2019年08月10日

ライダイハン

ライダイハンという言葉をご存じでしょうか。

ベトナム戦争の折、韓国軍兵士がベトナム女性に
産ませた子供のことでして、韓国への引き取りを
拒否したために、父親不在のまま育てられている
子供たちのことです。



韓国は日本に対して慰安婦問題をやかましく言っ
ておりますが、ライダイハンについてベトナムか
ら追求されても知らん顔なのです。

もちろん韓国国内で問題にされることはなく、歴
史的な時効を迎えるまで放置するつもりなのです。



しかし、近年になって、少しずつ世界が注目する
ようになってきました。

フランスやキューバの新聞で取り上げられたりし
て、そのうねりは世界中に広がりつつあります。

韓国が元慰安婦の人権を問題にすればするほど、
ライダイハンに関する人権も問題視されるのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 23:48| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

ある政治家の結婚

ある若手の国会議員が結婚発表した途端に、テレビ
も新聞もその話題ばかり。

中には、結婚を機に世界へ羽ばたける政治家になっ
てほしいとか、最年少の総理大臣を目指してほしい
など、よくわからないコメントが多いようです。



念のために申しておきますが、その議員の能力を否
定しているわけではありませんよ。

結婚したことと政治家としての能力とは無関係だと
言いたいのです。



いかに人気があろうとも、それはそれ。

人気と政治家としての能力も別問題ですし、タレン
トの結婚発表と間違えてはいけませんね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 23:26| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

プール熱中症

今年同様に猛暑だった昨年あたりから、プールでの
熱中症という例が頻発しているようですね。

とくに学校でのプール授業などで起きているらしく、
えっ、と首を傾げたくなります。



なぜプールで熱中症になるのでしょうか。

とくに授業での場合、水の中にいるよりもサイドで
見学している時間が長いと熱中症になりやすい。

また、水温と気温の合計が65度を超えると、体温の
熱放出がうまくいかなくなるらしい。



というわけでして、プールは涼しいものというイメ
ージだけでは危険だといいます。

水温が35度を超えますと、水泳競技のトレーニング
をすると体温が上昇しますので、要注意です。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 23:19| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

七夕まつり

七夕とは、本来まつりにすべき逸話ではありません。

愛する男女が引き裂かれてしまったゆえの、悲しい
物語です。



とはいえ、短冊に願い事を書くほどに、日本ではお
まつりとして定着しました。

7月7日の地方もあれば8月の地方もありまして、子竜
の地元は8月開催です。



子供の頃は下界がそんなに明るくなかったので、天の
川がクッキリ見えましたが、今は肉眼で観察できる6
等星までが消えてしまいました。

宇宙の偉大さと神秘に触れるたび、心が表れる思いを
したものです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 23:54| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

オリンピックは本当に大丈夫なのか

東京オリンピックを1年後に控えておりますが、昨年
に続いての猛暑ですよね。

真夏の開催で本当に大丈夫なのか、と各界から懸念の
声が上がっております。



競技の時間を深夜や早朝にする、または、空調の効い
た室内でやる、なんて案がまことしやかに述べられて
おりますが、朝の5時にはすでに30度近くもある中で
マラソンをしたらどうなるのでしょうか。

同じように、高校野球の甲子園大会も見直しの声があ
りますね。



何もしなくても熱中症患者が出る時期に、いつ切り上
げてもいい練習ではなく試合ですから、死人が出た大
会という汚名を残さないようにしていただきたい。

いや、選手に限ったことではなく、ボランティアで運
営に参加する人も要注意ですからね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 19:29| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする