予算を今すぐ国会で論議し
計上しなくてはなりません。

そこまでやったなら、初めて今回の事故が教訓
として生かされるのではないでしょうか。



復興や補償のためだけの予算ではダメです。
与党も野党も菅首相も、早く気づいてくれ
ませんか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:浜岡原発
posted by 子竜 螢 at 08:49| Comment(4) | 世論調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする