2019年07月27日

集中できるのは6時間

今更、なことを書きますが、人間が物事に集中でき
るのは3時間まででして、あとは惰性だといいます。

午前と午後に3時間ずつの学業か勤労を果たすのが
精一杯でして、うまく時間調整をしているにすぎま
せん。



しかし、日本の労働基準法では、8時間以内とされ
ております。

ただし、途中に休憩時間があってリセットできるな
ら、8時間でも問題はないのでしょう。



個人的な経験からしますと、午後4時になると帰り
たくて仕方がなかったですね。

最後の一時間がとてつもなく長く感じられまして、
仕事に集中できませんでした。

今でも働きすぎだといわれている日本人は、6時間
労働を基本とすべきではないでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 23:28| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

野球が変わりつつある

子竜の母校が県予選で優勝しまして、晴れの甲子園
へ出場することになりました。

熱い高校球児たちの戦いを見ていますと、プロ野球
の魅力がいまひとつわからなくなります。



ただ、今期の巨人は、これまでの打順セオリーから
外れた戦い方で、トップを走っております。

昔から、チーム最強の打者は4番と決まっていたもの
なのですが、大リーグ発祥の2番に据える考えが成功
しているのです。



もっとも、昔からコンピューターもAIも、打率の良い
順に1番から並べたほうがいい、と結論つけておりま
すよね。

さすがにそれを実践した例というものは聞いたことが
ありません。

でも、まったくダメというわけではなさそうに思う
のですが、、、


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 23:04| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

年金問題が混同されている

金融庁が発表した老後の2000万円不足は、なぜか
年金の問題へと発展しております。

先ごろの参議院選挙でも争点のひとつになったほ
どでしたが、この問題が若者たちへ更なる誤解を
与えてしまったのではないでしょうか。



年金だけでは老後に2000万円不足するということ
が、なぜか年金制度の破綻のように報じられた例
がありました。

しかし、このふたつはまったくの別問題でして、
現状の年金制度そのものは、よほどのことがない
限り破綻はしないでしょう。

ただし、給付開始の時期が遅くなり、減額される
懸念は残ります。



とはいえ、現状の年金制度でよいのか、と考える
なら、ノーとしか言いようがありませんね。

やはり、老後を支える大きな柱ですので、生活保
護程度の給付は最低限必要でしょう。

とすれば、消費税をアップするしかないように思
うかもしれませんが、年金保険料のほうをアップ
するのが本筋です。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 17:38| Comment(0) | 年金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

消費増税はどうなる?

参議院選挙で与党がやや議席を減らしたとはいい
ましても、圧勝に変わりがありません。

で、このまま消費増税へと進むわけですが、まだ
解決されていない問題がいくつか存在します。



まず、軽減税率の対象品目です。

欧米などでは食料品などの生活必需品は非課税な
のですが、日本では8パーセントに留め置くだけ。

とても軽減税率などとは申せませんね。



次に、キャッシュレス決済のポイント還元です。

半年間のみポイント付与されるようですが、その
後は恩恵がありません。

また、ポイントをいくらでも稼ぎ出せる裏ワザが
指摘されているのに、是正しようとする動きがま
るでありません。

審議はこれから、なのでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 23:22| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

やっぱり告げ口外交へ

半導体三品目への輸出規制問題で、韓国がやっぱり
アメリカへの告げ口外交を行ないました。

規制がやがては米国の経済にも悪影響を与えるなど
と、まことしやかな論調らしい。



しかし、優遇措置をやめるだけであって、輸出その
ものを規制するわけではありません。

なので、WTOに提訴しようと、検討の対象にすらな
りませんし、まして、第三国のアメリカがどうしろ
とは言えない案件でしょう。



ただ、報復として、日米韓の軍事協力を見直すとい
有漢国の案には、さすがにアメリカ側もストップを
掛けたようです。

そして、韓国が北への支援を密かに行なっている疑
惑もアメリカは懸念しているようなので、今回ばか
りは告げ口外交が失敗に終わりそうですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

バイナリーコンクエスト
http://shiryukei.sakura.ne.jp/binaryconquest/bo

posted by 子竜 螢 at 23:42| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする