2018年08月18日

ダブルスタンス

IR法案の成立をきっかけに、ギャンブルに対する見方が厳しく
なってきております。

パチンコはもちろんですが、既存の競馬・競輪・競艇などの公
営ギャンブルにも厳しい目が向けられるようになりました。



そんな中で、カジノの設置に反対意見を述べてきたマスコミで
も、競輪や競馬ではナントカ新聞杯というレースをやっている
のです。

競馬は依存症にならなくてカジノはなるという理由は、いったい
何でしょうかね。

こういうのをダブルスタンスと申します。立ち位置がふたつあっ
て都合のいいように使い分けしていることです。



自己破産は、ギャンブルに興じた結果ですと認められませんし
生活保護の認可も難しいようです。

なので、自己責任にてやらなくてはならないのですが、依存症
という病名を持ち出すことで、むしろ自己責任の回避になって
いるのではないかと思うのです。

俺がギャンブルから足を洗えないのは依存症のせい、だなん
て、言い訳に使われるほうが多い気がしませんか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 21:47| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

カジノ論議は正しくない

通常国会が終わりましたが、今国会で成立した法案の最大注目
株は、IR法案でしょうね。

カジノを含む統合リゾートに関する法律です。



野党は一貫してカジノ法案と言っておりましたが、カジノを作るだ
けの法案ではありません。

とはいえ、原則賭博が禁止されているからこそ、カジノを含むもの
には新たな法が必要なわけでして、リゾートだけなら現有法でも
足りております。



カジノが実際に完成するのは2025年とみられておりますが、海外
のカジノ業者は早くもアプローチを開始しているようです。

また、日本のどこに作るのかに関しても、自治体ごとの綱引きが
これから活発化しそうです。



法案で消化不良ぎみだったのは、ギャンブル依存症への対策で
したが、パチンコが津々浦々に広まっている日本では、カジノごと
きが一軒や二軒増えたところで大差はありません。

そこで、今後はパチンコに関する対策が政治課題として浮上する
かもしれませんね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:14| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

自民党のカジノ法案

自民党から漏れてきた家事の法案の内容をめぐって、か
なり熱い論議がされております。

ネット上でもしかりでして、批判的な意見のほうが多い
ように感じます。



自民党案の大きな特徴は3つ。

入場料を2000円徴収する。
入場回数に制限を設け、週3回月10回を上限とする。
マイナンバーカードによる入場登録が必要。

また、事業者に対しては、

売り上げ額による累進税率を適用。

などなど、ひとつひとつの項目に対して、批判的な声が
大きいですね。



子竜は別の観点から反対します。

まず、入場料の徴収と入場回数の制限ですが、おそらく
ギャンブル依存症対策かと思われるものの、本気で対策
するつもりならカジノは不要です。

タバコが健康に悪いと知りつつ、製造販売を続けている
のと同様ですね。



次に、あくまでも民間に委託する事業なのですから、運
営会社が考えるべきことまで法律で規制しなくてもいい。

入場料も入場回数の制限もです。

それをやるなら、競輪競馬などの公営ギャンブルにも適
用すべきでしょう。



つまり、ギャンブル依存症をなんとかしたいのであれば
パチンコからして廃止すべきこと。

そうでないなら、イギリスのようにブックメーカーなど
も許可をして、完全に個人責任と割り切ること。

もしも税収のみが目的ならば、誰でも気軽に行ける施設
にしなくてはなりません。

いったい、何が目的で家事のを作るのか、その点をもう
一度確認してほしいと思うのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:カジノ
posted by 子竜 螢 at 22:38| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

今日からパチンコ規制

今日2月1日から、パチンコの出玉規制が強化されます。

改正風俗営業法が施行されるわけでして、パチンコ依
存症の人には良い修正かもしれませんね。



出玉の上限はこれまでの3分の2程度に。

大当たりでの出玉数が4000から1500に。

4時間遊戯をして得られる玉の上限が、5万円程度に。

以上の改正が加えられたわけですが、当然のことなが
ら、パチンコ店にとっては客離れが激しくなるものと
予想されます。

それでなくとも、今回の規制が発表されてからは、パ
チンコ店の倒産が増えているのです。

とはいえ、遊戯台数はほぼ横ばいですので、大型店の
みが生き残っているのでしょう。



まあ、どんな規制が掛かったところで実質はギャンブ
ルなのであって、暇つぶしの遊びではありません。

パチンコの禁止を実現した韓国には、この点だけは褒
めてあげようと思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:パチンコ
posted by 子竜 螢 at 16:18| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

ビットコインの暴落

ビットコインがついに暴落しましたね。リーマンショック
をはるかに上回る下げ幅だったとか。

とはいっても、所詮はギャンブルに近いものなのですから
ゼロにならないだけマシかもしれません。



ギャンブルだとあえて申し上げましたのは、事実上の決済
手段としてはみられていないからでして、ほとんどの保有
者は投機目的なのです。

そして、監督している団体もないし、保証している国もな
いただの民間仮想マネーですからね。なんで世界中から買
い注文が集まっていたのか、理解不能です。



いや、勉強すればするほど高騰していた理由がわからなく
なってしまいました。

たとえば、発掘と称して毎日いくらかの総量が増えます。

段々と総量が増えていくのに価値が上がるものって他にあ
るでしょうか。

そしてなにより、膨大なデータ処理が必要となってきて、
スムーズな決済機能ができなくなっております。発掘にも
膨大な電気代が必要らしくて、電気代の高い日本でやると
赤字が確実です。



いいえ、もっとも問題なのは、毎日5ギガバイトほどずつ
増えている処理能力にひつようなメモリー量がこのまま続
けば、いつかは必ず継続不能となります。

運営側の経費がバカ高くなって、等価交換ですら怪しくな
るでしょうね。今は買い人気で支えられて値上がり傾向で
はあるものの、落ち着いてくれば、値下がり傾向がほぼ永
久に続きそうなシステムなのです。

総量が自然に増え続けることと、経費の自然増大がありま
すから、当然ですよね。



で、会費なり決済手数料までが発生するようになれば、ク
レジット決済に主流が戻るでしょう。

そのとき、みんなが売り急ぎますから、価値はほぼゼロに
なる危険もあるでしょうね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:54| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

仮想通貨の暴落

先日、仮想通貨への投資は、投資ではなくギャンブルであり
ギャンブルですらないとお伝えしました。

その忠告が正しかったことは、中国当局の発表によって、早
くも証明されたのです。



中国当局が、新たな仮想通貨のスタートを禁止いたしました。
それによって、既存の仮想通貨が軒並み暴落したのです。

社会情勢などのファンダメンタルの部分で大きく動く相場と
いうのは、一般人にとって運任せのギャンブルでしかありま
せん。

いいえ、インサイダーを規制する法整備が未熟なままですの
で、限られた情報源を持たない人が参加すべきではないので
す。



とはいえ、仮想通貨が今後もダメかといえば、そうではあり
ませんよ。

法整備が追いついて、参加者総量が今の100倍くらいにでも
なれば、充分に投資の対象となりえます。

ともかく、わからない知らないものには手を出さない、とい
うのが、大切な資産を失わないための鉄則でしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:仮想通貨
posted by 子竜 螢 at 23:57| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

仮想通貨の危険性

ビットコインが1000倍になったというニュースがあり
ました。10万円が1億円になったというものです。

そのニュースを受けて、仮想通貨でひと儲けしましょう
という商材がネット上で数多く宣伝されるようになって
おります。



しかし、あえて申し上げますが、仮想通貨は投資の対象
ではなくて、明らかにギャンブルです。

なぜなら、FXとは違って総量が少なすぎるために小額
の取引でも値が極端に上下する場合があるでしょうし、
値動きから判断するテクニカル分析が通用しません。

ほとんどが世間情勢にて反応するファンダメンタルの勝
負です。

つまり、SNSを使った仕手を仕掛けやすく、その他の人
は運に翻弄されるだけ。すなわちギャンブルですね。



仮想通貨には雑多な種類がありまして、本当にギャンブ
ルとしか言いようのないものがほとんどです。

法規制が追いついていないことも原因なのですが、主催
者が総量をいくらでも変更できるため、ギャンブルです
らないかもしれません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:仮想通貨
posted by 子竜 螢 at 23:12| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

パチンコは終わる

パチンコには来年の2月以降に出玉規制が導入されること
になりました。

警察庁の発表では、ギャンブル依存症の対策として、大幅
な出玉規制により、負けを一気に取り戻そうとしないよう
な仕組みにするという。



つまり、警察もパチンコをギャンブルだと認めていること
になるわけですが、カジノの誘致問題がパチンコへ飛び火
してしまったのは、警察としても予想外だったのでしょう。

依存症がもっとも多いとされるパチンコを、今のまま放置
できなくなってしまったのです。



具体的な規制の中身は、平均遊戯時間の4時間で、これまで
十数万円の利益が可能だったところを五万円以下に抑えられ
ます。

また、大当たりの出玉数は2400個から1500に減らされまし
て、スロットにも適用されるとのこと。

規制は来年の2月から実施され、3年間の経過措置は認められ
るようです。



まあ、実質的なギャンブルとしてのパチンコ終焉ですね。

それでも行く人は行くのでしょうけれど、パチンコ店の経営
が成り立つのかどうか微妙なだけに、これを機に廃業する店
が続出するだろうと思われます。

規制は今回で終わりというわけではありませんし、北朝鮮の
動向によっては、世間からの批判がより厳しくなります。

韓国ですらパチンコを全面禁止にできたのに、日本人がまだ
依存しているというのは、情けないことでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:パチンコ
posted by 子竜 螢 at 23:27| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

パチンコの出玉規制

どうやら、警察庁はパチンコの出玉規制に乗り出すよう
ですね。大当たりの玉数を現在の2400から1500に減ら
すとか。

また、一日の遊戯で最高5万円程度の利益しか出ないよう
にするらしいのですが、あれっ、と思ってしまいます。



あくまでも遊戯だと仰るからには、なんで規制が必要な
んだろうと考えさせられるのです。

規制するってことは、ギャンブルだからですよね。依存
症の人が負けを一気に取り戻そうとしないためと称して
おられるからには、金銭の利益損失を争う立派なギャン
ブルだってことですよ。



そもそも、パチンコの発祥地韓国ではすでに全面禁止に
なっているのですが、なぜ日本では民営のギャンブルが
認可されているのか、理解に苦しみます。

警察庁はパチンコをギャンブルだと認め、その上で依存
症者の対策を講じなくては意味がありません。

たとえば、ボーリング場がスコアに応じた景品を出して
その景品が他の場所で換金できるとしたら、それでも遊
戯だと言うのでしょうかね。

ゴルフだってバッティングセンターだって、換金可能な
三店方式を採用した場合、警察庁はどうするのでしょう
かね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:パチンコ
posted by 子竜 螢 at 22:43| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

活発となりそうなカジノ論議

リオデジャネイロオリンピックが閉幕しましたね。

日本選手のメダルラッシュが印象的な大会でした
が、とくに女性アスリートたちのパワーが凄かっ
たと思います。



そして、いよいよ東京大会に向けてGOとなったわ
けですが、海外から多くの人が応援にやってくる
からには、観光業界の儲け時です。

おそらく、カジノを認めようという動きが絶対に
あるはずでして、賛否も含めた議論がこれから活
発となるでしょう。



経済的に成熟してしまった国家は、税収だけです
べてを賄えません。経済の成熟は人口の減少をも
たらすからです。

つまり、国営企業を増やして儲けるとか、公営の
ギャンブルで利益を出すなど、ひと工夫もふた工
夫も必要となってきます。

その意味でのカジノ論議は、増税ばかりに頼る固
定観念から解放してくれるのではないでしょうか。

しかし、決してギャンブルを推奨しているのでは
ありませんので、誤解のないように。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:カジノ
posted by 子竜 螢 at 16:32| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

今更なパチンコ釘問題

メーカーから出荷されたパチンコ台の釘が、店側で曲げ
などの不正行為をしているとのことで、業界が調査した
ところ、ほぼ全部の台だと判明しました。

メーカー各社は自主回収に乗り出すそうですが、年末年
始の営業に差しさわりが出そうです。



ずっと昔から釘師という存在は知られており、入賞確率
を変える釘の調整は当たり前でした。

そうじゃないとパチンコ店は生き残れませんし、どの台
も同じであるなら、遊戯としての面白さはなくなってし
まいます。

今更釘を問題にするのは警察側もギャンブルだと認めて
いるからでして、それなら禁止にするのが法令順守です。



しかし、国会でもパチンコが違法だと論議されたことは
ほとんどありません。景品換金会社との三角関係によっ
て、違法ではないと解釈されているからです。

ならば、なぜ釘を問題にするのでしょうか。説得力に欠
けますよね。



いっそ、パチンコを例外的な合法ギャンブルとして認め、
1個4円の貸し玉を5円にして、1個分を遊戯税として徴収
すればいいと思う。

ユーザーも、儲かったときの所得税なんて払っていない
のですから、遊戯税の徴収は妥当だと思いませんか。

それとも、違法としてなくなる方向へ行くのでしょうか。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:パチンコ
posted by 子竜 螢 at 12:05| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

等価交換がなくなる

東京都で、11月からパチンコ換金の等価交換ができなく
なるという。

現在、4円の玉が250個で1000円に換金できても、それ
以降は280個が必要とのこと。



すでに大阪などでは警察の指導によって等価交換ができ
なくなっておりますが、東京都の場合は遊技場協同組合
の自主的な規制です。

しかし、この規制の理由には疑問符を付けたいと思う。

なぜなら、全盛期に比べて顧客数も売り上げも3分の1に
減ってきたから、交換率の競争をやめようというのです。

もちろん現金に交換できる時点で博打だとは思いますが、
純粋な商売として見た場合でも、価格カルテルに該当す
るのではないでしょうか。



いや、等価交換などはじめから間違っているのです。

多く必要となる30個分はみなし所得の課税分として、国
へ収めるべきでしょう。

それでパチンコ愛好者が減るのであれば仕方のないこと。

違法なことでも利益には所得税が課せられるのが日本の
税法なのですからね。



ちなみに、

スロットなどでも同様とされますが、その他の景品につ
いては規制しない方針だという。

この動きは、いずれ全国に広がることでしょうね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:パチンコ
posted by 子竜 螢 at 15:13| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

カジノ論議が進まない理由

東京オリンピックの開催に間に合わせようといろいろ
画策しているカジノ推進論者でも、いざとなると躊躇
せざるを得ない問題に直面しています。

カジノ依存症という精神的な中毒症状です。



早くからカジノを解禁している韓国では、カジノの周囲
にホームレス街ができていて、自転車の乗ってきた客が
みんなスッてしまって、自転車をその場で売る人さえいる
という。

ギャンブルの怖いところは、ビギナーズラッグにてなぜか
最初に勝ってしまう点ではないでしょうか。

一度味を占めますと、なかなか抜け出せなくなるのです。

単に、自己責任だというだけでは済まない問題ですね。



となりますと、有効な手立てをみつけない以上、カジノの
実現はできません。

ひとつには入場回数を制限するという意見もありますが、
生活費も含めた全財産を一度に賭ける人がいたなら、何
の意味もありません。

また、入場料というものを徴収して高く設定すれば、ある
程度の資産家しか参加できないとする考え方もありますが
それではなかなか利益にならないので、客が集まりません
よね。



そもそも、税収不足をギャンブルの収益で穴埋めしようと
いう発想がいけないのだと思います。

運営側だって、実際にやってみないと儲かるかどうかわか
らないのですから、万一赤字になった場合にはどうするの
でしょうか。

そういう点もふまえて、論議をしていただきたいと思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:カジノ
posted by 子竜 螢 at 16:51| Comment(2) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

スポーツ振興クジの問題点

19980年にサッカーの勝敗を当てるいわゆるtotoが始まり
ましたが、Jリーグの人気下降とともにクジも下火になった
感があります。

そこで海外のサッカー試合も対象とするよう投票法が改正
されたのですが、それでもまだ一般的な宝くじよりも人気
が感じられません。



そこで議論が再燃したのが、プロ野球の試合にまで対象を
広げるという案です。

totoのスタート当時、当然のことながらプロスポーツの先輩
としてプロ野球を含めようという案がありました。

しかし、サッカークジの収益がすべてのスポーツ団体へ公平
に分配されることが決まってからは、論議はされなくなって
いたのです。

なぜなら、ひとつ間違えますと八百長を助長するかもしれず、
収益の分け前がもらえるのだから、危ないことはサッカー界
だけにしたいという思惑があったからです。



ところが、日本代表の試合は見るけどJリーグ個々の試合に
興味をなくしたファンが多くなり、やはり日本で一番人気
のプロ野球を入れないとダメってことになってきました。

今のところプロ野球関係者の意見は伝わっておりませんが、
賛成も反対も微妙なところでしょうね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 13:59| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月20日

ハズレ馬券の経費算入が確定へ

ハズレ馬券を経費にできるか否か。

注目の最高裁判決が目前に迫っておりますが、一審二審
ともに経費として認めており、最高裁では公判の開かれ
ない形での判決ですので、ほぼ確定との見かたが有力です。



しかしながら、競馬ファンが手放しで喜べそうにはありま
せんね。

なぜなら、競馬の利益を申告する人は誰もいないので、
記名投票になる可能性が強まったからです。

すなわち、誰がいつどの馬券を購入したのか、とはっきり
させなくてはならなくなりそうでして、会員登録をした上
で購入することになりそうです。

すると、当然のことながら各ファンの購入データが税務署
にチェックされて、これまで納税しなかった人が脱税に問
わけるかもしれません。

同じことは競輪や競艇にも当てはまりますから、公営ギャン
ブルの行く末は決して明るくないと思われます。



そういえば、カジノだって同じですよね。

衰退をさけるためには、胴元の利益は公のものになるのです
から所得税を宝くじと同じように非課税として、利用料金を
徴収したほうがいいのではないかと思われます。

仮に、一開催場ごとに一日1000円の利用料ですと、それだけ
でも税収はかなり増えます。

というよりも、誰も今まで所得申告をしていなかったのです
から、税収増は間違いないのです。



ついでにパチンコも、税務署が発行するICカードがないと玉
が借りられない仕組みにしますと、利用料の徴収は容易になり
ます。タバコを買うときのタスポみたいな感じですね。

パチンコファンにはもうしわけありませんが、胴元の利益が
北朝鮮や韓国に流れているのですから、そろそろ考えていた
だきたいと思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:競馬
posted by 子竜 螢 at 14:21| Comment(4) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月31日

カジノ法案はどうなるのか

今国会での目玉となる審議は、労働者派遣法の改正案と
カジノ法案でしょうか。

閣僚たちの不祥事で審議は停滞ぎみではありますが、誤
報などもあったことから、とくにカジノ法案の行く末が
気になります。



カジノ法案の骨子が報道された当初、利用者は外国人に
限定するというものでした。

ところが、わずか3日後には日本人も利用可と訂正され
まして、何が何だかよくわからない感じになっています。

つまり、推進派の議員さんたちの間でも意見が分かれて
いるということなのでしょう。



税収はほしいが破産者が大量に出ても困るから、外国人
だけにして様子を見よう。

いや、そんなのじゃ国民の理解が得られないから、日本
人も遊べるようにしないと論外だ。



ギャンブルの結果は自己責任ですが、依存症の人もいる
わけでして、単純に外国人とか日本人という振り分け方
でいいはずはないでしょう。

生活保護受給者の入場を完全に阻止できるかという点も
大きな社会問題になりそうですよね。



ならば、法案とは別の意味でのカジノを創設するほうが
いいのではないでしょうか。

カジノを特定の都市に置くのではなく、政府所有の豪華
客船の中にのみ設置する。

そして、毎年2回ほど世界一周の旅と称する企画を用いて
その間だけの利用を許可する。

そうすれば、お金に余裕のない人には参加できません。
もちろん、生活保護受給者が紛れ込むこともありません。

いかがでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:カジノ
posted by 子竜 螢 at 12:22| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

宝くじの販売が提訴された

大阪市などに住む12人が、自治宝くじをめぐって東京都や大阪府
そして、みずほ銀行に対して提訴に踏み切りました。

提訴理由は、高額当選の確率が非常に低いにもかかわらず、あた
かも高い確率のような宣伝で販売を促進しているというものです。

これは消費者保護基本法に触れるとのことで、昨今の売れ行き不振
との関連はどうなのでしょうか。



宝くじが滅多に当たらないなんて、みんな知っています。

総売り上げに対する当選金の配当率が47パーセントしかありません
ので、競輪や競馬に比べても論外な確率になっています。

前後賞合わせて6億円などといった謳い文句はシラケぎみですね。
年々購入者が減っている現状が物語っています。



夢を買う。それでもいいのかもしれません。

でも、何十年買い続けても当たりませんと、ついには興味をなくす
でしょう。

かつて、竹下内閣のとき、ふるさと創生資金として全国の区市町村
に1億円ずつ配られたとき、ある村がすべてを宝くじ購入に充てました。

その結果、還元された当選金は3割程度のみ。

1億円も買って1等が当たらないなんて、ちょっと。。。ね。



提訴した12人の言い分もある程度理解できるだけに、おそらく却下
に近い裁判所の判断が予想されるとすれば、政治の場でも論議して
いただきたいですね。

もっと当たるようにしてほしい。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html

%
ラベル:宝くじ
posted by 子竜 螢 at 19:17| Comment(2) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

パチンコ税

カジノを設置しようという動きにともなって、パチンコも
合法化して税を課すことが検討されています。

現在の風俗営業法では、景品に現金や有価証券を提供する
ことが禁じられているため、別の景品を換金業者が買い取る
形を採っています。



ところが、今回の提案では、換金時に税を課すというもので
儲けが出たパチンカーへのみなし所得税という意味でも、課
税の対象となりそうです。

しかし、パチンコを合法としてしまうことには異論もあって
民間業者にギャンブル運営を許可することには不安がありそ
うですね。



とはいえ、たった1パーセントでも2000億円の税収が見込める
ことから、10パーセント程度の課税は必須となりそうです。

いや、所得の分離課税方式からいいますと、20パーセントに
なるかもしれません。



ともあれ、これまで手が入らなかったパチンコ業界でしたが、
是非はともかく、所得税を納めなさいということなのでしょう。

公平性が保たれる一方、庶民の遊びがまたまた苦しくなりそうです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html

%
ラベル:パチンコ
posted by 子竜 螢 at 09:31| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

外れ馬券訴訟が上告へ

外れ馬券が経費に相当するのか。

競馬ファンであれば気になるところですよね。競馬に
限らず、競輪や競艇でも同様ですが、この裁判が最高
裁にて争われることになりました。



所得税法違反のいわゆる脱税に問われた大阪の人が、
検察による控訴でも勝訴しました。

大阪高裁が、営利目的で継続的な馬券購入の場合には
外れ馬券は経費に相当する、という判決を下したのです。



しかし、何か釈然としないのは、営利目的で継続的な購入
とある部分ではないでしょうか。

たとえ最高裁でも被告の男性が勝ったとしても、本質の
解決にはならない気がします。

なぜなら、三連単などの高額配当を狙うとすれば、軸馬を
決めてボックス買いや流し買いをするのが当たり前になっ
ているからですよね。

ひとつしか当たらないものに複数を買うのが常識になって
いるからこそ、釈然としません。



そもそも、公営ギャンブルの配当金には、税金といっていい
ほどの胴元の取り分が認められています。

25パーセンから20パーセント近くが売り上げ総額から差し
引いて、残りを当選者に分配しているのです。

つまり、配当金に所得税を課すというのは、ほぼ二重課税
に等しいのではないでしょうか。



一方、宝くじの当選金は非課税です。この差は何なのか。

たしかに宝くじの配当率は45パーセントと低いのですが、
低すぎて話しになりませんね。

だから、宝くじの売れ行きは年々減少気味ですし、競馬の
ほうがよほど当たる確率が高いです。

どうしても税金を取りたいというのであれば、馬券を100
円から120円にしてはどうですかね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html

%
ラベル:競馬
posted by 子竜 螢 at 11:57| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

はずれ馬券は必要経費

競馬のはずれ馬券は必要経費という判決が下さ
れましたね。

競馬ファンにとっては当然の認識で、国税庁の
言い分にこそ無理がある訴訟でした。



もちろん、まだ一審の判決ですので、確定した
わけではありません。

しかし、この判決が二審三審で覆るようなこと
があれば、誰も競馬をしなくなるでしょうね。

実質の利益よりも高い税金を払えなんて、常識
外れもいいところです。



ただし、今回の件はネット投票をしていたから
利益を出している証拠が残ってしまったのです
が、競馬場で購入した場合、所得税の申告をす
る人などいないでしょう。

いいえ、ただでさえ高いJRAの取り分に加え
て所得税まで取られるのでは、競馬で利益を出
すことなど困難です。

地方競馬は地方の財源でもあるのですから、国
税は宝くじ同様に無税にすべきでしょう。中央
競馬も準じて無税にしていただきたいものです。

さすれば、競馬はもっと人気が出て、税金とは
別の財源が確保できるはずなのです。



それにしても、被告だった男性が開発したソフ
トが気になりますね。

そういう類のものは数多く売られていますが、
ちゃんと利益を出せるものはないだろうと思っ
ていただけに、衝撃的な件でもありました。

今後、被告だった男性が納税するために、その
ソフトを販売する可能性はあるのでしょうか。

これだけ騒がれただけに、ちゃんと利益が出る
のは実証済みなのですから、バカ売れするでしょ
うね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 07:51| Comment(0) | ギャンブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする